Show Menu
トピック×

はじめにのベストプラクティス

Adobe Dynamic Tag Management(DTM)を初めて使用する場合、DTMに移行する準備が整ったら、このガイドを参考にしてください。
最終更新日:2017年1月31日
Dynamic Tag Managementを使用すると、マーケターはすばやく簡単にタグを管理し、デジタルマーケティングシステム全体でデータを収集して配布する革新的なツールを提供できます。また、DTMは、ユーザ固有のコンテンツを迅速に配信することで、今日の迅速なデジタル市場での成長を追求する企業に特化した新しいレベルのコンテンツを提供できます。
Dynamic Tag Managementを最大限に活用するために、以下のリソースに加えて、以下のリソースを利用できます。
リソース 詳細
Dynamic Tag Management 製品ドキュメント
Dynamic Tag Managementの使用方法に関する詳細情報および詳しい説明です。
Dynamic Tag Managementの使い方に関する情報です。

Basics for the first-time user

Dynamic Tag Management(DTM)ユーザーインターフェイスの概要を説明します。

ダッシュボード

ナビゲーション:ホーム/ダッシュボード
DTMでログイン後に最初に表示されたページは、ダッシュボードです。ダッシュボードには、アクセス権を持つすべての会社のリストが表示されます。

Company overview

ナビゲーション:ホーム/ダッシュボード/会社の概要
ダッシュボードから会社をクリックすると、会社概要ページが表示されます。
1つの会社にのみアクセスできる場合は、ログイン後にダッシュボードの代わりに会社の概要ページに移動します。
DTMでは、会社はWebプロパティの集まりです。Webプロパティは、ツール、ルールおよびデータ要素の集まりです。
会社のすべてのWebプロパティに、会社の概要ページからアクセスします。
管理者レベルのユーザーは、「プロパティの追加」をクリックして、会社の概要ページから新しいWebプロパティを追加できます。Webプロパティの設定時に必須フィールドは「名前」と"URL"で、後で必要に応じて変更できます。
管理者レベルのユーザーは、ユーザーとグループタブを使用して会社の概要ページからユーザーを管理およびプロビジョニングすることもできます。

Property overview

ナビゲーション:会社概要/プロパティの概要
会社概要ページの任意のプロパティをクリックすると、プロパティの概要ページに移動します。
プロパティの概要ページでは、プロパティの設定について簡単に概要を説明し、メインプロパティコンポーネントへのゲートウェイとして機能します。ツール、ルール、データ要素、投稿ワークフローおよびプロパティ埋め込みコード。
ナビゲーション:プロパティの概要/インストール済みツール
DTMツールは、サイトへのソリューションの迅速な導入を可能にする統合統合です。
現在、DTMでは、Adobeソリューション用のツール統合と、Google AnalyticsおよびNielsenのツール統合を提供しています。これらの統合はそれぞれ、特定のソリューションの設定とデプロイメントを容易にするために一意に設計されています。
ネイティブ統合のないサードパーティのツールまたはタグは、
JavaScript/サードパーティタグの節を参照してください。

ルール

ナビゲーション:プロパティの概要/ルール
プロパティの概要ページから「ルール」タブをクリックすると、プロパティルールに移動します。
DTMのルールは、ツール、タグ、スクリプトおよびHTMLを条件付きで実行するために使用します。
タイプに関係なく、DTMのルールには2つのメインコンポーネントがあります。条件とトリガーです。条件はルールが実行されるシナリオ、およびトリガーがルールの起動時に実行する項目を示します。
DTMには次の3種類のルールがあります。
  • イベントベース: イベント型ルールはインタラクション型です。例えば、ユーザーが特定のボタンをクリックしたタイミングを追跡したい場合、イベント型ルールを使用します。
  • ページロード: ページ型ルールは、ページ読み込みに関連付けられます。例えば、サイトの特定ページの読み込み時に特定のコードブロックを追加したい場合、ページ型ルールを使用します。
  • Direct- Call: ダイレクト型ルールは、DTMがDOM内のイベントを検出できない場合に使用されます。例えば、DOMで検出できないAJAXイベントを追跡する場合、ダイレクト型ルールを使用します。
ルールタイプにかかわらず、条件が満たされた場合は、トリガーが実行されます。
すべてのルールタイプには、サードパーティベンダータグや、JavaScript/サードパーティタグモーダルを使用して他のカスタムJavaScriptまたはHTMLをトリガーするオプションがあります。
その他のトリガーモデリングは、ツールをプロパティに追加するとルールで有効になります。例えば、プロパティにAdobe AnalyticsツールとGoogle Universal Analyticsツールが含まれている場合、プロパティルールには、これらのツール用のオプションのトリガーモデリングが含まれます。
各ツールモーダルオファーは、特定のツール用にトリガーをカスタマイズする簡単な方法です。

Data elements

ナビゲーション:プロパティの概要/ルール/データ要素
「ルール」タブの「データ要素」タブをクリックすると、データ要素の概要ページが表示されます。
データ要素は、DTMでデータマッピングを構築するために使用されます。共通データポイントをデータ要素として定義すると、これらのデータポイントを、DTMのルールやツール内で容易に捕捉して利用できます。

ワークフロー

DTM の重要な概念は、ステージング用ライブラリと実稼働用ライブラリの両方を持つ単一の Web プロパティというアイデアです。
ステージング用ライブラリには、Web プロパティに設定したすべてのルール、ツールおよびデータ要素が含まれています。実稼働用ライブラリには、承認および発行されたルール、ツールおよびデータ要素のみが含まれています。
ナビゲーション:プロパティの概要/承認タブ
ルール、ツールまたはデータ要素がプロパティ内で追加または変更されると、承認が自動的に生成されます。
ナビゲーション:プロパティの概要/「履歴」タブ
項目が承認されると、「履歴」タブの未公開の変更キュー0で利用可能になります。項目が公開されると、そのアイテムは本番用ライブラリで利用可能になります。
このライブラリと関連ワークフローの分離により、実稼動に影響を与えることなく、ステージングでより効果的なテストを行うことができます。

インストール

ナビゲーション:プロパティの概要/「埋め込み」タブ
「埋め込み」タブをクリックすると、DTMのインストールページが表示されます。
このタブには、利用可能な様々なライブラリホスティングオプションが含まれています。デフォルトでは、プロパティはAkamaiホスティングを活用します。この方法は通常、ほとんどの組織で使用できます。ただし、必要に応じてDTMライブラリの提供を制御する場合は、2つの自己ホストオプションを使用できます。
「埋め込み」タブの「ヘッダーコード」セクションを展開すると、そのプロパティのステージングおよび実稼動用コードが表示されます。
ステージング用と実稼動用の埋め込みコードが1つあります。これは、上述のステージングライブラリと本番ライブラリをDTMで区別する方法です。ステージング埋め込みコードがインストールされると、ステージング用ライブラリが読み込まれます。実稼動用の埋め込みコードがインストールされると、本番用ライブラリが読み込まれます。
ヘッダーとフッターの埋め込みコードがサイトに適切にインストールされると、関連するDTMライブラリが各ページの読み込み時に自動的に読み込まれます。
WebコンソールでDTM Switchプラグインを使用してテストします。これにより、ページ上でDTMが何を実行しているかを理解し、より効果的なテストを行うためにステージング用ライブラリにローカルに切り替えることができます。For more information, see Search Discovery Plugins in the Dynamic Tag Management Product Documentation .

DTM technical architecture and hosting

Dynamic Tag Managment(DTM)とホスティングオプションの技術アーキテクチャについて取り上げます。
この節では、以下について説明します。

アーキテクチャ

DTM技術アーキテクチャの主なコンポーネントには、Web管理アプリケーション、ステージングと実稼働のJavaScriptライブラリ、埋め込みコードがあります。
Web管理アプリケーションは、DTM実装の管理に使用するオンラインインターフェイスです。ここでは、ツール、ルール、データ要素を作成および設定し、これらの設定のデプロイメントをサイトに管理します。
DTMのWebプロパティは、ツール、ルール、データ要素の設定の集まりです。
各Webプロパティは、1つのステージングJavaScriptライブラリと1つの実稼働JavaScriptライブラリに関連付けられています。これらのライブラリはWebアプリケーションによって生成され、そのWebプロパティ内の一意の設定を含んでいます。
ステージングのJavaScriptライブラリには、Webプロパティ内の最新のツール、ルールおよびデータ要素の設定がすべて含まれています。このライブラリは、プロパティの変更によって自動的に更新されます。また、ステージング環境でのテストや、DTM Switchプラグインを介したローカル実稼働テストのためのテストを行います。
For more information about the DTM switch plugin, see Search Discovery Plugins in the Dynamic Tag Management Product Documentation.
実稼働用のJavaScriptライブラリには、Webプロパティワークフローによって承認および公開されたツール、ルールおよびデータ要素の設定のみが含まれています。このライブラリは、実稼働環境を対象としています。

Hosting

ステージングと実稼働のJavaScriptライブラリは、次の方法でホストできます。
  • External hosting via Akamai -library hosted on Akamai's servers
  • Self-hosting via SFTP or library download -library hosted on your servers
ホスティングオプションを選択することは、ビジネスに必要な決定です。この決定を支援するために、以下のオプションの比較とユースケースの例を確認してください。
メリット デメリット
Akamai
外部ホスティング
  • 標準導入方法
  • 設定不要
  • ITへの依存率の最小化
  • 自動ファイル更新
  • グローバルに分散されたAkamaiネットワークを介した信頼性と高速なファイル配信
  • ファイル配信を制御できない
  • サードパーティインフラストラクチャへの依存(Akamaiが使用できない場合、ライブラリ)
SFTP
自己ホスト型
  • ファイル配信の完全な制御
  • より安全なオプション:SSHファイル転送
  • 自動ファイル更新
  • 必要な事前設定
  • ITへの依存度の向上
ライブラリのダウンロード
自己ホスト型
  • ファイル配信の完全な制御
  • 最も安全なホスティングオプション:AES256バンドルの暗号化
  • 必要な事前設定
  • ITへの依存度の向上
  • 自動ファイル更新に必要な追加設定
使用事例
シナリオ
ソリューション
IT部門はできるだけITを関与させ、自社のサイトインフラストラクチャ外で信頼できるファイルホスティング方法を必要としています。
すべての環境でAkamaiホスティングを活用。
実稼働環境でファイル配信を完全に制御したいと思います。ただし、速度と俊敏性は、ステージング環境のファイル制御よりも重要です。
ステージング環境でのAkamaiホスティングと、実稼動環境でのFTP配信を活用します。
サイトの一部のセクションは、機密性の高い情報を取り扱います。セキュリティは、これらのページで最も重要な要素ですが、サイトの他のページで重要とは限りません。
セキュリティで保護されていないページおよびセキュリティで保護されていないページで、ライブラリのダウンロードホスティングを活用します。
All hosting options are available to enable and configure on the Embed tab in your DTM property.
選択したホスティングオプションにかかわらず、インストールされている埋め込みコードを使用してJavaScriptライブラリがサイト上で提供されます。各ホスティングオプションは、ホスティングオプション用に設定された該当するファイルの場所を参照する一意の埋め込みコードを提供します。
埋め込みコードは、2つのコードスニペットで構成されています。ヘッダーおよびフッターコード。
  • ヘッダーコード
    ヘッダーコードは、関連付けられたJavaScriptライブラリをホストの場所から呼び出して、サイト上で提供します。このコードスニペットは、可能な限り開始タグの近くにサイトコードのheadセクションに配置する必要があります。
  • フッターコード
    フッターコードは、タイミング制御のためのページの終わりを識別します。このコードスニペットは、可能な限り終了タグの近くにサイトコードの本文セクションに配置する必要があります。
ヘッダーとフッター埋め込みコードスニペットの適切な配置は、DTM JavaScriptライブラリの効率的なデプロイメントにとって重要です。
複数のホスティングオプションを使用できますが、特定のページに単一の埋め込みコード参照のみが含まれていることを確認する必要があります。埋め込みコードの重複または不適切な配置によって、予期しないライブラリの動作が発生する可能性があります。
次の図は、DTMアーキテクチャのコンポーネントが連携して、サイトにツール、タグ、スクリプトを効果的にデプロイし管理する方法を示しています。
For more information on hosting options, see Embed Code and Hosting Options in the Dynamic Tag Management Product Documentation .

Planning your migration to DTM

Information to consider as you plan your migration to Dynamic Tag Management (DTM) and best practices to help get your implementation started correctly.
この節では、以下について説明します。

Planning your DTM setup: Component overview

ここでは、DTMセットアップの計画に関与するための基本的なDTM会社構造の概要を簡単に説明します。
DTMでは、会社はWebプロパティをグループ化しています。
Webプロパティは、データを収集してタグやスクリプトをサイトに導入するために設定されたツール、ルール、およびデータ要素のグループです。
各Webプロパティは、サイト上の特定のプロパティ設定の読み込みを担当する1つの埋め込みコードに関連付けられています。
ユーザーは会社レベルで管理されますが、管理者ロールを除く各プロパティに対して権限を持つことができます。管理者ロールはグローバルであり、会社内のすべてのプロパティに対する完全な権限があります。
For more information on user roles, see Create and Manage Groups in the Dynamic Tag Management Product Documentation .

Planning your DTM setup: Decision points

DTMの基本的な構造を念頭に置いて、DTMのセットアップを計画する際に、関連する判断ポイントについて説明します。
いくつの会社が必要ですか。
ほとんどの場合、企業はビジネスニーズに最適です。
複数の会社を持つ主な理由は、ユーザとWebプロパティを完全に分離することです。
このタイプの設定は、様々なビジネス区分によって実行される多数のWebエンティティを持つ大規模企業で最も一般的です。
ドメインとサブドメインをWebプロパティに分配するにはどうすればよいですか。
Webプロパティは、ドメインと1対1または1対多として設定できます。
ビジネスに最適な機能を決定するには、以下の変数のクロスドメインの類似性と違いを考慮してください。
  • データ収集方法とソース
  • ツールとタグのデプロイ
  • サイトコード構造
  • DTMユーザーワークフロー
ほとんどの場合、1つのドメインあたりの1つのWebプロパティは、上記の変数の1つまたは多の違いにより、ビジネスニーズに最適です。
このタイプのセットアップは、「コピー」機能を使用してクロスドメイン定数を簡単に複製できる間、各ドメインのニーズに最も効果的に対応します。
ただし、これらの変数がドメイン間で同じまたは非常によく似ている場合は、1つのWebプロパティ内で複数のドメインを持つという意味になります。このような場合、このセットアップでプロパティ間の不要な重複を減らすことができます。
この同じ推論は、サブドメインの配布に使用できます。
ユースケース例
シナリオ
ソリューション
ビジネス部門は複数のドメインを管理しています。Adobe Analyticsをすべてのドメインにデプロイしますが、各ドメインには独自のレポートスイートとトラッキングニーズがあります。
ドメインごとに1つのプロパティを活用します。
ビジネス部門は複数のドメインを管理しています。すべてのドメインにわたってAdobe Analyticsを導入し、1つのグローバルレポートスイートを使用してすべてのデータを収集します。サイトコード構造のバリエーションにより、ドメイン間のデータソースは非常に異なります。
ドメインごとに1つのプロパティを活用します。
ビジネス部門は複数のドメインを管理しています。Adobe Analyticsをすべてのドメインにわたってデプロイし、グローバルレポートスイートおよびグローバルデータレイヤーを使用してすべてのデータを収集します。他のツールとタグはほとんどのドメインで一貫性があり、同じユーザーが発行ワークフローを管理するように計画しています。
すべてのドメインに1つのプロパティを活用します。

Migration best practices

最適な会社とプロパティの配布を決定したら、DTMの移行を開始する際に、以下のベストプラクティスを考慮してください。
プロセスワークフロー: 既存のページコードをDTMに移行するための体系的なプロセスを開発し、スムーズな移行を実現します。
通常、このプロセスを低レベルステージング環境で開始し、ページごとまたはサイトセクションごとにコードを移行してサイトセクションごとに移行することをお勧めします。
これにより、既存のページコードを削除する前にDTM設定を完全に取り込めるようになり、導入が中断するリスクが軽減されます。
ITの操作: 現在のプロセスおよびデプロイメントサイクルを決定するために、ITチームを前面で使用することが重要です。
これにより、埋め込みコードの適切かつタイムリーな配置と、効果的に移行されたページコードの削除を確実に行うことができます。
人物ワークフローおよびガバナンス: もう1つの重要な概念は、ユーザーワークフローを確立することです。ユーザーの役割を十分に割り当てることで、DTMワークフローにガバナンスを与えることができます。
ユーザーの役割
ルールの作成
ルールの編集
ルールのテスト
ルールの承認
ルールの発行
ユーザーの作成と編集
プロパティの作成
ユーザー
承認者
発行者
承認者と発行者
管理者
これにより、すべてのアイテムが、実稼動環境にプッシュされる前に、チームの適切なメンバーによって完全に取得されるようになります。
For more information, see Migrating to Dynamic Tag Management in the Dynamic Tag Management Product Documentation .

Migrating to DTM: A closer look at Adobe Analytics

Whether your current Adobe Analytics implementation is deployed via on-page methods or via another tag management system, this section helps you understand your options as you migrate to DTM.

Phase 1: Quick value add

Because migrating Adobe Analytics code can be a lengthy process, DTM offers a feature that allows you to augment your existing Analytics implementation without disrupting it.
This feature is called Page Code is Already Present and is located in the Analytics tools settings in your DTM property.
この機能にアクセスするには、ツール設定の「ライブラリ管理」セクションを展開します。
With this feature enabled, DTM is able to leverage the existing implementation to send supplemental s.t() / s.tl() calls via event-based and direct-call rules.
この機能により、コードを移行する前にDTMを使用してAdobe Analytics実装を拡張することが簡単になります。
ただし、このアプローチに関する以下の制限事項に注意することが重要です。
  • DTM Adobe Analyticsツールで設定された変数と設定は有効になりません。
  • ページ型ルールで設定されたAdobe Analytics変数は有効になりません。
これらの制限は、DTMが既存の実装に完全に依存してAppMeasurementコードを提供し、sオブジェクトをインスタンス化するために発生します。

Phase 2: Full migration

To take full advantage of the integrated Adobe Analytics functionality in DTM, a complete migration of Analytics code is recommended.
この移行には、ページコード内のすべてのsオブジェクト参照と、DTMがAdobe Analyticsをデプロイするページに含まれるスクリプトが含まれています。
詳しくは以下のセクションで説明されています。
グローバルコードの移行
移行の最初の手順は、DTMプロパティのAdobe Analyticsツール設定にグローバルコードを設定することです。
The AppMeasurement code / s_code is configured in the Library Management section of the tool settings under Code Configuration.
現在フェーズ1からページコードが既に使用されている場合は、このオプションをオフにしてコード設定オプションを表示する必要があります。この変更はステージングでのみ有効になり、移行後のコードを完全に設定してから、この変更を実稼動に移すことができます。
The Custom configuration option is typically preferred as an initial migration approach because it allows you to reference your existing AppMeasurement / s_code as-is without the need for additional tool configuration.
  • カスタム- DTMでホスト: 既存のコードをエディターに貼り付けます。
  • カスタム- URLでホスト: URL場所に既存のコードを参照します。
Managed by Adobe このオプションを使用すると、DTMは選択したAppMeasurementベースコードバージョンを自動的に提供し、ホストします。この方法を使用すると、コードバージョンの更新が簡単になり、長期的なオプションになります。
コード設定オプションにかかわらず、AppMeasurementコードに含まれていない項目は、提供されたインターフェイスフィールドまたはページコードエディターのカスタマイズによってツール設定に設定できます。
提供されるインターフェイスフィールドは、グローバル設定と変数を設定するための非常に長い期間のオプションであり、カスタムコードの代わりにこれらのフィールドを活用することで、最終的に実装の複雑さを軽減できます。
%dataElement% 構文を使用して任意のフィールド内のデータ要素を直接活用して、変数に動的に入力します。
ページコードのカスタマイズエディターは、プラグインや条件設定などのコードを必要とする項目に便利です。Any code placed here will work in tandem with the hosted AppMeasurement code / s_code .
ページレベルコードの移行
次の移行手順は、DTMルールの非グローバルコードを設定することです。
ここでは、各ルールタイプの概要と、Adobe Analyticsトリガーの設定に関する一般的な使用方法について説明します。
ルールタイプ 詳細
ページ型ルール
すべてのページまたは特定のページのデフォルトのページビュービーコンに変数を付加するために使用します。 使用例: プロモーションページの読み込み時に特定のeVarを送信する。
イベント型ルール
Use to trigger a s.t() or s.tl() beacon on specific user interactions. 使用例: ポップオーバーが有効なときに特定のイベントでカスタムページビュービーコンを送信する。
ダイレクト型ルール
Use to trigger a s.t() or s.tl() beacon in scenarios when DOM event can' be detected. 使用例: ビデオが視聴されたときに s. tl() ビーコンを特定のイベントと共に送信する。
移行のベストプラクティス に従ってください。
前の節で説明したように、Adobe Analyticsコードを移行する際には、次のベストプラクティスを覚えておくことが重要です。
  • 体系的なプロセスの開発
  • 低レベルステージング環境で開始して、移行を完全に把握
  • コードを削除するための早期ITの使用
プログレッシブ移行の考えられるアプローチは、まだ完全に移行されていないページを識別するためのフラグを決定することです。This flag can then be leveraged in the Customize Page Code editor in the tool settings to conditionally cancel the default DTM beacon on those pages by setting 's.abort = true' .
このアプローチは、Analyticsツールビーコンにのみ影響します。Adobe Analyticsを実行するように設定されたルールは、ルール自体に適用する必要があります。
実稼動環境で活用する前に、この方法をステージング環境で完全にご利用ください。

Benefits of a tag management system: A focus on DTM

Information about the basics of tag management and walks through how Dynamic Tag Management can specifically benefit your business.
詳しくは以下のセクションで説明されています。

What is a tag management system?

tag managementシステムは、コンテナタグを使用して、サイト上のマーケティングタグと解析タグを容易に導入および管理できるように設計されています。
コンテナタグは、サイトのマークアップに配置すると、サイト上の無数のタグをトリガーできる単一のコードスニペットです。
このアプローチにより、ITグループの負荷が減少し、マーケティング担当者の手にコントロールが配置されます。

Why Dynamic Tag Management (DTM)

Dynamic Tag Managementは前述のtag managementのアプローチを利用し、統合されたシナリオやタイミング制御を使用して、シンプルで可用性の高いデザインを通じて拡張できます。
Dynamic Tag Managementがビジネスに適しているかどうかを判断するには、次の点に注意してください。
  • サイトパフォーマンスの向上
    Dynamic Tag Managementでは、マーケティングタグと解析タグがサイトのマークアップからDTMライブラリに移動されます。これにより、DTMライブラリはファイルの圧縮と速度に最適化され、ページ読み込み時間が短縮されます。
    ただし、条件コントロールや非同期のDTMオファーの使用により、パフォーマンスがさらに向上します。
    条件付きコントロールを使用すると、必要な場合にのみタグがトリガーされ、不要なコードのデプロイメントを避けることができます。
    非同期的な読み込みでは、ページの表示が停止し、ページレンダリングの負荷が大幅に削減されます。
  • コントロールの強化、リスクの減少
    ITに依存しないで、タグを導入して管理することができます。
    これは、ベンダータグの導入に伴うコミットメントとリスクを削減し、新しいツール/タグ機能に適合するように強化されました。
    さらに、DTMには、データプライバシーポリシーへの準拠を保証し、ベンダータグがサイトに干渉しないようにすることや、サードパーティへのデータの漏洩を防ぐための組み込み機能があります。
  • より高速かつ効率的に作業を進める
    Dynamic Tag Managementは、行動中心型のアプローチを採用し、包括的な統合とデータ中心化を活用して、タグのデプロイメントを容易にします。
    行動中心のアプローチでは、各タグを個別に展開するのではなく、特定の動作に基づいて、無数のツール/タグを同時にデプロイできます。
    DTMの組み込み統合により、Adobe AnalyticsやGoogle Analyticsなどのツールを容易に設定できるので、広範なカスタムコードを必要としなくなります。
    データ要素は、共通のデータポイントを一元化し、コードの冗長性を減らして、データ参照時間を最適化します。
    これらの機能により、時間と不満が節約され、タグのデプロイメントに集中してビジネスを進めることができます。
  • Dynamic Tag Managementを無料で使用する
    ただし、Adobe Experience Cloudお客様の場合、Dynamic Tag Managementは無料です。
    詳しくは、アドビのアカウントマネージャーにお問い合わせください。