Show Menu
トピック×

以前のリリースノート

Dynamic Tag Managementの過去のリリースノートです。
最新のリリース情報については、 現在のリリースノート を参照してください。

2016 年 4 月 21 日

Dynamic Tag Managementの2016年4月22日リリースには、次の変更が含まれています。
新機能
機能 説明
Experience Cloudのナビゲーションとメニューの変更
Adobe Experience Cloud Spring 2016リリースの一部として、すべてのソリューションインターフェイスの上部に表示される、トップレベルのナビゲーションメニューが新たに追加されました。 新しいインターフェイスでは、次の操作が可能です。
  • ソリューション間でのシングルクリックによるナビゲーション: 独自に作成したデフォルトのランディングページを選択するか、ソリューションスイッチャーウィジェットを使用します。
  • 通知機能の向上: 投稿、メンション、アセットの共有、システム更新など、組織のナビゲーションウィジェット間で発生するイベントの通知が届きます。
  • 新しくなったフィード: フィードページが再設計され、マーケター間のクロスチャネルコラボレーションのための、より高品質なプラットフォームとして機能します。
See What's New in the Adobe Experience Cloud - Spring 2016 in the Experience Cloud and Core Services Product Documentation .

March 30, 2016

2016年3月31日
Dynamic Tag Managementの2016年3月31日リリースには、次の変更が含まれています。
新機能
機能 説明
CSS セレクター
CSSセレクターを使用す ると、DTMルールビルダーを終了することなく、イベント型ルールのトリガーとして使用するCSS要素をすばやく簡単に選択できます。
詳しくは、CSSセレクターの 使用を参照してくだ さい。
ユーザーグループを使用してツールアクセスを制限する
グループメンバーシップを使用して、ツールの作成または変更と、ルール内の関連するツール設定に対するユーザーの権限を制限します。
ログインをExperience Cloudに制限
「Experience Cloud に制限」 オプションを使用すると、従来のログインプロセスと会社のログインプロセスではなく、 Adobe Experience Cloudの 資格情報を使用して、会社内のすべてのユーザーにDynamic Tag Managementへのログインを強制できます。
修正点および機能強化:

February 4, 2016

Dynamic Tag Managementの2016年2月5日リリースには、次の変更が含まれています。
修正点および機能強化:
  • イベントをオプションと共に使用する場合にルールが実行されない問題を修正しました Element Exists​Manually Assigned Properties & Attributes 。 (DTM-6681)
  • 同じHTML要素に一致するすべてのルールで、 Enter Viewport トリガー条件が考慮されない問題を修正しました。 (DTM-7108)
  • jQuery未定義エラーメッセージが表示されてページがアンロードされる問題を修正しました。 (DTM-7116)
  • 承認プロセス中に表示されるおよび Original​Modified エディターの表示に、不一致のコンテンツが含まれる場合がある問題を修正しました。 (DTM-7180)
  • データ要素を操作する際にMCID認証エラーが発生する問題を修正しました。 (DTM-7233)

January 14, 2016

Dynamic Tag Managementの2016年1月15日リリースには、次の変更が含まれています。
新機能
機能 説明
プロパティ発行に関する管理者通知
管理者は、Webプロパティの1つが発行されたときに電子メール通知を受け取れるようになりました。 電子メールには、プロパティの時間と名前が含まれます。
「アカウント設定の 管理」を参照してくだ さい。
相対的なホスト名
ステージングおよび実稼働用ライブラリのホスティングでは、相対的なホスト名を指定できます。
Nielsen ツール
Nielsenツールを作成し、自動または手動でページコードを設定することで、Dynamic Tag Managementを使用したNielsen追跡を有効にできます。 導入する場合は、自動的にページコードを設定することをお勧めします。
修正点および機能強化:
  • 複数のカスタムイベントルールを使用している場合に、最初のルールのみが実行される問題を修正しました。 (DTM-7026)
  • 一部の顧客のメインライブラリが読み込めない問題を修正しました。 (DTM-7130)
  • Internet Explorer 9で、ブラウザーまたはブラウザータブのフォーカスが失われてから再び移った後に、Nielsenのページ滞在時間カウンターが一時停止のままになっていた問題を修正しました。 (DTM-7033)
  • Internet Explorer 8では、フォーム内の人間でない検出メカニズムが正常に機能しません。 IE 8はサポートされなくなったため、この問題は修正されません。 この問題が発生する場合は、ブラウザをアップグレードしてください。 (DTM-7101)

November 17, 2015

Dynamic Tag Managementの2015年11月18日リリースには、次の変更が含まれています。
新機能
機能 説明
イベント型ルールの新しいイベントタイプ
イベント型ルールの次の新しいイベントタイプを追加しました。
  • その他/経過時間
  • ブラウザー/タブフォーカス
  • ブラウザー/タブぼかし
修正点および機能強化:
  • Dynamic Tag Managementで、Microsoft Internet Explorer 8で致命的なエラーが発生する問題を修正しました。 DTM-7022

September 22, 2015

Dynamic Tag Managementの2015年9月23日リリースには、次の変更が含まれています。
新機能
機能 説明
Experience Cloud訪問者IDサービスツール
最新のライブラリバージョン(1.5.2)では、顧客IDのサポートが強化され、認証状態のサポートが追加され、マルチソリューションの統合が強化されます。
この最新バージョンは、DTMを介したExperience Cloud訪問者IDサービスの現在のデプロイメントとの互換性が完全に確保されます。 すべてのユーザーがこのアップデートのメリットを享受できるように、アドビでは、新しいExperience Cloud IDサービスライブラリにアカウントを自動的に移行します。
この移行により、DTMのExperience Cloud訪問者IDサービスツールに追加機能が追加されます。 公開前に、ステージング環境でこの更新をテストすることをお勧めします。
DTMチームは、お客様に付加価値を提供しようと努力しており、Experience Cloud訪問者IDサービスツールのアップデートで実現されると確信しています。
詳しくは、 Marketing Cloud ID サービスの設定 を参照してください。
修正点および機能強化:
  • 他の会社ーのユーザーグループが削除される原因となっていた、ユーザーグループの編集時の問題を修正しました。
  • 非順次HTMLコードを使用するルールのセキュリティ上の問題を修正しました。 Webプロパティを再公開して修正を有効にしてください。

September 3, 2015

2015 年 9 月 17 日
新機能
機能 説明
グループ管理
グループ管理を使用すると、ユーザーを整理し、アクセスレベルを管理しやすくなります。 権限はユーザーグループレベルで設定されるので、グループ内のすべてのユーザーは、プロパティへのアクセス権を含むグループ権限を継承します。
詳しくは、次を参照してください。
修正点および機能強化:
  • Satelliteライブラリのデプロイメントを改善しました(2 ~ 5倍の速度向上)。 多数のルールを持つお客様、または多くのサードパーティタグをデプロイするお客様は、これらの変更のメリットを大きく享受できます。
  • Akamaiへのアップロード速度が向上しました(最大5倍高速化)。
  • すべてのルールリストページの読み込み速度を改善(2倍高速化)。
  • 一部のページがInternet Explorerで読み込めない(ポップアップエラーメッセージが表示される)問題を修正しました。

July 8, 2015

新機能および機能強化
機能 説明
イベント タイプ
新しいイベントタイプを使用して、単一ページアプリでイベント型ルールをトリガーできます。
新しいイベントタイプとして、「 カスタム 」および「 pushState または hashchange 」が追加されました。
イベントタイプ 」を参照してください。
修正点および機能強化:
  • Google Universal Analytics ツールでユーザーがデータ要素のアカウント ID を設定できなかった問題を修正しました。
  • Fixed an issue in the Google Universal Analytics tool that suppressed rule beacons if the Page Code is Already Present check box is selected.

July 8, 2015

Dynamic Tag Managementの2015年7月9日リリースには、次の変更が含まれています。
新機能および機能強化
機能 説明
イベント タイプ
新しいイベントタイプを使用して、単一ページアプリでイベント型ルールをトリガーできます。
新しいイベントタイプとして、「 カスタム 」および「 pushState または hashchange 」が追加されました。
イベントタイプ 」を参照してください。
修正点および機能強化:
  • Google Universal Analytics ツールでユーザーがデータ要素のアカウント ID を設定できなかった問題を修正しました。
  • Fixed an issue in the Google Universal Analytics tool that suppressed rule beacons if the Page Code is Already Present check box is selected.

June 8, 2015

Dynamic Tag Managementの2015年6月9日リリースには、次の変更が含まれています。
修正点および機能強化:
  • 一部のiOS Safariブラウザーで、localStorageオプションがユーザーによって制限されている場合にエラーが発生する問題を修正しました。

April 23 2015

Dynamic Tag Managementの2015年4月24日リリースには、次の変更が含まれています。
新機能および機能強化
機能 説明
データ要素
データ要素に関する機能が次のとおり強化されました。
  • Webプロパティや会社間でデータ要素をコピーできるようになりました。
  • データ要素の一括コピー、アクティブ化、非アクティブ化、削除が可能になりました。
  • データ要素を設定する際に、ユーザーが cleanText オプションを選択できるようになりました。
    このオプションを指定すると、Dynamic Tag Managementで、戻り値の先頭と末尾の空白が削除され、戻り値の途中にある空白がすべて1個のスペースに置き換えられます。 このオプションは、データ要素の値を正規化して一致させやすくするのに役立ちます。

April 7 2015

新機能および機能強化
機能 説明
一部のみの公開
Web プロパティを作成すると、「 一部のみの発行を可能にする 」オプションがデフォルトで設定されます。
修正点および機能強化:
  • Added localization enhancements for the Adobe Analytics tool UI (Premium, Standard, and Point).
  • 新しいアドビのブランディングに合致するように、ブラウザーのアドレスバーに表示される favicon アイコンを更新しました。

March 24 2015

新機能および機能強化
機能 説明
Adobe Analytics Premiumとの統合
Adobe Analytics Premiumのお客様は、 Dynamic Tag Managementを使用して高度な機能や追加のeVarおよびイベントを利用できます。
注意: 自動 設定を使用しない場合、Dynamic Tag Managementでは Adobe Analytics Standardアカウントとして扱われ ます。
修正点:
  • Adobe Analytics ツールの変数およびイベントインターフェイスが更新され、選択をオートコンプリートできるようになりました。また、Analytics Premium アカウント用の追加された eVar およびイベントにアクセスできるようになりました。See Add Adobe Analytics Tool .
  • Fixed an issue where the Store Path option for FTP library deployments wasn’t updating for production libraries when using nested directories.
  • データ要素が更新され、ハイフネーションされた名前をサポートするようになりました。
  • Fixed an issue where the column indicator in the Rules table displayed for a rule, even if the tool was deleted.
  • Updated the Sequential HTML code option to be available for page-load rules only. このオプションは、イベント型ルールには表示されません。A notice displays with a Sequential HTML tag on an event-based rule to notify users to change the tag before the rule can be saved.
  • Fixed an issue where the Sign in with Adobe ID login option wasn’t allowing users to sign in as a different user. ユーザーは、「」をクリック Sign in with a Different Adobe ID して現在の Experience Cloud ユーザーとしてログアウトし、アドビのログインページにリダイレクトできます。

February 10 2015

修正点:
  • JavaScript ライブラリに Amazon ホスティングを使用しているすべての会社管理者に対して、廃止を警告するメッセージが表示されるようになりました。
  • document.write を使用できないインスタンスに対するエラー処理を改善しました。
  • 様々なローカリゼーションの問題に対処して、サポート言語のユーザーエクスペリエンスを向上しました。
  • Fixed an issue where the Channel field wasn’t included in rules specifying a s.tl() call in Adobe Analytics.
  • ルールが変更されるまで、コピーされたルールがステージング用ライブラリに自動的に追加されなかった問題を修正しました。
  • パラメーターが存在しない場合でも、「parameters」条件オプションを使用するルールで正規表現が実行される問題を修正しました。

January 13 2015

修正点:
  • Dynamic Tag Management no longer overrides global variables with the name window.t .
  • Firefoxがブラウザーで右クリックイベントハンドラーを誤ってトラップし、クリックベースのルールを起動する問題を修正しました。

November 13 2014

機能 説明
アドビは、Dynamic Tag Managementと Adobe Media Managerの統合を次の点で強化し ました。
  • 最新(v3)のMedia Managerタグのデフォルト配信
  • データ要素ベースのSKUのサポート
  • 不要なビーコンの抑制
  • マイナーな機能強化
修正点および改善点
  • 2014年10月31日の Adobe Media Optimizer 統合のリリース後、ルールのコピーが機能しない問題を修正しました。
  • Experience Cloud IDツールで、一般設定と顧客が指定したIDに名前と値のペアを指定できるようになりました。
  • Experience Cloud IDツールに、最初のAPI呼び出しをトリガーするオプションが追加されました。 この呼び出しは、既にお客様のコードに含まれる、この呼び出しを現在トリガーしないアドビソリューションのサポートを有効にします。
  • 特定のバージョンのInternet ExplorerでDynamic Tag Managementによって追跡されるブラウザーのバージョンが、ではなく、として返される問題 Unknown を修正しました Internet Explorer
  • 特定のWebプロパティにインストールされているツールのリストの最初にアドビツールが表示されるようになりました。

October 30 2014

Dynamic Tag Managementの統合が次の点で強化され Adobe Media Optimizerました。
  • 最新(v3)のMedia Managerタグのデフォルト配信
  • データ要素ベースのSKUのサポート
  • 不要なビーコンの抑制
  • マイナーな機能強化

October 28 2014

2014年10月29日にリリースされたDynamic Tag Managementの新機能:
機能 説明
アドビターゲットの統合
Adobe ターゲット ツールが更新され、Dynamic Tag Managementを介した自動デプロイメントが可能になりました。
設定について詳しくは、 Adobeターゲット の設定を参照してください。
Google Universal Analytics Premiumの機能を有効にする
ツールにGoogle Universal Analyticsのプレミアム機能のチェックボックスを追加しました(一般グループ)。 このオプションを使用すると、ディメンションと指標の最大値を20から200に増やすことができます。
修正点および改善点
  • トラッキングサーバーの値がDynamic Tag Managementによって自動的に決定され、 Adobe Analytics ツールで誤った値が設定される場合がある問題を修正しました。
  • 復元されたデータ要素の名前に「(Restored)」が付いていると、そのデータ要素への以前の参照が壊れる問題を修正しました。 (データ要素を復元すると、既存のデータ要素と名前が競合する場合にのみ、追加された値が追加されるようになりました)。
  • クリックイベントでイベント型ルールをトリガーする場合に発生する問題を修正しました。 クリックイベントで、HREFのないアンカータグにリンクの遅延アクティベーションがあった場合、この問題によりブラウザーが強制的に空のHREFの場所に移動しようとしました。
  • Analyticsツールに対する変更が拒否され、その後復元された場合に、Dynamic Tag ManagementでAnalyticsツールに設定されたグローバル変数が保存されなくなる問題を修正しました。
  • ライブラリの生成プロセスでパフォーマンスが大幅に向上し、特にピーク時の実稼働環境で変更が表示されるまでの待ち時間が短くなるはずです。
  • 大量のデータが存在する場合に、会社管理者がアクティビティログをCSVにエクスポートできない問題を修正しました。
  • CSSセレクターベースのデータ要素で、カスタムHTMLデータ属性を使用する機能が追加されました。

August 21 2014

修正点および改善点:
  • Dynamic Tag Managementのヘルプのランディングページは、次のURLに変更されました。
    ブックマークを更新してください。
  • 以前無効にしたプロパティを再度有効にすると、承認されたすべての項目が直ちに発行される問題を修正しました。 適切な権限を持つユーザーが発行要求を明示的に要求しない限り、プロパティは有効になりますが、発行済みアセットは影響を受けません。
  • Dynamic Tag Managementのカスタムコードエディターで、表示されたコードの最後の数行が正しく表示されない問題を修正しました。
  • ツールを以前のバージョンに戻しても、そのツールのすべての設定が元に戻らない問題を修正しました。
  • ユーザーは、データ要素が返されて使用される前に、データ要素の値を自動的に小文字に変換するように指定できるようになりました。
  • Dynamic Tag Managementエンジンの競合状態が原因で、オーディエンス管理にデータが正しく送信されない問題を修正しました。

August 7 2014

新機能:
機能 説明
Experience Cloud ID サービス
Dynamic Tag Managementを使用した Experience Cloud IDサービスのデプロイメントを自動化できます。
Dynamic Tag Managementヘルプの Experience Cloud IDサービス を参照してく ださい
修正点および改善点:
  • Dynamic Tag Managementのヘルプのランディングページは、次のURLに変更されました。
    ブックマークを更新してください。
  • アカウントを以前のバージョンに戻すと404エラーが発生する問題を修正しました。 Analytics
  • 承認者が承認可能な項目を確認しながら以前のバージョンの詳細を表示しようとすると、適切なセクションが展開できない問題を修正しました。
  • 訪問者名前空間のために、 Adobe Analytics ツール設定のサポートを追加しました。
  • Dynamic Tag Management全体で使用されるコードエディターをアップグレードし、非常に長いコード行のサポートなどの追加機能を提供します。
  • ルールUIで設定されたイベントが、ルールを使用するように設定されている場合に、データ収集の一部として送信されない問題を修正しました Analytics s.t()
  • 強制的に小文字に変換オプションがGoogleユニバーサル分析で機能しない問題を修正しました。
  • データ要素のCSSセレクターで指定したとおりに定義された属性を持たないDOM要素を指定した場合に、デフォルト値が返されない問題を修正しました。
  • ツールを以前のバージョンに戻しても、そのアカウントのすべての要素が元に戻らず、ツールの古い設定と新しい設定が混在していた問題を修正しました。 Analytics

July 24 2014

新機能:
機能 説明
Adobe Analytics アカウントとレポートスイートの同期。
レポートスイートは、 Experience Cloud ログインまたはWebサービスIDを介して自動的に同期されます。
Once the accounts are connected, Dynamic Tag Management pulls the Adobe Analytics report suite IDs and names into the tool configuration interface, allowing for increased speed in tool deployment with less possibility for user errors.
アドビが管理するMeasurement Libraryオプション。
Dynamic Tag Managementを読み込んで、基本ライブラリを直接管理できます。 Adobe Analytics管理ツールからライブラリコードを切り取って貼り付ける必要はなくなり ました。 また、この機能により、ベースコードとカスタムコードが別々に保存されるので、AppMeasurementの新しいバージョンへのアップグレード も容易になります。
カスタムコードのタイミング。
インターフェイス設定の前または後に、 Adobe Analytics コードパネルのコードを起動するかどうかを選択できるようになりました。これにより、導入の柔軟性が向上します。
インターフェイスの改善。
Adobe Analyticsの ツール ページのグループ(一般、 ライブラリ管理など)は、 Adobe Analyticsの analytics-dtm.translate.html#concept_FBA6679A0B79490F8296437F11E5E4F8 ツールページで再編成、合理化され、設定が簡略化されました。
最新リンク
質問と回答については、 FAQ for Adobe Analytics Release - 2014年7月25日 (英語)を参照してください。
See Adobe Analytics Settings for configuration information.

July 10 2014

機能および修正点:
機能 説明
管理者用の監査ログ
左側のパネル で「ログ」をクリックし、 監査ログ ページを表示します。
会社管理者は、アクセス権を持つ会社およびWebプロパティ内で発生したすべてのアクティビティのリストを表示、フィルタリングおよび書き出すことができます。 この機能は、監査とトラブルシューティングの両方の目的に役立ちます。
例えば、次の条件で表示およびフィルターできます。
  • ログイン成功
  • アカウント名
  • IPアドレス
  • 会社
  • Webプロパティ(および作成者と作成日時の確認)
  • 役割など。
ログデータを .csvに書き出すこともでき ます。
言語セレクター
Dynamic Tag Managementが、他のExperience Cloudと同じ言語(英語、フランス語、スペイン語、ドイツ語、韓国語、ポルトガル語、日本語、繁体字中国語、簡体字中国語)で使用できるようになり ました。
アカウント設定」で、「 言語 」メニューをクリックして言語を指定します。
Adobe ターゲット ツールの同期読み込み
この機能を有効にするには:
  1. ターゲット ツール設定」ページに移動します。
  2. 「Adobeターゲットライブラリを同期的に 読み込む」を有効に します。
注意: この値は、 Adobeターゲット ツールの新しいインスタンスに対してはデフォルトで有効になり、ツールの既存のインスタンスに対してはデフォルトで無効になります。
設定を 同期に変更するまで、 Adobeターゲット ツールの既存のインスタンスは、非同期で読み込まれ ます。
修正点
  • プロパティを無効にしてから有効にすると、プロパティが再有効化されたときに、承認キューの項目がシステムによって自動的に発行される問題を修正しました。
  • 会社管理者向けのメッセージを Embed タブに追加しました。 このメッセージは、誰かが明示的にクリックするまで実稼働環境にコードが発行されないことを示すリマインダーで Publish ​す。 この修正は、実稼動用ライブラリで 404 Not Found エラーが発生している一部のユーザーがまだ発行されていないので混乱を避けるために行われました。
  • 大文字と小文字が異なる同じユーザーで重複登録が可能な問題を修正しました。 (例: user@DOMAIN.com vs user@domain.com)。
  • 特定の変数またはプロパティを削除した後に、ま Adobe Analytics たは eVar ** prop 値を再度追加または編集できない問題を修正しました。
  • 承認されたツールまたは発行されたツールを拒否してからそのツールを更新しても、新しいエントリが承認キューに生成されない問題を修正しました。
  • およびの Adobe Analytics ツール設定オプションが正しい値をライブラリに生成 Always Track ** Never Track せず、データ収集に影響がない問題を修正しました。
  • 無効な正規式を入力すると、インターフェイスが壊れ、ページを再読み込みする必要があった問題を修正しました。
  • Google Analyticsイベントタグ: ルールにエラーが表示されたが、ルールを保存できない、または追加の編集ができず、ページを再読み込みする必要があった問題を修正しました。 Fill in all fields

May 15 2014

2014年5月16日の修正点と改善点:
  • カスタムコードで設定されている変数が、s.t() を使用する直接呼び出しまたはイベント型ルールで設定されない問題を修正しました。s.t() を使用する直接呼び出しまたはイベント型ルールのカスタムコード領域内に含まれるコードでは、画像リクエストが起動する前に、ビーコンに設定されている変数が正しく追加されていませんでした。
  • コマンドバーが Approvals ページの下部に固定されていた問題を修正しました。 ページ上に表示される「編集」コマンドと「拒否」コマンドを含む永続的なバーが、スクロール時にページの表示に従うのではなく、ページの下部に固定されていた問題を修正しました。 Approvals
  • 新しく作成したルールが使用されていない場合でも、 Rule List ページで使用中と表示され Adobe Analytics る問題を修正しました Adobe Analytics。
  • キューページのレイアウトの問題を修正 Selective Publish しました。 レイアウトをクリーンアップし、切り捨てられたり、ページのコンテンツ領域の境界を越えたりしないようにしました。
  • ルールの「データ要素の値」条件で、データ要素がアルファベット順に表示されるようになりました。 表示しやすいように、アルファベット順に並べられています。
  • 公開履歴の項目がページ分けされ、パフォーマンスとユーザーエクスペリエンスが向上しました。
  • パスワードのセキュリティを強化しました。 Dynamic Tag Managementアカウントのセキュリティを確保するために、認証システムに多数の機能強化が実装されました。
    • 新しいパスワードは、特定の条件(7文字以上、数字1文字以上、文字1文字以上、記号1つ以上、過去5つのパスワードのいずれも含まない)を満たす必要があります。
    • 会社の管理者は、ユーザーが最後にパスワードを変更してからどのくらい経過しているかを確認できるようになりました。
    • 会社の管理者は、ユーザーに強制的にパスワードをリセットさせることができるようになりました。
    • 5回正常にログインしないと、ブルートフォース攻撃を防ぐため、ユーザーは30分間ロックアウトされます(ユーザーまたは会社の管理者は、パスワードをリセットして即座にアクセスを再有効にできます)。

May 8 2014

2014年5月8日の修正点:
  • 値が一貫して適用されない問題を修正しました。 trackingServer の値は、Dynamic Tag Management全体ですべてのタイプの呼び出しに一貫して使用する s.TrackingServer 必要があります。また、値は、特定のWebプロパティの設定に応じて、カスタムコードまたはUIから取り出す必要があります。 (両方で設定されている場合は、UIの値が優先されます)。
  • プロパティの多数の項目が承認待ち状態である場合に、500エラーおよびタイムアウトが発生する問題を修正しました。 承認ワークフローのクエリを最適化し、多数の項目が承認待ち状態のプロパティで読み込みが速く、タイムアウト、エラーまたはページの破損が発生しないようにしました。
  • ページに「s」という名前の既存のオブジェクトが含まれている場合、Dynamic Tag Managementでエラーが発生する問題を修正しました。 Dynamic Tag Managementは、ページ上の「s」オブジェクトを Adobe Analytics 追跡用に初期化しようとします。これが原因で、Dynamic Tag Managementを使用して実装され、 Analytics Page code already exists ボックスがオンになっていない場合に競合が発生していました。 このオブジェクトは、Dynamic Tag Management内でローカルにスコープされるので、どのカスタムコードシナリオでも機能しますが、ページ上のコードとは競合しません。
  • ツールやルールで階層を管理する方法を改善しました。例えば、非順次階層をツールやルールで一緒に使用できるようにしたり、ツールやルールで同じ階層を複数回設定できないようにするなどです。 Adobe Analytics

April 28 2014

2014年4月29日の修正点
  • 直接呼び出しと、ページ表示(使用)を送信するように設定されたイベント型ルールで、カスタムコードが実行されない問題を修正しました s.t()。

April 17 2014

2014年4月18日の修正点
  • 既に削除されているルールに関連付けられたデータ要素を削除するとエラーが表示される問題が修正されました。
  • データ要素に基づくルールに条件を追加した場合に、メニューに削除したデータ要素が表示され続ける問題が修正されました。
  • Google Universal Analyticsルールのフィールドと値が、ルールが変更されていない場合でも、承認表示 modified でと同じように表示される問題を修正しました。 この問題は、新しいルールでも発生していました。
  • Google Universal Analyticsではミリ秒で設定できないが、Google Universal Analyticsツールの設定でcookieのタイムアウトをミリ秒で設定できる問題を修正しました。
  • AdLens Media Optimizer  に変更しました。
  • %構文を使用して、値の送信先のデータ要素のポップアップリストを表示できるようになり Media Optimizerました。
  • ツールリストのスタイルが変更され、長い名前を持つツールに適した表示になり、読みやすさが向上しました。

April 8 2014

2014年4月9日の修正点
  • 外観を改善するために、 Forgot Password ページのスタイルを修正しました。
  • 承認/発行されたルール条件が実稼働用ライブラリから削除され、ステージングで削除されると削除される問題を修正しました。
  • 表示されるルールが3つ未満の場合に、 Actions​Rule List ページのメニューの下部が切れていた問題を修正しました。
  • ページ上のデータ要素を作成ボタンの配置を修正しました Data Elements 。
  • ページ上の「新しいスケジュールを作成」ボタンの配置を修正し Scheduling ました。
  • 長いルール名が Selective Publish ページを区切る問題を修正しました。
  • 変数の値を削除すると、場合によってはUIが壊れ、修正のためにページを更新する必要があった問題を修正しました。 Adobe Analytics

April 3 2014

2014年4月4日の機能
機能 説明
Google Universal Analyticsのサポート。
Google Universal Analyticsのネイティブサポートが追加され google-universal-analytics.translate.html#concept_224428EBB8E4466B93328EC5AE87FF04ました。
Google AnalyticsからGoogle Universal Analyticsへのアップグレード
Airlock JSライブラリが統合され、既存のすべてのGA呼び出しをGoogle Universal Analyticsに自動変換できるようになりました。
2014年4月4日の修正点:
  • ツール設定で Page code is already present Adobe Analytics ボックスが有効になっている場合に、特定のシナリオでクリックが追跡されない問題を修正しました。
  • ステージングで、追加または変更されたものだけでなく、すべての承認可能なものがデプロイされる問題を修正しました。 この問題は、ステージング用アップデートの表示に遅延が生じる可能性があります。
  • とが、既存の値(に設定され linkTrackVars た値など linkTrackEvents s_code)に追加されるのではなく、ルールによって上書きされる問題を修正しました。
  • データ要素を編集する際に、データ要素名での特殊文字(角括弧など)の使用が原因で例外が発生する問題を修正しました。
  • ライブラリのダウンロードバンドルに長時間の共有暗号鍵(Shared Secret)が使用されると例外(500 Server Errorと表示される)が発生する問題を修正しました。
  • 変数が正しくない大文字でライブラリに発行され、インターフェイスからの対応する設定がページの読み込み時に無視される問題を修正しました。 cookieLifetime

March 11 2014

2014年3月12日リリースの修正点:
  • アップロードの完了後にテストファイル( ftp_test.txt)がFTP/SFTPサーバーに残る問題を修正しました。 このファイルは、ユーザーの資格情報の検証機能をテストする目的でのみ使用され、実際にDynamic Tag Managementで必要とされるものではないので、アップロードが完了すると削除されるようになりました。
  • FTP/SFTPのカスタムポートが保存されない問題を修正しました。

March 6 2014

2014年3月7日リリースの機能および修正点:
機能 説明
SFTPのサポートを追加しました。
Dynamic Tag Managementで、セキュアFTP(SFTP)を使用したクライアントのサーバーへの発行済みファイルの送信がサポートされるようになりました。
階層区切り文字のサポートを追加しました。
Adobe Analyticsにデータを送信するルールで階層が使用されている場合、区切り文字を指定できるようになり ました。 (以前は、すべての階層はコンマ区切りで、その他の区切り文字はカスタムコードを使用する必要があったという動作でした)。
修正点
  • 古いIEブラウザーでのSVG画像の問題を修正しました。 古いIEブラウザー(IEバージョン9より前)でSVG画像をクリックするとエラーが発生し、ブラウザーがクラッシュする場合がありました。
  • 直接呼び出しルールでのカスタムリンクの問題を修正しました。 直接呼び出しルールでカスタムリンクを使用すると、ブラウザーでJavaScriptエラーが発生していました。
  • データ要素のルール条件が誤った名前を参照する問題を修正しました。 ユーザーがデータ要素の名前を変更し、そのデータ要素がルール条件で参照されていた場合、そのルールは、そのデータ要素に対して、最も新しく指定された名前を使用しようとします。 この問題は、名前の変更がまだ発行されていない場合でも発生していました。
  • HREF属性を持たない要素がクリックされるとエラーが発生する問題を修正しました。 この問題は、ページ上のクリックされた要素を自動的に追跡しようとするDynamic Tag Managementエンジンの「リンカーリンク」機能に関するものです。 HREFのない要素でエラーが発生していた問題を修正しました。 現在は、「リンカーリンク」コードは、クリックを追跡する前に、要素がアンカータグであるかどうかを確認します。

February 4 2014

2014年2月5日リリースの修正点:
修正された問題 説明
Webプロパティの設定で無効なURLが受け入れられる問題を修正しました。
ユーザーがWebプロパティに無効なURLを入力できた。 現在は、有効なURLが必要です。
デプロイフックURLからポートが削除される問題を修正しました。
デプロイフックURLにデフォルト以外のポートが含まれている場合、HTTP呼び出しが行われる前にポートが削除されます。 この問題により、デプロイフック通知が誤ったURLに送信されていました。

January 28 2014

2014年1月29日リリースの修正点:
修正された問題 説明
Adobe Analyticsの 変数がインターフェイス内で互いに上書きする問題を修正しました。
ユーザーが複数の Adobe Analytics 変数を設定しようとすると、誤って変数が上書きされていた問題を修正しました。 (例えば、ユーザーがprop22を設定した後、prop2を設定したとします。 prop22は表示されなくなり、prop2に誤った値が含まれます)。
注意: この問題はインターフェイスに表示されていましたが、既存のコードまたはデータ収集には影響しませんでした。 つまり、ルールやツール設定を保存する前に変数が上書きされていない場合は、この問題の影響を受けませんでした。
長いアカウントIDを使用すると、ツールリストの右側が切り捨てられる問題を修正しました。
1つ以上のツールの長いアカウントIDをWebプロパティに設定すると、ツールリストが切り捨てられ、そのツールを編集できなくなります。

January 21 2014

2014年1月22日リリースの修正点:
修正された問題 説明
スケジュール機能のUIのバグを修正しました。
スケジュール機能には、要素のスタイルなどに関する多くのUIバグがありました。 現在は修正されている
ユーザーは、 Adobe Analytics ツールでグローバルキャンペーンを正しく設定できるようになりました。
ツールを保存する際に、 Adobe Analytics ツールで設定したキャンペーン値が保持されない問題を修正しました。
ツールヒントのフォーマットを修正しました。
ツールヒントに関する表示フォーマットの問題を修正しました。

January 16 2014

2014年1月17日リリースの修正点:
修正された問題 説明
Akamaiホスティングが、新しいWebプロパティのデフォルトの埋め込みオプションです。
Dynamic Tag Managementのお客様により信頼性の高いホスティング機能を提供するため、外部ホスティングオプションをAmazon S3からAkamaiに移行します。 現在Amazon S3ホスティングをご利用のすべてのお客様に、Akamaiへのトランジションを可能な限り早く行うことをお勧めします。Akamaiのグローバルな分散ネットワークを利用してパフォーマンスを向上させることをお勧めします。
2014年1月15日以降に 新規会社 を作成した場合は、デフォルトで外部ホスティングオプションとしてAkamaiが使用されます。
2014年1月15日より前に作成された会社は、AkamaiとAmazon S3のどちらかを選択できます(2014年12月31日まで)。 2014年1月15日より前にDynamic Tag Management会社内で作成した新しい プロパティには 、Amazon S3とAkamaiのどちらかを選択することもできます。
Amazon S3からAkamaiへの移行について詳しくは、Akamai Hostingを参照して ください
ページ分割されたユーザーリスト。
会社とWebプロパティのユーザーリストがページ分割されるようになりました(会社またはWebプロパティのユーザー数が25人を超える場合)。 この変更は、ユーザーエクスペリエンスとプラットフォームのパフォーマンスの両方を改善するために行われました。
会社管理者はWebプロパティを削除できます。
この操作を行う場合は注意が必要です。Webプロパティを削除すると、すべてのツール、ルールおよび設定が削除され、元に戻すこ とができなくなるため
カスタムの Adobe Analyticsコードを含む複数のルールが正常に実行されるようにな りました。
以前は、複数のページ型ルールが実行され、すべてのルールに Adobe Analyticsのカスタムコードが含まれていた場合 、1つのルールのみが有効になりました。
ルールのバッチ非アクティブ化が機能するようになりました。
ルールのバッチ非アクティブ化が実行されたとUIに表示され、実際にはライブラリで非アクティブ化されていなかった問題を修正しました。
ログインページの外観が変更されました。
Adobe IDを使用したログインで、 marketing.adobe.comのログインページと同じ外観になり ました。
重要でない電子メールのオプトアウト。
ユーザーの アカウントの設定 ページに、承認および発行の通知、メモの作成など、重要でない電子メールに対するオプションが表示されるようになりました。 新しい会社への招待、プロパティ、パスワードリセットなど、重要な電子メールは、引き続き送信されます。

November 19 2013

次の表に、このリリースのリリースノートおよび修正点に関する情報を示します。
修正された問題 説明
データ要素が ターゲット ルールで正しく機能しない ターゲットルールのデータ要素参照がリテラル値(例: "%FirstName%" )がリクエストに対して送信されました。
無効なregexが原因でライブラリの保存に失敗する ルール条件で使用されている無効な正規式が原因で、ライブラリの更新が正常に保存されない問題を修正しました。
エンジンの新しいプロパティ: isStaging エンジンに新しいプロパティが追加されました( _satellite.isStaging )。 このプロパティは、ステージング用ライブラリが現在のページに読み込まれたライブラリであるかどうかを示します。
Trueは、ステージング用ライブラリが読み込まれたことを示します。
False は、本番用ライブラリが読み込まれたことを示します。

November 12 2013

次の表に、このリリースのリリースノートおよび修正点に関する情報を示します。
修正された問題 説明
削除したツールがルールに表示されなくなりました。 削除されたツールが「 ルール」 タブに表示されていた問題を修正しました。
サイト滞在時間の条件で、条件演算子が使用できるようになりました。 以前は、サイト滞在時間の基準では、一致する正確な分数のみを指定できました。 サイト滞在時間は、時間ベースのシナリオで制御を強化するために、大なり記号(<)および小なり記号(>)をサポートするようになりました。
Adobe Analyticsルールでイベント76 ~ 100を使用できるようになりました。 以前は、インターフェイスにイベント1 ~ 75が表示されていました。 現在は、イベント76 ~ 100がサポートされ、 Analyticsで使用できる機能と一致し ます。
新しい Analytics がs_codeを持たないツールをインストールしても、エラー は表示されません。
以前は、新しい Analytics ツールインスタンスを作成する場合、 s_codeをツールに追加しないと、403/Forbiddenエラーがコンソールに表示されていました。 このエラーは、Dynamic Tag Managementが存在しないファイルを要求していたことが原因で発生していました。
現在は、 Analytics ツールが作成されるたびに、s_codeに役立つコメントとSatelliteエンジン通知システムの呼び出しが事前に入力されます。 その結果、コンソールにメッセージが表示され、 s_codeのインストールを完了するように指示 されます。

October 30 2013

次の表に、このリリースのリリースノートおよび修正点に関する情報を示します。
修正された問題
説明
ルールを保存するために操作が必要。
ユーザーは、「保存」ボタンがアクティブになる前に、フィールド内をクリックするか、ルールを変更する必要があります。 それ以外の場合は、ルールを変更せずに残すには、「キャンセル」をクリックする必要があります。
Firefoxの発行の選択UIで誤ったテキストが表示される。
Firefoxの一部の発行UIの各行の最後にテキストが表示される(表示されない方がよかった場合)問題を修正しました。
モーダルの承認用のボタンが中央に配置されません。
承認の確認のモーダルウィンドウで「はい」/「いいえ」ボタンが中央に表示されました。
Firefoxでサイドバーの折りたたみアイコンが正しく表示されない。
Firefoxで、ユーザーがサイドバーを折りたたんだり展開したりできる階層リストの左側に表示されるアイコンが、正しく表示されませんでした。 現在は、正しく表示されます。
会社管理者は、誰がユーザーを招待したかを確認できます。
管理者は、特定のユーザーを会社に招待した人の名前を確認できます(ユーザーを招待した人がアドビの従業員の場合、管理者には、名前の代わりに名前が表示さ DTM Admin れます)。
ターゲット引数を追加すると、ルールのフォーマットが崩れる。
ユーザーがルールに引数を追加すると、 Adobe Target ツールに誤った形式のUIまたは壊れたUIが表示される問題を修正しました

October 23 2013

次の表に、このリリースのリリースノートおよび修正点に関する情報を示します。
修正された問題 説明
発行およびビルドのために、_ satellite オブジェクトにタイムスタンプが埋め込まれている。
ライブラリの新しいバージョンが発行されるたびに、_satellite オブジェクトに次の2つの新しいプロパティが含まれるようになりました。
publishDate : ユーザーが発行の実行を要求した(UIの「履歴」セクションに表示されるのと同じ日時)。
buildDate : ファイルは、アドビのサーバープロセスによって作成されました。 この2つの違いは、潜在的な処理遅延の問題のトラブルシューティングに使用できます。
新しいツールとデータ要素は、削除されたツールおよびデータ要素と同じ名前で作成できます。
以前は、ツールまたはデータ要素が削除された場合、同じ名前で新しいツールまたはデータ要素を作成できませんでした。 現在は、ツールまたはデータ要素を削除した後に、同じ名前で新しい要素を作成できます。
後でオリジナルを復元する場合は、名前の競合を避けるため、名前に「(復元)」が追加されます。
左側のナビゲーションサイドバーが折りたたみ可能に
ページ上部の階層リンクヘッダーの横に表示されるアイコンで、左側のナビゲーションサイドバーのオン/オフを切り替えることができます。 インターフェイスによって設定が記憶されます。
ターゲット 引数を追加すると、ルールの形式設定が崩れる。
ユーザーがルールに引数を追加すると、 Adobeターゲット ツールで誤ってフォーマットされた/壊れたUIが表示される問題を修正しました。

October 15 2013

次の表に、このリリースのリリースノートおよび修正点に関する情報を示します。
修正された問題 説明
Chromeで階層リンクが正しくラッピングされない
Chromeで、特定のタイプのページで、ページの上部に表示される階層リンクが正しくラッピングされませんでした。
ルールページのページネーション
ルールページには、1ページにつき25個のルールのみが表示され、リスト全体を表示するには「ページスルー」する必要があります。 これは、ユーザーエクスペリエンスとパフォーマンスの両方の理由で行われます(一部のクライアントの場合は数百ルールに比べて25ルールのリストを生成する場合は、サーバーの負荷が軽減されます)。
ルールページのフィルタリング
ユーザーは、ルールの名前またはルールに含まれるサードパーティタグの名前で、ルールページをフィルタリングできるようになりました。
ツールの承認
Dynamic Tag Managementのツール(Analytics、ターゲット、AdLens、オーディエンスマネージャー、Google Analyticsなど) が承認ワークフローの一部になりました。 新しいツール、既存のツールの変更、またはツールの削除は、実稼動に発行される前に承認が必要になります。 ユーザーは、ツールの追加/変更/削除ができるようになりました(以前は、タイプが「ユーザー」のユーザーは行えませんでした)。
エンジンにSiteCatalystの代わりにAnalyticsが表示される
Dynamic Tag Managementエンジンからデバッグメッセージを確認すると、Analytics製品と関連ルールに関するメッセージに「SiteCatalyst」ではなく「Adobe Analytics」と表示されるようになりました。
関連項目
過去のリリースノート (Dynamic Tag Managementの過去のリリースノート)です。

September 30 2013

次の表に、このリリースのリリースノートおよび修正点に関する情報を示します。
修正された問題 説明
新しいプロパティは承認を必要としません
新しいWebプロパティは、SuperAdminによる承認が必要でした。 新しいアカウントのプロビジョニングを促進するために、この承認の要件を削除し、新しいプロパティが自動的に承認され、即座に使用できるようにしました。
ユーザー表示ダッシュボード
これは、新しいプロパティの承認の自動化に関する上記の問題に関連しています。 SuperAdminのダッシュボードーには、「アクティベーション待ち」というセクションがありました。 この話はもはや必要なくなったので、その節を取り除くためでした。
すべての会社管理者に対してルールのコピーを有効にする
会社の管理者は、SuperAdminと同じ機能で、アクセス権を持つ任意の会社ー/プロパティに対してルールをコピーできます。
データ要素のタイプを変更しても以前の値が保持される
以前は、データ要素のタイプを変更した場合、ユーザーが指定した古いパラメーターの一部が保持されていました。 現在は、すべてのパラメーターをクリアし、現在選択されているタイプに関連する任意のパラメーターのみがライブラリに含まれるようにしています。
会社管理者が招待用の電子メールを再送信
何らかの理由で会社が招待用の電子メールを受信しなかった場合に、ユーザーの「ユーザー」タブにある「再送信」リンクをクリックできる機能を追加しました。 (以前は、招待を取り消してゼロから再作成する必要がありました)。
リンカーリンクルールのデフォルトセレクターがライブラリに発行されない
Google Analyticsの「リンカーリンク」ルールは、デフォルトではライブラリにセレクターを発行しなかったので、クリックされたすべてのページ要素にリンカーリンク機能をアタッチしようとしました。 現在は、デフォルトで正しく「a」(すべてのリンク)に設定されます。