Show Menu
トピック×

Adobe Tag Manager 1.0 to Dynamic Tag Management mapping

各Adobe Tag Manager1.0タグからDynamic Tag Managementタグに移行する方法。

カスタムコア JavaScipt

Tag Manager 1.0 タグ
Dynamic Tag Management
移行手順
カスタムコア JavaScipt
JavaScript / サードパーティータグ
カスタムコア JavaScript は、ルールの「JavaScript / サードパーティタグ」セクションに直接貼り付けます。ほとんどの場合、ベンダーから提供されたページコードを、追加の設定なしにタグに直接貼り付けることができます。Adobe Tag Managementのこのセクションに製品固有のコードが含まれていた場合は、Dynamic Tag Managementの該当するツールに具体的に移行する必要があります。

Product code

To convert from Demdex to the Adobe Audience Manager tool in DTM, add and configure an audience management tool.
以下のTag Manager1.0製品コードタグをAdobe Analyticsツールに変換するには:
  • SiteCatalyst
  • SiteCatalyst/Survey
  • SiteCatalyst /ビデオトラッキング
  • SiteCatalyst > Genesis 統合
次の移行手順を使用します。
Follow the instructions in Adobe Analytics Settings to add an Adobe Analytics tool in Dynamic Tag Management.

オプション 1

Managed by Adobe オプションを使用してコードをホストします。これは AppMeasurement コードの基本バージョンを使用する方法であり、指定可能な複数の最新コードバージョンの中からバージョンを選択できます。
With this option, above this line customization can be configured in the available interface fields or pasted into the Customize Page Code editor.

オプション 2

Manually host the s_code / AppMeasurement file in Dynamic Tag Management. 現状のコードに非常に多くのカスタマイズが施されている場合や、レガシーバージョンのコードが使用されている場合は、この方法をお勧めします。
  1. In Adobe Tag Management 1.0, click Edit next to the latest container file.
  2. Click Preview to view the generated file.
  3. 境界線より上 ​のコードをすべてコピーします。
これは、 s_account の宣言で始まり、最初の s.setTagContainer コマンドの前で終わる範囲全体のコードを意味します(末尾の s.setTagContainer が範囲に含まれないことに注意してください)。次に例を示します。
Paste this code into the Custom editor in the Adobe Analytics tool in Dynamic Tag Management.
次に、ATM 内の同じプレビューファイルから、境界線より下のコードをコピーします。これは、次のマークで始まるコード範囲を意味します。
‘/************* DO NOT ALTER ANYTHING BELOW THIS LINE! **************/’

ここから、2 つ目の​ setTagContainer 関数を使用します。(In this case, include the setTagContainer function, because this code should not be altered). このブロック内のコードのみを確実に含めてください。プレビューファイルのこのコードブロックの後には、「カスタムコード(製品後)」セクションに設定されていたコードがあります。適切な範囲のみをコピーするよう注意してください。以下に例を示します。
Paste the code into the same Custom editor in Dynamic Tag Management after the above this line code.
コピー&ペーストでエラーが発生する可能性があるので、必ずDynamic Tag Managementの実装を見直して、実稼動環境に公開する前に十分にテストして、期待どおりの動作が実現するようにしてください。

Custom code (after products)

1.0 カスタムコードタグ Dynamic Tag Management 移行手順
HTML
HTML
ATM の発生ルールを模倣する条件を使用して、ルールを作成します。ルールの JavaScript / サードパーティタグ エディターに、すべてのコードをコピー&ペーストします。目的に応じて、非順次 HTML または順次 HTML を選択します。
JavaScript
JavaScript
ATM の発生ルールを模倣する条件を使用して、ルールを作成します。ルールの JavaScript / サードパーティタグ エディターに、すべてのコードをコピー&ペーストします。目的に応じて、非順次 HTML または順次 JavaScript を選択します。
イメージビーコン
HTML
ATM の発生ルールを模倣する条件を使用して、ルールを作成します。ルールの JavaScript / サードパーティタグ エディターに、1.0 タグの画像 URL をコピー&ペーストします。 画像 URL を <img> タグで囲み、目的に応じて、非順次 HTML または順次 HTML として設定します。例: <img height="1" width="1" style="border-style:none;" alt="" src="imageurl"/>
リモートスクリプト
HTML
ATM の発生ルールを模倣する条件を使用して、ルールを作成します。ルールの JavaScript / サードパーティタグ エディターに、1.0 タグのスクリプト URL をコピー&ペーストします。 スクリプト URL を script タグで囲み、目的に応じて、非順次 HTML または順次 HTML として設定します。例: <script type="text/javascript" src="scripturl"></script>
iFrame
HTML
ATM の発生ルールを模倣する条件を使用して、ルールを作成します。ルールの JavaScript / サードパーティタグ エディターに、1.0 タグの iframe URL をコピー&ペーストします。 iframe URL を iframe タグで囲み、目的に応じて、非順次 HTML または順次 HTML として設定します。例: <iframe height="0" width="0" style="display:none;visibility:hidden" src="iframeurl"></iframe>
発生ルールで設定された条件が各カスタムタグ間で同じである場合、それらはDynamic Tag Managementの単一のルールに配置できます。