Show Menu
トピック×

よくある質問

Dynamic Tag Managementに関するよくある質問(FAQ)です。

FAQ — はじめに

Dynamic Tag Managementの使用の決定に関するよくある質問に回答するFAQです。
使用を始めるにはどうすればよいですか。
Dynamic Tag Managementの費用はいくらですか。
Dynamic Tag Managementは無料です。
Dynamic Tag Managementの使用に制限はありますか?
必要な数の Webプロパティを作成し 、いくつでもルールを記述できます。 また、Adobe Digital Marketingソリューションの提供に使用しない場合でも、任意のデジタルマーケティングサービスの提供に使用できます。 この機能の使用には、有効な制限はありません。
(競合製品よりも)お客様がアドビのDynamic Tag Managementを使用するメリットがある理由を教えてください。
Dynamic Tag Managementの利点は、ルールの使用を制御し、柔軟に行うことです。 また、すべてのデジタルマーケティングサービスをサポートする業界をリードする唯一のタグ管理ソリューションであり、追加費用なしでお客様に提供されます。
Dynamic Tag Managementの実装に関して、誰が支援を受けることができますか?
アドビのグローバルサービスは、複数の導入パートナーと同様に、Dynamic Tag Managementの実装を提供します。 詳しくは、アカウントマネージャーにお問い合わせください。
Dynamic Tag Managementは、どのAdobe Experience Cloudソリューションと統合されていますか。
Dynamic Tag Managementは、すべてのExperience Cloudソリューションと、ベンダーに関係なく任意のデジタルマーケティングサービスをサポートします。
Adobe Experience Cloud経由でDynamic Tag Managementにアクセスする方法を教えてください。
Dynamic Tag Managementを使用して開始を行う前に、会社の誰かがアクセスをリクエストする必要があります。 「Dynamic Tag Managementへのアクセス のリクエスト 」を参照してください。
Experience Cloudにアクセスしようとすると「アクセスに失敗しました」というエラーが表示されるのはなぜですか。
会社がExperience Cloudを使用するようにプロビジョニングされていることを確認します。 Experience Cloud製品ドキュメントのExperience Cloudユーザーと製品 admin-getting-started.html の管理を参照してください **。
Experience Cloudで自分のアカウントを会社名に割り当てる方法を教えてください。
ページに組織を追加し、その組織をデフォルトの組織として設定する必要があり Experience Cloud Organizations & Product Access ます。 複数の会社のExperience Cloudアカウントにアクセスできる組織を追加します。 See Organizations in the Experience Cloud Product Documentation .
自分のアカウントをAdobe IDにリンクする方法を教えてください。
をクリックすると、ウィザードに従って手順を進め Join Experience Cloud 、ソリューションアカウントの資格情報をAdobe IDにリンクできます。 Adobe IDを1回ログインするだけで、すべてのExperience Cloudソリューションおよびサービスにアクセスできます。 詳し くは、Experience Cloud製品ドキュメントで 、「Experience Cloudへの 加入(ソリューションから)」を参照してください
Experience Cloud内からソリューションをリンクする方法を教えてください。
詳しくは、 Experience Cloud製品ドキュメントで、「 組織とアカウントのリンク 」を参照してください
Dynamic Tag Managementを使用するには、自分のタグAnalyticsや他のタグをサイトから削除する必要がありますか。
いいえ。サイト上の既存のタグのいずれにも触れることなく、Dynamic Tag Managementを利用できます。 埋め込みコードと開始作成ルールを配置するだけです。 Dynamic Tag Managementは、ページに直接タグ付けされた既存のサービスと連携できます。
Dynamic Tag Managementは、サイトだけでなくアプリでも動作しますか?
Webアプリ(ブラウザー内で実行するアプリケーションや、多くのAjaxシーケンスがあるページ用のアプリケーション)向けに、DTMは優れたデータ収集および配信機能を提供します。 「 イベントタイプ 」を参照してください。
モバイルアプリの場合、モバイルデバイスのタグ管理機能に関する誤った情報が少し存在します。 回答は、モバイルアプリケーションの構築方法とデプロイ方法によって異なります。
DTMは、PhoneGapやCordovaなどのラッパーを使用するハイブリッドモバイルアプリとの完全な互換性があります。 また、HTML、CSS、JavaScriptで構成されるレスポンシブデザインやモバイルに最適化されたサイトとも完全に互換性があります。
コンパイル済みのコード内のすべての画面コンテンツから取得される、ネイティブのコンパイル済みObjective-Cモバイルアプリケーションの場合、現在、これらの環境でのタグ付けの使用例を適切に扱うためのタグ管理システムはありません。 その場合、Analytics SDKを通じて使用できる最大限のパワー、柔軟性および訪問者コンテキストをお勧めします。
アプリが画面「シェル」(ヘッダー、フッター、サイドバー)のネイティブコードのハイブリッドで、ネイティブアプリがWebからHTMLおよびCSSコンテンツを取り込み、モバイルデバイス画面に表示する場合、DTMがWebコンテンツに役立ちます。
つまり、モバイルアプリケーションで使用できるタグ管理機能は、アプリケーションの構築方法に依存します。
Dynamic Tag Managementでサポートされるサードパーティタグは何ですか?
任意のサードパーティタグをDynamic Tag Managementから導入できます。 アドビのトップダウン、ルール主導のアプローチでは、デジタルマーケティングの使用を促進するために、これらのサードパーティタグを燃料として活用します。
Dynamic Tag ManagementはHTML5をサポートしますか?
はい、HTML5がサポートされます。
Dynamic Tag Managementは、まだネイティブアプリケーションを完全にはサポートしていません。 アプリ内コンテナーがある場合や、基本的にアプリーにラップされたWebサイトの場合に、アプリを処理できます。 モバイルサイトとデスクトップサイトのプロパティは、通常どおりに設定できる必要があります。
DTMがサポートするブラウザーのバージョンを教えてください。
ブラウザのサポート 」を参照してください。

FAQ - Dynamic Tag ManagementとAdobe Experience Cloud

Dynamic Tag ManagementをAdobe Experience Cloudと組み合わせて使用する方法に関するFAQです。
Dynamic Tag Managementは、どのAdobe Experience Cloudソリューションと統合されていますか。
Dynamic Tag Managementは、すべてのExperience Cloudソリューションと、ベンダーに関係なく任意のデジタルマーケティングサービスをサポートします。
Adobe Experience Cloud経由でDynamic Tag Managementにアクセスする方法を教えてください。
Dynamic Tag Managementを使用して開始を行う前に、会社の誰かがアクセスをリクエストする必要があります。 「Dynamic Tag Managementへのアクセス のリクエスト 」を参照してください。
Experience Cloudにアクセスしようとすると「アクセスに失敗しました」というエラーが表示されるのはなぜですか。
会社がExperience Cloudを使用するようにプロビジョニングされていることを確認します。 See Activation in the Experience Cloud Product Documentation .
Experience Cloudで自分のアカウントを会社名に割り当てる方法を教えてください。
ページに組織を追加し、その組織をデフォルトの組織として設定する必要があり Experience Cloud Organizations & Product Access ます。 複数の会社のExperience Cloudアカウントにアクセスできる組織を追加します。 See Organizations in the Experience Cloud Product Documentation .
自分のアカウントをAdobe IDにリンクする方法を教えてください。
をクリックすると、ウィザードに従って手順を進め Join Experience Cloud 、ソリューションアカウントの資格情報をAdobe IDにリンクできます。 Adobe IDを1回ログインするだけで、すべてのExperience Cloudソリューションおよびサービスにアクセスできます。 詳し くは、Experience Cloud製品ドキュメントで 、「Experience Cloudへの 加入(ソリューションから)」を参照してください
Experience Cloud内からソリューションをリンクする方法を教えてください。
詳しくは、 Experience Cloud製品ドキュメントで、「 組織とアカウントのリンク 」を参照してください
DTMを使用してAdobe Experience Cloud IDサービスをプロビジョニングする方法を教えてください。
詳しくは、 Experience Cloud IDサービス を参照してください。
自分のアカウントがExperience Cloud IDサービスにリンクされている場合のアカウントアクセスのトラブルシューティング方法を教えてください。
アカウントのリンクに関する問題のトラブルシューティングについて詳しくは、 Experience Cloud製品ドキュメントの「アカウントのリンクのトラブルシューティング 」を参照してください **。
DTMを使用してAdobe Experience Manager(AEM)を実装する方法を教えてください。
必要な情報および使用を開始するには、カスタマーケアにお問い合わせください。

FAQ — 詳細

パフォーマンス、ルール、読み込み、ホスティングなどに関するFAQです。
Dynamic Tag Managementを使用して手動で実装 s_Code できますか。
Adobe Analyticsツールの作成と設定は、自動または手動で行うことができます。 手動(レガシー)導入について詳しくは、Adobe Analyticsの 手動導入(レガシー)を参照してください
Dynamic Tag Managementをコンテンツタイプのページで使用できま application/xhtml+xml すか、または text + xhtml ?
はい。
潜在的な問題は、の使用だけです。コンテンツタイプ document.writeはサポートされないため text + xhtml document.writeです。 ただし、Dynamic Tag Managementでは以下に示す状況でのみ使用さ document.write れるので、この問題は回避できます。
  • Dynamic Tag Management Switchプラグインを使用したステージング用ライブラリの読み込みでは、次の操作が行われ document.writeます。
    回避策: Dynamic Tag Management スイッチプラグインを使用してライブラリを切り替える代わりに、ページコード内のステージング用ライブラリを参照して、ステージング環境でテストをおこないます。
  • Dynamic Tag ManagementでJSおよびHTMLスクリプトを同期的に読み込むと、が使用され document.writeます。
    回避策: Dynamic Tag Management を介したスクリプトの同期読み込みは回避できませんdocument.write。したがって、このコンテンツタイプを使用する場合は、document.write を避けるために、すべてのサードパーティスクリプト(JSおよびHTML)を Dynamic Tag Management で非同期に読み込む必要があります。非同期的な読み込みでも必要な動作が確実におこなわれるように、コードの依存関係を常に考慮し、テストしてください。
Dynamic Tag ManagementによってWebサイトのパフォーマンスが低下することはありますか。
Dynamic Tag Managementでは、ページの読み込み時間や実行速度に悪影響が出る兆候はこれまでありません。
ただし、Dynamic Tag Managementは配信システム(JavaScript、HTML、画像、その他のWebコンテンツを配信する方法)として使用できるので、大きなファイルや大きな画像をレンダリング時間中に誤って読み込むと、ページの読み込み速度が遅くなり、コードの実行時間が長くなります。 画像の読み込みを遅延させ、できるだけ非同期(非順次)スクリプトを使用し、Dynamic Tag Managementに追加するコードに関するベストプラクティスに従う場合、パフォーマンスの低下は起きません。
埋め込みコード は、 」セクションを参照してください。 これは、JavaScriptの同期インクルードです。 Dynamic Tag Managementエンジンは、モジュラー方式で動作するように設計されているので、特定のページ、サイトセクションまたはドメインに適用しないスクリプトは、必要がない場合に読み込んだり、実行したりしません。 サードパーティのスクリプトをデプロイする場合、ほとんどのユーザーは非同期(非順次)方式の使用を増やします。 一般に、これにより、サイト訪問者に対して認識されるページ読み込み速度が向上します。 Dynamic Tag Managementのメインライブラリファイル自体は同期的に読み込まれますが、ほとんどのクライアントは組み込みの非同期方式を使用してDynamic Tag Management内から任意のコードを読み込みます。
どのタグがどのルール内にあるかを覚える方法を教えてください。 タグの追跡を継続し、特定のルールを簡単に見つける方法を教えてください。
ルール名、タグ名およびカテゴリを使用して、後ですばやく見つけられるように ルールにラベルを付けることをお勧めします 。後で戻ってルールまたはルールのグループを変更する必要がある場合に便利です。
例えば、ページ型ルールとイベント型ルールはそれぞれ異なる条件に対応するので、「グローバルページ型ルール」など、条件に関するインジケーターをルール名に追加すると効果的です。
サードパーティタグまたはカスタムJavaScriptを使用する場合は、「タグ名」フィールドに情報を追加できます。 後で、特定のタグを含むすべてのルールを探す場合、タグ名でルールのリストをフィルタリングして、そのタグを含むすべてのルールを検索できます。
最後に、各ルールにカテゴリと値のラベルを付けることができます。 このカテゴリは、ルールのリストをフィルタリングする際にも使用できるので、特定のカテゴリでルールのリストを簡単かつ迅速に見つけることができます。 例えば、「サードパーティ」などのカテゴリを「DoubleClick」という値と共に使用すると、「サードパーティ」カテゴリ内のすべてのルールまたは「DoubleClick」という値を持つすべてのルールを検索できます。
Dynamic Tag Managementには、非同期タグの読み込みによるエラーや、まれにCDNが利用できない場合のエラーを回避するのに役立つ機能がありますか。
の提供するタグイベントコールバックを使用して、任意のタグ管理システム amc.on が提供するタグに依存するコードをラップすることをお勧めします。
Dynamic Tag Managementライブラリファイルは、自分の会社で使用するバージョン管理システムと連携できますか。
アドビでは、ライブラリファイルの自己ホストに関して、 FTP 配信 ライブラリのダウンロード の 2 つのオプションを提供しています。ライブラリに対して自己ホストオプションの1つを選択すると、Dynamic Tag Management で変更を加えるたびに、その変更がシステムによってライブラリファイルに書き出されます。通常、これらのファイルはアーキテクチャへと自動的に「プッシュ」または「プル」されます。更新されたライブラリコードがサーバー上に置かれたら、ファイルをバージョン管理システムに追加し、好みに応じてプロセスを実行できます。GitHub、SVN、またはその他のシステムを使用して Web 開発コードやコンテンツを管理する場合、Dynamic Tag Management で正常に機能します。
バージョン管理に関する1つの注意: コードを実稼動環境にコミットしてプッシュする場合は、実稼動版の 埋め込みコード をステージング版の埋め込みコードで上書きしないでください。 ステージングバージョンの埋め込みコードは、ステージング(実稼動、テスト、開発、QA、UATなど)に残る必要があります。 環境テンプレート 実稼働版の埋め込みコードは、実稼働版のテンプレートにとどまる必要があります。
モバイルアプリケーションでDynamic Tag Managementを使用できますか。
現在、Dynamic Tag Managementは、HTML、CSSおよびJavaScriptで作成された任意のデジタルエクスペリエンスで使用できます。 これには、モバイルに最適化されたコンテンツやレスポンシブデザインが含まれます。 これには、CordovaやPhoneGapなどのラッパーで作成されたモバイルアプリケーションも含まれます。
残念ながら、現時点では、Dynamic Tag Managementは、完全にネイティブでコンパイルされたアプリケーションで使用するための個別のSDKをオファーしません。 引き続き、Adobe Analytics SDKを使用してモバイルアプリケーションを追跡できます。 また、ハイブリッドまたはクロスオーバーコンテンツの状況など、ネイティブのアプリエクスペリエンス内でデスクトップまたはレスポンシブコンテンツにアクセスした場合に、モバイルアプリに取り込まれるHTMLドキュメント上にもDynamic Tag Managementが存在します。
**Webページごとに個別のルールを作成​ s.pageName せずに設定する方法を教えてください。
各ページに個別のDynamic Tag Managementの s.pageName ページ型ルールを作成しないで、各ページには様々な設定方法があります Page load rules example 。 Dynamic Tag Managementでは、ルールの条件は次のような質問に対する回答です。 訪問者は何をしているか どこでやってる? いつ発生しているか。 同じ条件に応じてこれらのすべてを実行したい場合は、同じルール内から任意の数の変数を設定し、異なるタグやツールをトリガーし、任意の数のスクリプトを実行できます。
For example, if you want document.title to be the source for the value of the s.pageName variable, you could create a Data Element with a name of Page Name , a Type of JS Object , a Path of document.title , a Default Value of None , and Remember this value for Pageview .
次に、グローバルなページ型ルールを作成し、そのデータ要素をインターフェイスまたはカスタムエディターコードウィンドウ s.pageName ​のいずれかに割り当てます。 その後、条件を満たす各ページに対しての値 document.title が動的に設定されます。
ホスティングオプションの選択方法を教えてください。
Dynamic Tag Managementは、システムの実行に必要なすべてのコードを含む様々なJavaScriptファイルを作成し、使用します。 これらの「ライブラリファイル」は、アドビがホストすることも、独自のWebアーキテクチャ内で独自のサーバー上でホストすることもできます。 ホスティングオプションは次のとおりです。
1つの Webプロパティに対して、これらのホスティングオプションのうち1つ以上を使用できます 。 1つのページに複数の埋め込みコードを使用しないでください。 例えば、ステージング環境で Akamai を使用し、実稼動環境で自己ホストオプションの1つを使用することができます。 また、エージェンシーパートナーがホストする任意のサイト、ドメイン、サブドメインにAkamaiオプションを使用することもできます。 これらのオプションを使用すると、特定のニーズに応じてライブラリファイルをより柔軟にホストできます。
ホスティングに関する考慮事項 」を参照してください。
Dynamic Tag Managementコードは、何かの情報をアドビに送り返しますか。
Dynamic Tag Managementは、ページにJavaScriptとHTMLを取り込む方法です。 データは、システムの使用時に具体的に選択したシステム、ツール、またはタグにのみ送信されます。 つまり、Dynamic Tag Managementは、収集するデータを明示的に指定し、その後、いつ、どこで、どのようにシステム、ツール、タグに送信するかを指定しない限り、どこにもデータを送信しません。
指定した場所とテクノロジーにのみ送信される特定のデータポイントを制御できます。
複数の地域マーケット、ビジネス部門、サブドメインを扱う方法を教えてください。
「DTM環境の 分割と複数エンティティへの対応 」を参照してください。
データ要素の設定が機能していないようです。 テスト方法
サイトでデータ要素を使用可能にする必要があるページに移動します。 Webコンソールを開き、「」と入力し _satellite.getVar(‘dataelementname’) てEnterキーを押します。 このアクションは、そのページ上の指定されたデータ要素に存在する値を返します。 値が未定義の場合、データ要素が正しく設定されていない可能性があります。 値がの場合 null 、その特定のページのデータ要素に値が含まれていない可能性があります。
自社のサイトが本番用環境とステージング用のどちらであるかを見分けるにはどうしたらよいですか。
DTM Switchは、Dynamic Tag Managementユーザーがデバッグモードとステージングモードを簡単に切り替えられるブラウザープラグインです。 Google ChromeとMozilla Firefoxの両方で利用できます。 「 DTMプラグイン 」を参照してください。

FAQ - Adobe Analytics tool

Adobe Analytics 導入の自動設定に関する FAQ です。自動設定メソッドは、AppMeasurementコードを管理します。
DTMを介してAdobe Analyticsを実装する場合、どこにプラグインを置けばよいですか。
DTM を使用して手動で s_code をホストしている場合、通常の Adobe Analytics の実装と同じように、プラグインはホストされている s_code と同じエディターに追加できます。
However, it is also an option to place the plugins in the editor within the Customize Page Code section of the tool settings. どちらの実装方法も効果は同じです。
DTM Switchプラグイン 」を参照してください。
新しいバージョンのツールで設定を変更した場合、実稼動環境に発行する前にステージングでテストできますか。
はい。
実稼働環境に展開する前に通常行うのと同じように、すべての変更をステージングでテストできます。 ステージングで問題が見つかったので公開しない場合、実稼動用コードは、新しい統合がリリースされる前と同じように引き続き機能します。
手動設定(既存ツールのデフォルト設定)から自動設定に切り替えると、現在の設定は影響を受けますか。
いいえ。
手動のライブラリ管理から「アドビが管理」に切り替えると、現在の設定やコードは影響を受けますか。
既に指定しているユーザーコードが基本 AppMeasurement ライブラリによって上書きされます。You must move this code to the new Custom Page Code section at the end of the tool configuration so that the code continues executing. この手法により、AppMeasurement ライブラリをユーザーのカスタムコードとは別に管理(およびアップグレード)することができます。
新しい統合をリリースする際に、Adobe Analyticsツールのリビジョン履歴は保持されますか。
はい。
データ要素の永続性を設定する方法を教えてください。
「 Persistence データ要素 data-elements.translate.html#concept_8A4591BD0F4241B6925D976482C43CD2」の節を参照してください。
See Configure Adobe Analytics for configuration information.

FAQ - Adobe Experience Platform Launch

Dynamic Tag Managementの新しいバージョンに関するFAQが2017年3月に発表されました。
Launch とは何ですか?
Adobe Experience Platform Launchは、Adobe Cloud Platformに組み込まれている、次世代のAdobeタグ管理機能です。 Launchを使用すると、クライアントは次のことができます。
  • 拡張機能 ​と呼ばれる統合機能を使用してクライアント側の Web 製品をデプロイする
  • 他のベンダーやアドビのマーケティング製品と広告製品の間で、一貫してデータをキャプチャ、定義、管理および共有
Launchは、条件を評価し、アクションを実行してクライアント側のライブラリと製品を効率的かつ効果的にデプロイする、高度なJavaScript配信システムです。 拡張機能の管理と構築に、高い拡張性を備えたアプローチを提供します。また、Adobe Cloud Platformとプログラム的にやり取りするための堅牢なAPIのセットも提供します。
起動に関するよくある質問については、「FAQの 起動 」を参照してください。
DTMの置き換えを開始しますか?
アドビは、2020 年末までに DTM の終了を予定しています。詳しくは、アドビコミュニティフォーラムの「 DTM Plans for a Sunset 」を参照してください。