Show Menu
トピック×

How do tag management systems improve page load speed?

ページ読み込み速度に影響する問題の効果的な解決策についての情報です。
Adobe Dynamic Tag Managementは、ページ読み込み速度に影響する問題に対していくつかの効率的なソリューションを提供します。Dynamic Tag Managementは、他のほとんどのソリューションとは異なる方法でページにアプローチし、必要に応じてファイルアセットを配信するコアライブラリファイルに条件ロジックを提供します。シナリオベースのロジックとベンダーテクノロジーの正確なアクティブ化に重点を置くだけでなく、Dynamic Tag Managementはページ速度を大幅に向上させる一連の機能を提供します。次に、それらの特長を示します。
  • サードパーティのホスティングと DNS への依存を解消するセルフホスト型の静的なファイル配信
  • 非同期配信によるタグの読み込みの並行化
  • タイムアウトによるタグ無効化オプション(タイムアウトの設定はクライアントが変更可能)
  • 最適化されたDynamic Tag Managementライブラリスキーマを使用したファイルサイズの大幅な削減-競合他社よりも90%以上小さい
  • ファイルの圧縮と配信の向上
  • タイミングと配信順序の最適化(設定はクライアントが変更可能)
  • クライアント側でのファイルアセットの配信(サーバー側での追加処理を解消)
タグ管理システム(TMS)ベンダーは、ページの読み込み速度の課題に対処する必要があります。Adobe Dynamic Tag Managementは、これらの課題に合わせてアセンブルできる最適なオプションセットを提供しています。また、規準となるいくつかの質問もあり、ページの読み込み速度と TMS オプションを評価するときに答える必要があります。
ページ読み込み速度
基本的に、ページの読み込み速度に影響する 6 つの領域があります。
  1. サイトアセットのキャッシュ
  2. サーバーからのサイトページ作成
  3. ダウンロードするファイル数の削減
  4. ダウンロードするファイルサイズの削減
  5. ソースファイルに対する接続速度の向上
  6. ファイル読み込みの順次処理から並行処理への変更
サイトアセットのキャッシュは、ブラウザーレベルで発生する処理で、TMS ベンダーが直接対応することはできません。また、サーバーがサイトページを作成してから配信準備ができるまでにかかる時間についても同様です。これらの両方の領域は、ページの読み込み時間の増減に影響することがあります。ページの読み込みに関する上から 2 つの問題については、TMS ベンダーが直接対応することはできません。したがって、ここでは残り 4 つの問題に論点を絞って説明します。
主要な TMS ベンダーはすべて、ダウンロードするファイルの個数削減とサイズ最適化に取り組んでいます。これらの目的を達成するために採用しているアプローチは TMS ごとに多少異なる可能性がありますが、いずれの TMS でも、最終的にページに配信されるファイルの負荷軽減がある程度実現されています。TMS を評価する際には、個々のファイルをパッケージ化してクライアント Web ブラウザーに届ける方法に関し、採用されているアーキテクチャを理解することが重要です。
  • リクエストを受けるたびにサーバー側でファイルを組み立てるのか、それとも、あらかじめ発行された静的なファイルを配信するのか。
  • ファイルを動的に組み立てる場合、リクエストのたびに発生するファイル組み立ての所要時間はどれくらいか。
  • ファイルのセットをサーバー側だけで管理する仕組みは用意されているか。用意されている場合、そのアーキテクチャの制限事項は何か。
  • ファイルの生成時にはどのような圧縮手法を使用しているか。
  • TMS でのファイル生成時に、ブラウザーで発生し得る問題の緩和策となるような最適化を施しているか。
いずれの TMS ベンダーも、ダウンロードされるファイルの個数削減とサイズ最適化を最終分析段階で実行し、ある程度の効果を達成しています。
TMS ソリューションで、ページ速度の顕著な違いを確認できる領域は、接続速度とファイルの読み込みの領域です。主要なすべての TMS サービスは、グローバルに分散した CDN 経由でファイルを配信するオプションを提供しています。任意のインフラストラクチャでファイルをホストすることも、Adobe Dynamic Tag Managementを使用するときにオプションとして使用できます。ほとんどの場合、TMS を効率的に配信する方法として CDN が使用されます。ただし、TMS が提供するホスティング方法に関して、注意を要するいくつかの質問があります。
  • ホスト CDN または地域 DNS の障害が発生した場合はどうなるか。
    一部の TMS ベンダーは、きわめて重要な配信タイミングにおいて、こうした部分に関するエンタープライズレベルの大規模障害を何度も経験しています。そのような状況は TMS アセットを自己ホストすることで回避できます。お客様が選択したアーキテクチャやお客様独自のアーキテクチャの上でホストされる Web サイトアセットのすぐ近くで TMS からのファイルも提供されるからです。
  • ファイル取得の応答時間はどの程度か。
  • 国外からの訪問者に対する応答時間は、地域内の訪問者に対する応答時間と大幅に異なるか。
  • TMS で管理されるサードパーティコードのベンダー(Facebook、Google、Foresee など)は、どの程度の応答性を実現しているか。
    TMS ファイルはすばやく配信されていても、これらの各サードパーティの接続に起因して遅延が発生することがあります。ベンダーの遅延問題を緩和できる、クライアント側で調整可能なタグタイムアウト設定が TMS に用意されているか。
また、ファイルの読み込みもページの速度に影響し、より具体的には、ユーザーの操作感に影響します。タグを非同期的に読み込むこと、配信するファイルアセットを決定する条件ロジックを使用すること、タグのタイムアウトを設定することで、タグの動作を並行化して、ページの読み込みを向上させることができます。最終的なタグの重みは、ページの読み込み終了時に大きく変化しない場合もありますが、サードパーティベンダーのタグの同期的な読み込みを非同期的な読み込みに移行することで、複数のアセットを一度に 1 つずつではなく、並行して読み込めるようになります。TMS は、ベンダーコードのタイミングと順次実行に関してどれだけの柔軟性を備えていますか。TMS ベンダーは、ファイルの読み込みに関してページのパフォーマンスを最適化するベストプラクティスを提供していますか。サードパーティベンダーのコードは、同期的な読み込みから非同期的な読み込みに、またはその逆に容易に変更できますか。
Adobe Dynamic Tag Managementは、これら4つのページ速度領域のそれぞれに優れており、ホスティングなどの特定のケースでは他のベンダーよりも優れたソリューションを提供します。ただし、TMS の評価で唯一対応する必要がある領域は、ページの読み込み速度です。ワークフローと管理、ルールの展開方法、ユーザーインターフェイス、導入、移行、メンテナンス、ユーザーセグメント機能に関して、きわめて重要な質問に答える必要があります。これらの領域は、長期的にはクライアントが長期にわたって使用する実績のあるパフォーマンスレコードを持つシステムとしてAdobe Dynamic Tag Managementを際立たせる領域です。