Show Menu
トピック×

トラブルシューティング

数種類のトラブルシューティングシナリオに関する解決策の説明と、よくある質問(FAQ)の一覧を示します。

View the administrator audit log

下のリストに挙げられているトラブルシューティングのカテゴリに加え、会社の管理者は、自分のアクセス対象である会社および Web プロパティ内でおこなわれるすべての活動のリストを、表示、フィルタリング、書き出しできます。この機能は、監査およびトラブルシューティングの両方の目的に役立ちます。
Click Log in the left-hand rail to display the audit log.
例えば、次のオプションで表示およびフィルタリングできます。
  • ログイン成功
  • アカウント名
  • IP アドレス
  • 会社
  • Web プロパティ(および作成者と作成日時の確認)
  • 役割
ログデータを .csv に書き出すこともできます。

実装に関する問題

Dynamic Tag Managementを読み込むとコンソールにJavaScriptエラーが表示されます。
Dynamic Tag Managementのインストールに問題がある可能性があります。To view the current installation, right click on any page of the site and click View page source . Then type CTRL+F to open the search box and type satellite . これにより、Dynamic Tag Management の埋め込みスニペットが表示されます。スニペットは 2 つあります。The first should be right before the </head> tag. The second should be right before the </body> tag.
ヘッダースクリプトの例:
<script src=“//assets.adobedtm.com/aaaabbbcccddddeeee1111222233344445555666/satelliteLib-aaaabbbcccddddeeee1111222233344445555666.js”></script> 
</head> 

フッタースクリプトの例:
<script type="text/javascript">_satellite.pageBottom();</script> 
</body> 

「予期せぬトークン: 演算子 (<) (行: X、列: Y)」というエラーが表示される
スクリプトに間違ったタイプを選択している可能性があります。エディターが HTML を期待しているのにスクリプトを JavaScript に設定しているか、またはその逆の状況です。
For example: if your script contains <script> tags, but you set the script up as JavaScript, you will receive this error when you attempt to save the code.

Rule issues

ルールが起動しない
イベント型ルールが起動しない場合、ルールのセレクターまたは条件に問題がある可能性があります。Locate the element on your site where the desired event action occurs, right click and select Inspect element . 開いたボックスで強調表示されたスクリプトを検証し、正しい要素をターゲットにしていることを確認します。例:
Target element: <div class=’pauseButton’ style=’opacity: 1’>

セレクター構文:
  • CSS Selector Syntax: div.pauseButton OR div[class=’pauseButton’]
  • 手動で割り当てる属性:
    • Element Tag: div
    • プロパティ: class
    • 値: pauseButton
ルールの実行される順番が正しくないように見えるので、ルールの読み込み順序について、詳しい情報を得る方法が知りたい
ルールを正しい順序で起動させるのは重要なことです。ルールに関する問題の多くは、不適切なルール実行順序が原因で発生します。詳しくは、「 ルールの読み込み順序 .
ルールが一貫性なく起動する
ルールが一貫性なく起動するのには 2 つの理由が考えられます。
  • イベントアクションによってリンクの読み込み処理が誘発される場合:新しいページが読み込まれる前にルールを起動する十分な時間がない可能性があります。You need to check the box within the rule identifier indicating Delay link activation . これは、ルールが起動するまでリンクを読み込まないようにするオプションです。
  • イベントによって新しいページの読み込み処理が誘発されない場合:バブリングに問題がある可能性があります。If the event action can occur on a child or parent item, ensure the button indicating Allow events on child elements to bubble is checked. これにより、ユーザーが子または親要素で操作しているかどうかにかかわらず、ルールが起動するようになります。
ページ型ルールが起動しても、サードパーティスクリプトまたはカスタムスクリプトがトリガーされない
どの種類のスクリプトを使用しているかとルール用に選択した読み込みオプションを確認します。順次的な HTML を使用している場合、ルールはページの上部または下部で読み込まれるように設定する必要があります。ルールが Onload または DOM Ready 時に読み込むように設定されている場合、スクリプトは機能しません。
ルールが実行されたが、データ要素に値がセットされない
タイミングの問題である可能性があります。ルールが読み込まれている場所をチェックします。ページの上部または Onload で読み込まれている場合、ルールの起動時に元データが準備できていない可能性があります。ルールをページの下部または DOM Ready で読み込むように切り替えてみてください。それでもデータ要素が設定されない場合、前の質問の方法を参照して、データ要素がページで使用できることを確認してください。
ルールのデバッグ方法がわからない
DTM Switchを使用すると、Dynamic Tag Managementユーザーにデバッグモードとステージングモードを簡単に切り替えることができます。Google Chrome 版と Mozilla Firefox 版が提供されています。詳しくは、「 DTM Switch プラグイン(英語) .
DTM Switchプラグインを使用してルールをデバッグする方法については、Adobeトレーニングビデオをご覧ください。

このビデオを最後まで学習すると、以下の内容を習得できます。
  • DTMデバッグプラグインの使用
ルールの「Adobe Analytics」セクションでカスタムコードエディターから変数を設定しているのに、実行されない
When executing variables via the Custom Page Code editor in the Adobe Analytics section of a rule, you must set linkTrackVars / linkTrackEvents as appropriate for these variables to set in the beacon. When adding variables / events via the rule UI, linkTrackVars / linkTrackEvents is set for you. しかし、カスタムページコードエディターで変数やイベントを追加する場合は、この設定を手動でおこなう必要があります。次に例を示します。
s.linkTrackVars = "eVar1" 
s.eVar1 = _satellite.getVar('Title Tag');

Tool issues

サイトの内部リンクをクリックすると、開くべきでないタイミングで新しいウィンドウが開く場合の、リンカーリンクの制御方法
コードがクロスドメイン用自動 Linker 設定機能と競合している可能性があります。Web プロパティ内の解析ツールに移動して、ツールの横にある設定の歯車アイコンをクリックします。Expand the General tab of the settings. Under Global Settings , you can control the linker link functionality. ここから、リンカーリンク機能をオフにしたり、特定の要素タイプまたはセレクターでアクティブ化/非アクティブ化するように設定できます。