Show Menu
トピック×

よくある質問

Dynamic Tag Managementに関するよくある質問(FAQ)です。

FAQ -getting started

Dynamic Tag Managementの使用に関する一般的な質問に答えるFAQです。
使用を始めるにはどうすればよいですか。
Dynamic Tag Management の使用 を参照してください。
Dynamic Tag Managementのコストはいくらですか。
Dynamic Tag Managementは無料です。
Dynamic Tag Managementの使用に制限はありますか?
You can create as many Web Properties as you want and write as many rules as you want. また、たとえ Adobe Digital Marketing ソリューションへの配信に使用しなくても、他のデジタルマーケティングサービスへの配信に使用できます。この機能を使用するうえで事実上制限はありません。
(競合製品の方が)アドビからDynamic Tag Managementを使用するメリットがあるのはなぜですか。
Dynamic Tag Managementの利点は、ルールを使用するためのコントロールと柔軟性です。また、お使いのすべてのデジタルマーケティングサービスをサポートする業界をリードする唯一のタグ管理ソリューションであり、追加費用なしでお客様に提供されます。
Dynamic Tag Managementの導入を支援するユーザーは誰ですか?
Adobe Global Servicesは、いくつかの導入パートナーのように、Dynamic Tag Management実装を提供します。詳しくは、アカウントマネージャーにお問い合わせください。
どのAdobe Experience CloudソリューションがDynamic Tag Managementを統合しているか。
Dynamic Tag Managementは、ベンダーに関係なく、すべてのExperience Cloudソリューションおよびすべてのデジタルマーケティングサービスをサポートします。
Adobe Experience Cloudを使用してDynamic Tag Managementにアクセスする方法を教えてください。
Dynamic Tag Managementを使用する前に、社内のユーザーがアクセスを要求する必要があります。「 Dynamic Tag Management へのアクセスのリクエスト 」を参照してください。
Experience Cloudにアクセスしようとすると「アクセスに失敗しました」というエラーが表示されるのはなぜですか?
会社がExperience Cloudを使用するようにプロビジョニングされていることを確認してください。See Manage Experience Cloud users and products in the Experience Cloud Product Documentation .
Experience Cloudで会社名に自分のアカウントを割り当てる方法を教えてください。
Experience Cloud Organizations & Product Access ページに組織を追加して、デフォルトの組織として設定する必要があります。複数の会社のExperience Cloudアカウントにアクセスできる場合は、組織を追加します。See Organizations in the Experience Cloud Product Documentation .
自分のアカウントを Adobe ID にリンクする方法を教えてください。
When you click Join Experience Cloud , you can step through a wizard that helps you link your solution account credentials to your Adobe ID. Adobe IDは、すべてのExperience Cloudソリューションおよびサービスで単一のログインになります。See Join the Experience Cloud from a Solution in the Experience Cloud Product Documentation .
Experience Cloud内からソリューションをリンクする方法を教えてください。
For more information, see Organizations and account linking in the Experience Cloud Product Documentation .
Dynamic Tag Managementを使用するために、サイトから自分またAnalyticsは他のタグを削除する必要がありますか。
いいえ。サイト上の既存のタグにアクセスせずに、Dynamic Tag Managementを利用できます。埋め込みコードを配置するだけで、ルールの作成を開始できます。Dynamic Tag Managementは、ページに直接タグ付けされた既存のサービスと連携できます。
Dynamic Tag Managementはサイトだけでなくアプリでも機能しますか。
Web アプリ(ブラウザー内で動作するアプリケーションや、多数の Ajax シーケンスを使用するページのアプリケーション)向けに、DTM は非常に優れたデータ収集および分配機能を提供しています。詳しくは、「 イベントタイプ .
モバイルアプリは、モバイルデバイス上でのタグ管理能力についてやや誤解されている部分があります。この問いに対する答えは、モバイルアプリケーションがどのように構築およびデプロイされたものであるかによって異なります。
DTM は、PhoneGap や Cordova などのラッパーを採用したハイブリッドモバイルアプリに対して完全な互換性があります。また、HTML、CSS および JavaScript で構成されたレスポンシブデザインやモバイル最適化サイトについても同様です。
画面コンテンツのあらゆる部分がコンパイル済みコードによって表示される、完全にネイティブな Objective-C ベースのコンパイル済みモバイルアプリケーションに関しては、今のところ、そうした環境におけるタグ付けユースケースに十分対応できるタグ管理システムが世の中に流通していません。Analytics SDK 経由で、最大限のパワーおよび柔軟性と訪問者コンテキストを活用することをお勧めします。
ネイティブコードの画面「シェル」(ヘッダー、フッター、サイドバー)、ネイティブアプリ、それによって Web から取得されるモバイルデバイス画面表示用 HTML および CSS コンテンツで構成されたハイブリッド型アプリの場合は、Web コンテンツに関して DTM が役立ちます。
このように、モバイルアプリケーションでどのようなタグ管理機能を利用できるかは、アプリケーションの構築方法によって異なります。
Dynamic Tag Managementでサポートされているサードパーティタグは何ですか?
サードパーティタグは、Dynamic Tag Managementを使用してデプロイできます。アドビのトップダウン、ルール主導アプローチでは、デジタルマーケティングの使用を促進するために、こうしたサードパーティタグを積極的にサポートします。
Dynamic Tag ManagementはHTML5をサポートしますか?
はい、HTML5 をサポートします。
Dynamic Tag Managementは、まだネイティブアプリケーションをサポートしていません。アプリ内ブラウザー、またはアプリコンテナにラップされた Web サイトである場合のみサポートされます。モバイルブラウザーからのアクセスは、通常どおりサポートされます。
DTM がサポートしているブラウザーのバージョンを教えてください。
ブラウザーサポート を参照してください。

FAQ - Dynamic Tag Management and Adobe Experience Cloud

Dynamic Tag ManagementのAdobe Experience Cloudとの使用に関するFAQです。
どのAdobe Experience CloudソリューションがDynamic Tag Managementを統合しているか。
Dynamic Tag Managementは、ベンダーに関係なく、すべてのExperience Cloudソリューションおよびすべてのデジタルマーケティングサービスをサポートします。
Adobe Experience Cloudを使用してDynamic Tag Managementにアクセスする方法を教えてください。
Dynamic Tag Managementを使用する前に、社内のユーザーがアクセスを要求する必要があります。「 Dynamic Tag Management へのアクセスのリクエスト 」を参照してください。
Experience Cloudにアクセスしようとすると「アクセスに失敗しました」というエラーが表示されるのはなぜですか?
会社がExperience Cloudを使用するようにプロビジョニングされていることを確認してください。See Activation in the Experience Cloud Product Documentation .
Experience Cloudの会社名に自分のアカウントを割り当てる方法を教えてください。
Experience Cloud Organizations & Product Access ページに組織を追加して、デフォルトの組織として設定する必要があります。複数の会社のExperience Cloudアカウントにアクセスできる場合は、組織を追加します。See Organizations in the Experience Cloud Product Documentation .
自分のアカウントを Adobe ID にリンクする方法を教えてください。
When you click Join Experience Cloud , you can step through a wizard that helps you link your solution account credentials to your Adobe ID. Adobe IDは、すべてのExperience Cloudソリューションおよびサービスで単一のログインになります。See Join the Experience Cloud from a Solution in the Experience Cloud Product Documentation .
Experience Cloud内でソリューションをリンクする方法を教えてください。
For more information, see Organizations and account linking in the Experience Cloud Product Documentation .
DTMを使用してAdobe Experience Cloud IDサービスをプロビジョニングする方法を教えてください。
アカウントがExperience Cloud IDサービスにリンクされている場合に、アカウントアクセスをトラブルシューティングする方法について教えてください。
For more information about troubleshooting issues that arise from account linking, see Troubleshooting Account Linking in the Experience Cloud Product Documentation .
DTM を使用して Adobe Experience Manager(AEM)を実装する方法を教えてください。
カスタマーケアに、必要な情報および使用開始方法をお問い合わせください。

FAQ - advanced

パフォーマンス、ルール、読み込み、ホスティングなどに関する FAQ です。
Dynamic Tag Management s_Code を使用して手動で実装できますか。
Adobe Analytics ツールの作成および設定作業は、自動または手動で実行できます。手動(レガシー)実装について詳しくは、「 Adobe Analytics の手動導入(レガシー) 」を参照してください。
コンテンツタイプ application/xhtml+xml または text + xhtml コンテンツタイプのページでDynamic Tag Managementを使用できますか。
はい。
The only potential issue is the use of document.write, because content type text + xhtml does not support document.write. However, this issue can be avoided because document.write is used by Dynamic Tag Management only in the situations stated below.
  • Loading of the staging library using the Dynamic Tag Management switch plugin uses document.write.
    回避策: Dynamic Tag Management Switchプラグインを使用してライブラリ間を切り替えずに、ページコード内のステージング用ライブラリを具体的に参照することで、ステージング環境でテストします。
  • Synchronously loading JS and HTML scripts via Dynamic Tag Management uses document.write.
    回避策: Dynamic Tag Managementを使用したスクリプトの同期読み込みでは、回避 document.writeできません。Thus, when this content type is being used, all third-party scripts (JS and HTML) should be loaded asynchronously in Dynamic Tag Management to avoid document.write. 必ずコードの依存関係すべてについて検討とテストを実施し、予期したとおりの動作が非同期的な読み込み方法でも確実におこなわれることを確認してください。
Dynamic Tag ManagementはWebサイトのパフォーマンスを低下させますか。
Dynamic Tag Managementでは、ページ読み込み時間や実行速度に悪影響が生じることはありません。
ただし、Dynamic Tag Managementを配信システム(JavaScript、HTML、画像またはその他のWebコンテンツを配信する手段)として使用できるので、大きなファイルを読み込んだり、レンダリング時に不適切なポイントで大きな画像を読み込んだりすると、ページの読み込み速度を低下させ、そのページのコード実行時間を長くすることができます。画像を遅延読み込みする場合、できるだけ非同期(非順次)スクリプトを使用し、Dynamic Tag Managementに追加するコードに関するベストプラクティスに従うと、パフォーマンスに悪影響を及ぼすことはありません。
埋め込みコード は、 」セクションを参照してください。これは JavaScript の同期インクルードです。Dynamic Tag Managementエンジンはモジュール方式で動作するように設計されているので、特定のページ、サイトセクション、ドメインに適用されないスクリプトは、必要に応じて読み込まれたり、実行されたりしません。サードパーティのスクリプトをデプロイする際、ほとんどのお客様は非同期(非順次)方式の利用を拡大しています。これには、サイト訪問者にページ読み込み速度が全体的に向上したと感じさせる効果があります。Dynamic Tag Managementのメインライブラリファイル自体は同期的に読み込まれますが、ほとんどのクライアントは、ビルトインの非同期メソッドを使用して、Dynamic Tag Management内からコードを読み込みます。
どのタグがどのルール内にあるかは、どうしたらわかりますか。タグの使用状況を継続的に管理し、特定のルールを簡単に見つけるにはどうすればよいですか。
Adobe recommends using the rule Name, the Tag Name, and the Categories to label your rules in a way that helps you find things faster later on, when you need to come back and change a rule, or group of rules.
例えば、異なるページ型ルールやイベント型ルールには異なる条件が対応するので、「グローバルなページ型ルール」のように、条件を示す言葉をルールの名前に追加することは意味があります。
サードパーティのタグやカスタム JavaScript を使用する場合は、タグ名フィールドに情報を追加できます。後で、特定のタグを含むすべてのルールを探す場合に、タグ名でルールのリストをフィルタリングして、そのタグを含むすべてのルールを見つけることができます。
最後に、各ルールにカテゴリと値のラベルを付けることができます。カテゴリはルールのリストをフィルタリングするときにも利用できるので、特定のカテゴリ内のルールのリストを簡単かつ迅速に見つけることができます。例えば、「サードパーティ」などのカテゴリを「DoubleClick」という値とともに使用すると、「サードパーティ」カテゴリ内のすべてのルールまたは「DoubleClick」という値を持つすべてのルールを検索します。
Dynamic Tag Managementには、非同期タグの読み込みによるエラーやCDNの利用不能なケースによるエラーを回避するための機能がありますか。
amc.on が提供するタグイベントのコールバックを使用して、任意のタグ管理システムが提供するタグに依存するコードをすべてラッピングすることをお勧めします。
amc.on タグイベントのコールバック 」を参照してください。
Dynamic Tag Managementライブラリファイルは、会社で使用しているバージョン管理システムで使用できますか。
Adobe offers two options for self-hosting the library files: FTP Delivery and Library Download . これらの自己ホストオプションのいずれかを選択すると、Dynamic Tag Managementで変更を行うたびに、その変更がシステムによってライブラリファイルに書き込まれます。その後、それらのファイルは通常自動的にアーキテクチャに「プッシュ」されるか、「プル」されます。更新されたライブラリコードがサーバー上にアップされたら、ファイルをご使用のバージョン管理システムに追加し、どのような処理でも行うことができます。GitHub、SVNまたは他のシステムを使用してWeb開発コードやコンテンツを管理する場合は、Dynamic Tag Managementで適切に機能します。
バージョン管理に関する注意:コードを実稼動用にコミットおよびプッシュするときに、実稼動バージョンの 埋め込みコード をステージングバージョンの埋め込みコードで上書きしないようにしてください。ステージングバージョンの埋め込みコードは、ステージング用(非実稼動、テスト、開発、QA、UAT 用)環境テンプレートにとどめる必要があります。また、実稼動バージョンの埋め込みコードは実稼動テンプレートにとどめる必要があります。
モバイルアプリケーションでDynamic Tag Managementを使用できますか。
現在、Dynamic Tag Managementは、HTML、CSS、JavaScriptで作成された任意のデジタルエクスペリエンスで使用できます。これには、モバイル向けに最適化されたコンテンツやレスポンシブデザインも含まれます。Cordova や PhoneGap のようなラッパーで作成されたモバイルアプリケーションも含まれます。
残念ながら、現時点では、Dynamic Tag Managementは、完全にネイティブのコンパイル済みアプリケーションで使用するための個別のSDKを提供しません。しかし、Adobe Analytics SDK を使用してモバイルアプリケーションを追跡できます。ハイブリッドコンテンツやクロスオーバーコンテンツの状況など、ネイティブのアプリケーションエクスペリエンス内でデスクトップまたはレスポンシブコンテンツにアクセスした場合、モバイルアプリにプルされたHTMLドキュメントにもDynamic Tag Managementが存在することがあります。
**Webページごとに個別のルールを作成​ s.pageName せずに設定する方法を教えてください。
There are a number of ways to set s.pageName for each page, without creating a separate Dynamic Tag Management Page Load rule for each page. Dynamic Tag Managementでは、ルールの条件は次のような質問に回答します。訪問者は何を行っているか。その場所はどこか。その操作はいつ実行されているか。すべてを同じ条件に応じて発生させたい場合は、同じルール内から任意の数の変数を設定し、異なるタグやツールを起動させ、任意の数のスクリプトを実行することができます。
document.title s.pageName 例えば、変数の値のソースにする場合は、データ要素を作成して、名前 Page Name 、タイプ JS Object 、パス、デフォルト document.title ​値 None 、およびこの値を記憶し Pageview ​ます。
Then, you could create a global Page Load rule and assign that Data Element to s.pageName , either in the interface, or in the Custom Editor code window. そうすると、条件を満たす各ページに、document.title の値が動的に設定されます。
ホスティングオプションはどのように選択しますか。
Dynamic Tag Managementは、システムの実行に必要なすべてのコードを含む様々なJavaScriptファイルを作成して使用します。これらの「ライブラリファイル」は、アドビがホストすることも、独自の Web アーキテクチャ内で独自のサーバー上でホストすることもできます。ホスティングオプションは次の 3 つです。
Webプロパティには、これらのホスティングオプションを1つ以上使用 できます。単一ページには複数の埋め込みコードを使用しないでください。例えば、ステージング環境で Akamai を使用し、実稼動環境で自己ホストオプションのうちの 1 つを使用することができます。または、代理店パートナーがホストする任意のサイト、ドメインまたはサブドメインに Akamai オプションを使用することができます。これらのオプションにより、特定のニーズに従ってライブラリファイルをホストする柔軟性が得られます。
ホスティングに関する考慮事項 を参照してください。
Dynamic Tag Managementコードは、すべての情報をアドビに送信しますか。
Dynamic Tag Managementは、ページにJavaScriptとHTMLを表示する方法です。システムの使用時に具体的に選択するシステム、ツールまたはタグだけにデータを送信します。つまり、どのデータを収集するかを具体的に指定しない限り、Dynamic Tag Managementは任意のデータをどこで収集することもできません。また、どのような場合にシステム、ツールまたはタグに送信するかを指定します。
指定の場所とテクノロジーにのみ送信される特定のデータポイントを制御できます。
複数の地域マーケット、ビジネス部門、サブドメインを扱うにはどうすればよいですか。
セットアップしたデータ要素が機能していないように見える場合のテスト方法を教えてください。
サイトでデータ要素を使用可能にする必要があるページに移動します。Open your web console and type in _satellite.getVar(‘dataelementname’) and press enter. このアクションは、そのページ上の指定されたデータ要素が保持している値を返します。値が未定義の場合、データ要素が正しくセットアップされていない可能性があります。値が null ​に設定されている場合、そのデータ要素に特定のページの値がないことがあります。
自分のサイトが実稼動環境とステージング環境のどちらで動作しているかを見分けるには、どうすればよいですか。
Dynamic Tag Managementユーザー向けのデバッグモードとステージングモードを簡単に切り替えるためのブラウザープラグインです。Google Chrome 版と Mozilla Firefox 版が提供されています。詳しくは、「 DTMプラグイン を参照してください。

FAQ - Adobe Analytics tool

Adobe Analytics 導入の自動設定に関する FAQ です。自動設定の手法では、AppMeasurement コードを管理します。
DTM を介して Adobe Analytics を実装する場合、どこにプラグインを置いたらよいですか。
DTM を使用して手動で s_code をホストしている場合、通常の Adobe Analytics の実装と同じように、プラグインはホストされている s_code と同じエディターに追加できます。
However, it is also an option to place the plugins in the editor within the Customize Page Code section of the tool settings. どちらの実装方法も効果は同じです。
DTM Switch プラグイン(英語) 」を参照してください。
新しいバージョンのツールの設定を変更した場合、実稼動環境に発行する前にステージングでテストできますか。
はい。
実稼動環境に展開する前に通常おこなうのと同じように、すべての変更をステージングでテストすることができます。ステージングで問題が見つかったので発行しない選択をした場合は、引き続き実稼動用コードが、新しい統合のリリース前と同様に機能します。
手動設定(既存ツールのデフォルト設定)から自動設定に切り替えると、現在の設定は影響を受けますか。
いいえ。
手動のライブラリ管理から「アドビが管理」に切り替えると、現在の設定やコードは影響を受けますか。
既に指定しているユーザーコードが基本 AppMeasurement ライブラリによって上書きされます。You must move this code to the new Custom Page Code section at the end of the tool configuration so that the code continues executing. この手法により、AppMeasurement ライブラリをユーザーのカスタムコードとは別に管理(およびアップグレード)することができます。
新しい統合をリリースする場合、Adobe Analyticsツールの改訂履歴は保持されますか。
はい。
データ要素に永続化を設定する方法を教えてください。
See the Persistence section in Data Elements .
See Configure Adobe Analytics for configuration information.

FAQ - Adobe Experience Platform Launch

2017年3月に発表された、Dynamic Tag Managementの新バージョンに関するFAQです。
起動とは何ですか?
Adobe Experience Platform Launchは、Adobe Cloud Platformに組み込まれている、次世代のAdobe Tag Management機能です。Launch を使用すると、クライアントは以下のことが可能になります。
  • Deploy client-side web products using integrations called extensions
  • 他のベンダーやアドビのマーケティング製品と広告製品の間でデータを一貫して記録、定義、管理および共有する
Launch は高度な JavaScript 配信システムであり、条件および実行済みのアクションを評価して、クライアント側のライブラリと製品を効率的かつ効果的にデプロイします。拡張機能によって拡張機能を管理および構築でき、Adobe Cloud Platformとプログラム的にやり取りするための堅牢なAPIセットとともに拡張されています。
For more frequently asked questions about Launch, see Launch FAQ .
DTMの置き換えは開始されますか?
アドビでは、DTMを2020年末までに作成する予定です。For more information and scheduling, see DTM Plans for a Sunset in the Adobe community forums.