Show Menu
トピック×

Experience Cloud ID サービス

Dynamic Tag Managementを使用して、Experience Cloud訪問者IDサービスをデプロイします。
For documentation about DTM settings, refer to Experience Cloud ID Service Settings for DTM in the Experience Cloud ID Service documentation.
Experience Cloud IDサービスツールは、Adobe AnalyticsおよびAdobe Experience Cloudとのみ統合されます。このサービスはページに最初に読み込まれる必要があります。このサービスは同期的に読み込まれる必要があり、編集することはできません。また、競合を避けるために、Experience Cloud IDサービス(Dynamic Tag Managementのデプロイメントの場合も、独自のコードを手動で使用する場合もあります)を1つだけ使用します。
< Web Property Name> > Overview > Add a Tool > Experience Cloud ID Service
Dynamic Tag Managementを使用して、Experience Cloud IDサービスのデプロイメントを自動化できます。This service enables Experience Cloud services and features, such as Audiences , where you can publishing an Analytics audience segment .

Validating deployment of the Experience Cloud ID service

他のソリューションで使用されているライブラリが最新のExperience Cloud IDサービスをサポートしていることを確認してください。Dynamic Tag Managementエンジンは、これを検証しません。
競合を避けるために、Experience Cloud IDサービスの複数のデプロイメントを試行しないでください。
  • 1つのデプロイメント方法のみを使用します。を使用します。
  • getInstance() この関数は、Dynamic Tag ManagementにExperience visitorAPI.js Cloud IDサービスをデプロイするときにAppMeasurementファイルから削除する必要があります。
See Step 8 in Implement the Experience Cloud ID Service for Analytics to verify that the Analytics request contains a mid (Experience Cloud Visitor ID) parameter.
特定のコードバージョンと他の訪問者 ID サービスの要件については、「 訪問者 ID サービスの要件 」を参照してください。