Show Menu
トピック×

Dynamic Tag Management への移行

Dynamic Tag Managementには、標準的なJavaScript実装またはTag Manager実装から移行するためのいくつかのオプションが用意されています。

Analytics - Migrate using existing page code

Dynamic Tag Managementでは、導入した既存のページコードを使用できます。この設定では、重複を避けるため、Adobe Analytics のタグが追加されなくなりますが、既存のページコードを流用し、ルールの利用による実装の拡張が可能です。古いコードをサイトからすべて削除するまで待つ必要はありません。
レガシーコードが削除されると、このボックスの選択を解除するだけで、Dynamic Tag ManagementはAnalyticsページコードのデプロイを開始して、待機することなくすぐにDynamic Tag Managementのメリットを得ることができます。

Configure a second instance

Dynamic Tag Managementを使用すると、完全に個別のAnalytics実装を作成し、元のままにして、それらを並行して実行することができます。To do this, you can simply rename the main s object for Analytics for the new installation.
Analyticsオブジェクトの名前を変更すると、両方の実装を実行できます。元のものと同じです。