Show Menu
トピック×

Library management

この記事では、Dynamic Tag Managementのライブラリ管理設定のフィールドとオプションについて説明します。
*プロパティ​* > Edit Tool > Library Management
1つのWebプロパティで複数のAdobe Analyticsツールを使用する場合、各ツールには一意のトラッカー変数名が必要です。1 つの Web プロパティ内で使用する Adobe Analytics ツール間にオブジェクト変数名の重複があると、競合が発生します。

既存のページコードがある

This prevents Dynamic Tag Management from installing Adobe Analytics page code if the code is already present on your site.
この機能により、一から開始するのではなく、既存の実装に追加する形で Dynamic Tag Management を使用できます。このボックスをチェックする場合は、トラッカー変数名を適切に設定してください。

< Page Top または​ Page Bottom

ページコードを読み込むタイミングと位置を指定します。何を選択する場合にも、Analytics ツールを使用するすべてのルールで同じ設定を選択する必要があります。

アドビが管理(推奨)

Dynamic Tag Management によるライブラリの管理を有効にします。
このオプションを選択すると、次のオプションを使用できるようになります。

ライブラリバージョン

Select the latest version from the Library Version menu. 新しいバージョンが利用可能になったときに、Dynamic Tag Managementによって通知されます。また、必要に応じて前のバージョンに戻ることもできます。

カスタム

ライブラリコードを設定できます。
このオプションを選択すると、次のオプションを使用できるようになります。

次のカスタムコードを使用してレポートスイートを設定

When this box is checked, Dynamic Tag Management looks for a variable in your custom code called s_account . この変数には、データの送信先となるレポートスイートのリストを、コンマ区切りで設定する必要があります。

ホストするコード

Choose an option to host the s_code:
  • DTM :Dynamic Tag Management 内で s_code をホストできます。Click Edit Code to cut and paste the file directly into the editor.
  • URL 指定 :適切な s_code ファイルが既に存在し、それを更新するプロセスに満足している場合、ここでそのファイルの URL を指定できます。Dynamic Tag Management then consumes that s_code file for its implementation of Adobe Analytics.

編集画面を開く

Lets you insert core AppMeasurement code . This code is populated automatically when using the automatic configuration method described in Adobe Analytics Settings .

トラッカー変数名

If you want to run two instances of Adobe Analytics in parallel (one within Dynamic Tag Management and one natively), you can rename the main s object. オブジェクト名を変更すると名前の競合を避けることができます。