Show Menu
トピック×

Adobe Tag Manager 2.0 to Dynamic Tag Management mapping

このトピックでは、各Tag Manager2.0タグからDynamic Tag Managementタグへの移行方法について説明します。

Product code

  • To convert from the Tag Manager 2.0 Target product code tag to the Target tool, configure Adobe Target .
  • To convert from the Tag Manager 2.0 Audience Management product code tag to the Adobe Audience Manager tool, configure Adobe AudienceManager .
以下のTag Manager1.0製品コードタグをAdobe Analyticsツールに変換するには:
  • SiteCatalyst
  • SiteCatalyst/Survey
  • SiteCatalyst /ビデオトラッキング
  • SiteCatalyst > Genesis 統合
次の移行手順を使用します。
Follow the instructions in Adobe Analytics Settings to add an Adobe Analytics tool in Dynamic Tag Management.

オプション 1

Managed by Adobe オプションを使用してコードをホストします。これは AppMeasurement コードの基本バージョンを使用する方法であり、指定可能な複数の最新コードバージョンの中からバージョンを選択できます。
With this option, above this line customization can be configured in the available interface fields or pasted into the Customize Page Code editor.

オプション 2

Manually host the s_code / AppMeasurement file in Dynamic Tag Management. 現状のコードに非常に多くのカスタマイズが施されている場合や、レガシーバージョンのコードが使用されている場合は、この方法をお勧めします。
  1. In Adobe Tag Management 2.0, click Edit next to the latest container file.
  2. Click Preview to view the generated file.
  3. sitecatalyst JS ファイルを見つけて、をクリック See content ​します。
  4. 境界線より上 ​のコードをすべてコピーします。
これは、 s_account の宣言で始まり、最初の s.setTagContainer コマンドの前で終わる範囲全体のコードを意味します(末尾の s.setTagContainer が範囲に含まれないことに注意してください)。次に例を示します。
Paste this code into the Custom editor in the Adobe Analytics tool in Dynamic Tag Management.
Then, from the same preview file in ATM, copy the below this line code. これは、次のマークで始まるコード範囲を意味します。
‘/************* DO NOT ALTER ANYTHING BELOW THIS LINE! **************/’

ここからファイルの末尾までが該当範囲です。以下に例を示します。
Paste the code into the same Custom editor in Dynamic Tag Management after the above this line code.
コピー&ペーストでエラーが発生する可能性があるので、必ずDynamic Tag Managementの実装を見直して、実稼動環境に公開する前に十分にテストして、期待どおりの動作が実現するようにしてください。

Custom code

2.0 カスタムコードタグ Dynamic Tag Management 移行手順
HTML
HTML
ATM の発生ルールを模倣する条件を使用して、ルールを作成します。ルールの JavaScript / サードパーティタグ エディターに、すべてのコードをコピー&ペーストします。目的に応じて、非順次 HTML または順次 HTML を選択します。
JavaScript
JavaScript
ATM の発生ルールを模倣する条件を使用して、ルールを作成します。ルールの JavaScript / サードパーティタグ エディターに、すべてのコードをコピー&ペーストします。目的に応じて、非順次 HTML または順次 JavaScript を選択します。
リモートスクリプト
HTML
ATM の発生ルールを模倣する条件を使用して、ルールを作成します。ルールの JavaScript / サードパーティタグ エディターに、2.0 タグのスクリプト URL をコピー&ペーストします。 スクリプト URL を script タグで囲み、目的に応じて、非順次 HTML または順次 HTML として設定します。例: <script type="text/javascript" src="scripturl"></script>
iFrame
HTML
ATM の発生ルールを模倣する条件を使用して、ルールを作成します。ルールの JavaScript / サードパーティタグ エディターに、2.0 タグの iframe URL をコピー&ペーストします。 iframe URL を iframe タグで囲み、目的に応じて、非順次 HTML または順次 HTML として設定します。例: <iframe height="0" width="0" style="display:none;visibility:hidden" src="iframeurl"></iframe>
発生ルールで設定された条件が各カスタムタグ間で同じである場合、それらはDynamic Tag Managementの単一のルールに配置できます。