Show Menu
トピック×

Dynamic Tag Management の概要

Dynamic Tag Management には、マーケターによる迅速で手軽なタグ管理を実現する機能と、複数のデジタルマーケティングシステムを横断的にサポートする革新的なデータ収集および配布ツールが備わっています。また、ユーザーに特化したコンテンツを状況に即応して配信する機能があります。変化の速い現代のデジタル市場でビジネスの発展を追求する企業は、Dynamic Tag Management によって卓越した俊敏性を実現できます。

ビジネスの課題

デジタルマーケティングは複雑な世界です。マーケターには、顧客や見込み顧客の姿と、それらの人々が生息する各種オンライン空間の実像を首尾一貫した形で把握することが求められています。ただし、それはほんの出発点にすぎません。その上で、コンテンツを提供しながら、コンバージョンファネルの全段階とその先にわたって、エンゲージメントや効果を測定し続けなくてはなりません。従来、マーケターがこれを実現するには、JavaScript の「タグ」を利用して Web サイトに戦略やプログラムを実装する必要がありました。サイトやその他のオンラインエクスペリエンスに対する「タグ付け」は、その大部分が IT の領域に属する活動です。したがって、マーケティング戦略は IT プロセスや長期にわたる実装作業の影響を受け、技術的なリリース日程の都合や利用可能リソースの状況に左右されていました。
また、マーケターによるデジタル戦略の実装や消費者エクスペリエンスの提供に使用されるテクノロジーやツールの洗練度が上がるにつれて、ツールのインストールと管理に関する技術的要件は高度化し続けてきました。
こうした要因によって、動的なデジタル市場の急速な変化にすばやく適応するマーケターの能力は阻害され、デジタルマーケターに成功をもたらすために作られたツールの効力は弱められていました。

ソリューション

Dynamic Tag Management を使用すると、デジタルマーケターは、デジタルエクスペリエンスの実装および最適化作業をきわめて柔軟かつ的確に実行しながら、IT への依存度を下げることができます。つまり、タグの取り扱いに労力を費やすのではなくマーケティングの本来の目的追求に専念できるようになります。Dynamic Tag Management は、標準的なタグ管理の問題であるコードデプロイメント、データ管理、ルール構築などの解決策となるだけでなく、マーケティングシナリオやユーザーエクスペリエンスに直結する直感的な機能も備えています。このアプローチにより、マーケターはデジタルマーケティング戦略をより簡単に策定でき、IT プロジェクトとの連携に気をもむことなく迅速に戦略を実施できます。この機能は適応力に優れており、サイトの個別のユーザーやオーディエンスセグメントを識別することで、セグメントに特化したコンテンツの即時配信や、具体的なエクスペリエンスベースのレポート出力を実現します。マーケターはあらゆる状況で適切なメッセージを発信し、適切なデータを収集することができます。
Dynamic Tag Management は、Adobe Experience Cloud に付属の付加価値機能として提供されています。アドビは、Dynamic Tag Management 機能のオープン性を保ち、アドビ製以外のサービスも含めた有力なデジタルマーケティングサービス各種のデプロイメントに対応する機能の開発を今後も続けていきます。

メリット

Dynamic Tag Management には以下のような利点があります。
  • サイトの速度向上: ​ページの読み込み速度低下につながる複数の解析およびマーケティングタグについて、読み込み処理を最適化できます。
  • 実装作業の迅速化: ​デプロイメントに要する期間を大幅に短縮できます。
  • 効率性の向上: ​解析およびメディアタグの管理に費やす時間を大幅に節約できます。
  • コントロールとセキュリティ: ​マーケティング、アナリスト、IT 部門との連携によって、プロトコル内や複数システム間でのタグ推奨、テスト、デプロイメントを実行し、Dynamic Tag Management が持つ機能の枠内だけでタグ戦略の開発とデプロイメントをこなすことができます。
  • 柔軟性の強化: ​リリースサイクルに縛られることなく、タグのテストおよび最適化作業を迅速に実行できます。
  • ツール管理の一元化: ​タグやテクノロジーの種類ごとに別々のルールを作成する必要はなく、多数のタグやテクノロジーを並行的にトリガーすることができます。
  • コストの削減: ​タグ管理活動に関して、JavaScript に精通した IT リソースを確保する必要性が小さくなります。

主な特長

Dynamic Tag Management の主な特長は以下のとおりです。
  • ルールに基づくデータ収集機能の秀逸さ
  • タグではなくサイトを主体とするユーザーインターフェイス
  • 幅広い状況に適応できるプロセスおよびワークフロー管理機能
  • 軽量なメタベースのライブラリ
  • ホスティング場所を選ばない自由度
  • 内蔵コラボレーションツール
  • 複数のサイトに対応できる管理機能

概要のビデオ

Dynamic Tag Management による Activation を使用すると、直感的なツールでアドビとサードパーティのタグをいくつでも管理できます。オンラインのあらゆる要素をより詳細に管理したり、柔軟に最適化でき、IT リソースへの依存を減らすことができます。

Adobe DTM とは — 導入


このビデオを最後まで見ると、次のことができるようになります。
  • DTM の概要
  • 市場での位置づけについて説明する
  • 「トップダウン」のアプローチについて説明する
  • ライブラリのホスティングオプションの重要性について説明する
  • DTM ではどのタグがサポートされていますか。

Adobe DTM とは — 背景


このビデオを最後まで見ると、次のことができるようになります。
  • DTM の概要
  • 市場での位置づけについて説明する
  • 「トップダウン」のアプローチについて説明する
  • ライブラリのホスティングオプションの重要性について説明する
  • DTM ではどのタグがサポートされていますか。

Adobe DTM とは — 使用範囲


このビデオを最後まで見ると、次のことができるようになります。
  • DTM の概要
  • 市場での位置づけについて説明する
  • 「トップダウン」のアプローチについて説明する
  • ライブラリのホスティングオプションの重要性について説明する
  • DTM ではどのタグがサポートされていますか。

Adobe DTM とは — トップダウンのアプローチ


このビデオを最後まで見ると、次のことができるようになります。
  • DTM の概要
  • 市場での位置づけについて説明する
  • 「トップダウン」のアプローチについて説明する
  • ライブラリのホスティングオプションの重要性について説明する
  • DTM ではどのタグがサポートされていますか。

Adobe DTM とは — ホスティングオプション


このビデオを最後まで見ると、次のことができるようになります。
  • DTM の概要
  • 市場での位置づけについて説明する
  • 「トップダウン」のアプローチについて説明する
  • ライブラリのホスティングオプションの重要性について説明する
  • DTM ではどのタグがサポートされていますか。

Adobe DTM とは — タグサポート


このビデオを最後まで見ると、次のことができるようになります。
  • DTM の概要
  • 市場での位置づけについて説明する
  • 「トップダウン」のアプローチについて説明する
  • ライブラリのホスティングオプションの重要性について説明する
  • DTM ではどのタグがサポートされていますか。

DTM デモビデオ

Adobe Dynamic Tag Management 機能を紹介する短いビデオのシリーズ。

DTM デモパート 1 - 概要と基本設定


DTM デモパート 2 - Analytics ツールのセットアップ


DTM デモパート 3 - データ要素


DTM デモパート 4 - ページ型ルール


DTM デモパート 5 — イベントおよびダイレクト型ルール


DTM デモパート 6 - バージョン管理とガバナンス