Show Menu
トピック×

Google Universal Analytics tool

Google Universal Analytics用のDynamic Tag Managementの設定オプションです。
< Web Property Name> > Overview > Add a Tool > Google Universal Analytics
Google Universal Analyticsは、Dynamic Tag Managementインターフェイスのツールとして設定されます。

Add a tool

設定
説明
ツール名
Google Analytics のこのインスタンスの名前。
実稼動アカウント ID
Dynamic Tag Managementを使用すると、データ収集用の実稼動およびステージングアカウントを指定できます。ステージングアカウント番号は開発環境またはテスト環境で使用され、テストデータが実稼動データと混在することはありません。Dynamic Tag Managementでは、各環境に適切なアカウントが自動的にインストールされます。

一般

要素 説明
Google Universal Analytics Premium 機能を有効にする
ディメンションと指標の最大値を 20 から 200 に増加できます。
既存の Google Universal Analytics ページコードがある
Google Analyticsページコードが既にサイトに存在する場合、Dynamic Tag Managementがコードをインストールできないようにします。この機能により、最初から開始するのではなく、既存の実装に追加するためにDynamic Tag Managementを使用できます。このボックスをチェックする場合は、トラッカー名を適切に設定してください。
Google Universal Analytics の EU 向けオプトアウト機能を有効にする
EU プライバシー Cookie に基づいたトラッキングを有効または無効にします。
ページが読み込まれる際に、システムは、 sat_track という名前(または プロパティ編集 ページで変更したカスタム名)の Cookie が設定されているかどうかを確認します。次の情報を考慮してください。
  • Cookie が存在しない場合または Cookie が存在していても true の場合、この設定を有効にするとツールの読み込みはスキップされます。つまり、ツールを使用するルールのどの部分も適用されません。
    ルールで Analytics の EU コンプライアンスがオンになっていて、ルールにサードパーティコードが含まれ、その Cookie が false の場合、サードパーティコードは実行されます。ただし、Analytics 変数は設定されません。
  • Cookie が存在し、 true の場合、ツールは通常どおり読み込まれます。
You are responsible for setting the sat_track (or custom named) cookie to false if a visitor opts out. 次のカスタムコードを実行することでこれを達成できます:
       _ satellite. setCookie("sat_ track",& amp;nbsp;"false"); 
     

You must also have a mechanism to set that cookie to true if you want a visitor to be able to opt in later:
       _ satellite. setCookie("sat_ track",& amp;nbsp;"true"); 
     

IP アドレスを匿名にする
IP アドレスが確実に記録されないようにします。
常に SSL で送信
常に HTTPS を使用します。
トラッカー名
Google Analytics で使用するトラッカー名です。Google Analytics がサイトのページに既にインストールされていると指定した場合、適切なデータ収集のために、ここで同じ名前を使用する必要があります。Google Analytics のデフォルトのトラッカー名は、空白です。
Google Analytics コード
Google Analytics コードをホストするには、2 つの方法があります。
  • Google でホスト :Google サーバー上のコードをロードします。
  • URL :JavaScript ファイルへの URL を指定することもできます。Dynamic Tag Managementは、Google Analyticsの実装に対してこのコードを使用します。
データサンプル
Google Analytics にサイトのデータのサンプルだけをキャプチャさせるには、データサンプルのサンプルレートを指定します。すべてのデータを収集するには、100% のままにします。
サイト速度のサンプル
サイト速度およびページパフォーマンスに対するデータキャプチャのサンプルレートも指定できます。Google Analytics のデフォルトは 1% です。
Social:Facebook のいいね!、いいね!の取り消し、共有を追跡
サイト上のこれらのソーシャルボタンに対する自動リンクトラッキングを有効にします。
Social:公式 Twitter ボタンの使用を追跡
サイト上の Twitter ボタンに対する自動リンクトラッキングを有効にします。
カスタム変数の値を強制的に小文字に変換する
GA に送信されるページ名、イベント名、カスタム変数などの文字列に含まれる半角アルファベットを小文字に変換します(アドビ推奨)。
HTTP リファラー URL を常に送信
通常、Google Universal Analytics を実装したドメインの外部から HTTP が参照されます。多数のサブドメインがあって、すべての URL を送信したい場合は、この設定を有効にします。
Google Analytics 用タグを入れる場所
ページコードを読み込むタイミングと位置を(ルールごとに)制御できます。
グローバル設定:クロスドメインリンクに Linker を自動付与する
クロスドメインプロパティのトラッキングを自動化します。Google Analytics のユーザーは、異なる内部ドメインにリンクするため、JavaScript コードを実装し、Cookie が内部ドメイン間で共有されるようにする必要があります。
Google の情報について詳しくは、 ここ をクリックしてください。

Cookie

要素 説明
訪問者 Cookie タイムアウト
訪問者をリピーターとしてカウントするための Cookie の存続期間を制御します。デフォルト値は 2 年です。
cookie 名
解析データの保存に使用する cookie の名前。
cookie パス
Google Analytics の Cookie がサイトの特定のディレクトリのみで送受信されるように制限できます。
cookie ドメイン
デフォルトの Cookie ドメインを変更できます。Webプロパティが複数のドメインまたはサブドメインにわたるように指定した場合、Dynamic Tag Managementはこれを自動的に設定します。
従来の cookie ドメイン
このフィールドは、Google Analytics の以前の追跡スクリプト( ga.js urchin.js など)で生成された cookie を analytics.js で検索する方法を設定するために使用します。

Campaign tracking

キャンペーン情報を標準のパラメーター名(utm_source など)以外で設定している場合は、ここで設定します。
要素 説明
# をクエリ文字列の区切り文字として設定
#記号の後のURLの値を、Dynamic Tag ManagementがURLパラメーターとして認識できるようにします。

Hit callback

ここに追加するコードは、各ヒットが Google Analytics に正常にレポートされた後に実行されます。
要素 説明
エディターを開く
エディターを使用してページコードをカスタマイズします。このコードは、ページビューを追跡する呼び出しの直前にすべてのページに挿入されます。通常は _trackPageview コマンドが自動実行されますが、計測ページ名をカスタマイズするなどの目的で、ルール側のカスタムコード内で _trackPageview コマンドを手動記述する場合は、以下のコードの最後に "return false;" と記述してください。

Customize page code

Tracker Name フィールドコードをカスタマイズするには、フィールドを使用します。このコードは、ページビューを追跡する呼び出しの直前にすべてのページに挿入されます。
通常は「 pageview 」コマンドが自動実行されますが、ページ名をカスタマイズするために独自のコマンドを記述する場合は、必ず「return false;」と記述してください。

Call Google Universal Analytics objects in DTM using scripts

Google Analytics Universal ツールを作成する際には、GA デフォルト名、DTM で生成された名前、特定の名前のうち、いずれを使用するかを選択できます。

GA default name

GA デフォルト名を使用する場合、スクリプトでは次のようにして Google Analytics Universal を使用します。
ga('send', 'pageview');

DTM generated name

DTM で生成された名前を使用する場合、スクリプトでは次のようにして Google Analytics Universal を使用します。
この例では、DTM Google Analytics Universal インターフェイスからトラッカー名を取得しています。
以下に例を示します。
ga('38f91ccf1ca252deaaba3c2fc421f0f3.send', 'pageview');

Specific name

名前を指定する場合、スクリプトでは次のようにして Google Analytics Universal を使用します。
以下に例を示します。
ga('alexisuniversal.send', 'pageview');