Show Menu
トピック×

Users and permissions

Dynamic Tag Managementにユーザーを招待したり、ユーザーの役割を割り当てたり、グループにユーザーを追加したりできます。
Dynamic Tag Managementで新しいユーザーを招待するには、管理者権限が必要です。管理者は、新しいプロパティに対する権限が自動的に付与されます。

Manage users

You can invite users to the Adobe Experience Cloud with the Adobe Admin Console (the preferred method) or you can use the legacy provisioning process in Dynamic Tag Management.
DTMの会社をExperience Cloudにリンクする場合は、Experience Cloudでユーザーを管理する必要があります。
2016年4月6日以降に作成されたDTMアカウントは、Adobe Experience CloudのAdobe Admin Consoleを使用して管理者が管理します。他のユーザーを管理するには、DTM管理者がAdobe管理コンソールのExperience Cloud管理者である必要があります。For more information, see Delegate Administrative Roles to Users in the Experience Cloud and Core Services Product Documentation .
2016 年 4 月 6 日以前に作成されたアカウントのユーザー管理作業は、DTM の「ユーザー」ページを使用して実行します。
Adobe管理コンソールを使用して、またはDTMのレガシープロビジョニングプロセスを使用して、新規ユーザーをプロビジョニングするかどうかを判断する際には、いくつかのシナリオが考慮されます。
Adobe Admin Consoleの使用: ユーザーが、Adobe管理コンソール(2016年4月6日以前にプロビジョニングされていた会社)のユーザーを管理していない会社のDTMに既に認証されている場合、そのユーザーは、Adobe管理コンソールを使用してユーザーを管理する新しい会社に追加できます。 レガシープロビジョニングプロセスの使用: ユーザーがAdobe Experience Cloudで既に認証されており、そのアカウントがAdobe管理コンソールを使用して作成された(2016年4月6日以降にプロビジョニングされた)場合、そのユーザーは既存のログインを使用している既存の会社に追加できません。これに該当する場合は、認証用の新しい電子メールアドレスを作成する必要があります。
ベストプラクティスとして、Adobe Admin Consoleを使用して新しいユーザーをプロビジョニングすることをお勧めします。ただし、これらの新しいユーザー(コンサルタントまたは代理店など)がレガシープロセスを使用してプロビジョニングされたアカウントにアクセスする必要がある場合は、DTMでそのユーザーをプロビジョニングし、そのアカウントをExperience Cloudにリンクする必要があります。
Adobe Admin Consoleのプロビジョニングプロセスは、後方互換性があり、後方互換性がありません。

このビデオを最後まで学習すると、以下の内容を習得できます。
  • ユーザー管理の理解
  • 役割の理解
  • デフォルトのユーザーグループの理解
  • ユーザーをグループに追加する方法の理解
  • グループの作成方法の理解

Manage users for DTM in the Adobe Experience Cloud

Information to help you create user groups in the Adobe Experience Cloud, invite new users to the Experience Cloud, and to manage web property access in Dynamic Tag Management (DTM).
Before deciding to add users using either the Adobe Admin Console or directly in DTM, read the note in Add Users .
  1. From within the Adobe Admin Console, click Users .
  2. Add アイコンをクリックして、新しいユーザーを追加します。
  3. (場合によって手順が異なる)ユーザーを複数のグループに追加する場合は、ドロップダウンリストをクリックし、製品を選択します。
招待されたユーザーには、Experience Cloud への招待状の電子メールが届きます。

このビデオの最後には、次のことができるはずです。
  • ユーザーの作成
  • 権限の設定

Manage users for DTM using the legacy process

Before deciding to add users using either the Adobe Admin Console or directly in DTM, read the note in Add Users .
レガシープロビジョニングプロセスを使用したDTMへの新規ユーザー招待
  1. From your company dashboard, click Users .
  2. (Conditional) Click Restrict to Experience Cloud to force all users in the company to log in to Dynamic Tag Management using Adobe Experience Cloud credentials rather than using the legacy/company login process.
    If you are a DTM company admin, you must authenticate via the Experience Cloud and have your DTM account linked before activating this option, otherwise you will essentially lock yourself out of DTM.
    このオプションを選択すると、会社のすべてのユーザーがExperience Cloud経由で認証し、DTMアカウントをリンクする必要があります。ユーザーがレガシーな資格情報や会社の資格情報を使用してログインした場合、会社のアカウントを表示することはできますが、アクセスはできません。そのようなユーザーに対しては、Experience Cloud 経由のログインが必要だという内容のメッセージが表示されます。
    会社の管理者は、いつでもこのオプションをオフにして設定を元に戻すことができます。
    このオプションは現在のお客様向けです。New customers provisioned to DTM will have user management and authentication automatically restricted to the Experience Cloud and Adobe Admin Console.
    For more information about logging in to the Experience Cloud, see Sign in to the Adobe Experience Cloud . For more information about the Experience Cloud, see the Experience Cloud and Core Services Product Documentation .
  3. Invite User ​をクリックします。
  4. ユーザーの電子メールアドレスを入力します。
  5. (場合によって手順が異なる)ユーザーの グループ を選択します。
    グループ管理を使用すると、ユーザーの整理やアクセスレベル調整が簡単になります。権限はユーザーグループレベルで設定され、各種プロパティに対するアクセス権などのグループ権限は、グループ内のすべてのユーザーに継承されます。
  6. Invite User ​をクリックします。
    リンクを記載した電子メールがユーザーに送信されます。この電子メールにより、ユーザーはパスワードを選択して設定プロセスを完了できます。
    Until the user completes this setup process, they appear in the Invited Users section on the Users tab. They move to Registered Users when the setup is complete.

Frequently asked questions about users and permissions

List of Frequently asked questions (FAQs) about users and permissions in the Experience Cloud and in Dynamic Tag Management.

I added a user using the Admin tab for the DTM product in the Adobe Admin Console, but that user was not added as a user in DTM. DTM 内にユーザーが作成されなかったのはなぜですか。

Adding a user to the Admin tab in a group does not grant permissions in DTM. That process allows the user to edit the Product Configuration Groups in the Adobe Admin Console. In order to add the user to DTM, they need to be added using the Users tab.

2016 年 4 月 6 日以前に作成された DTM アカウントを使用しています。ユーザー管理作業はどのように実行すればよいでしょうか。

User Management 有効になっていない場合、 Adobe Admin Console DTMユーザーはタブ上 Users のDTM内で管理されます。

2016年4月6日より前にDTMアカウントが作成されました。ユーザーを移行して、Experience Cloudからログインしてください。どうすれば実現できるでしょうか。

ログイン時のアクセス方法を Experience Cloud に限定する方法については、カスタマーケアにお問い合わせください。

DTM経由でユーザーを招待しましたが、ユーザーにはExperience Cloud経由でログインすることを希望します。

アカウントは、製品の選択ボックス/Activation/アカウントにリンクを選択して、Experience Cloudユーザーにリンクできます。For more information, see Link Accounts in the Experience Cloud .

「この製品用の権限グループを取得できませんでした」というエラーが出るのはなぜですか。

これはプロビジョニングのエラーです。解決方法については、カスタマーケアにお問い合わせください。

DTM の会社から招待を受けましたが、パスワードが間違っているというエラーが出ます。なぜでしょうか。

Experience Cloud 対応の DTM アカウントをお使いの場合、レガシーな会社から招待を受けてログインしようとすると、アカウントのタイプが問題になることがあります。
まず、DTM経由で(Experience Cloud経由ではなく) DTMアカウントにログインして、リンクを受け入れてみてください。それでもパスワード間違いのエラーが発生する場合は、パスワードのリセットオプションを使用してください。
Experience Cloud 経由で作成されたアカウントをお使いで、まだ dtm.adobe.com に直接ログインしたことがない場合は、別の電子メールアドレスを使用する必要があります。これは、marketing.adobe.com 経由でアカウントが作成され、まだ dtm.adobe.com 経由でログインしたことがない場合にのみ該当します。この状況が発生するのは、Experience Cloud 経由で作成されたユーザーが、Experience Cloud に移行していないレガシーな会社から招待を受けた場合です。
For more information, see the note in Manage Users .