Show Menu
トピック×

Nielsen ツール

Nielsenツールを作成し、自動または手動でページコードを設定することにより、Dynamic Tag Managementを使用してNielsenの追跡機能を有効にすることができます。導入する場合は、自動的にページコードを設定することをお勧めします。

前提条件

Nielsen ツールをデプロイする前に、以下のタスクを実行する必要があります。
タスク 説明
1. サイトにDynamic Tag Managementを埋め込みます(すべてのサイトWebページ)。
サイトにおける JavaScript とページコンテンツの読み込み方を決定する、ヘッダーコードとフッターコードを追加します。サイトのすべてのページに、ヘッダーとフッター両方のコードをインストールします。これは、いずれの ホスティングオプション を使用する場合にも必要です。For more information, see Header and Footer Code .
2. Experience Cloud IDサービスツールを追加します。
Experience Cloud訪問者IDサービス 、Experience Cloud ソリューション全体でユニバーサル訪問者IDを提供します。The visitor ID service replaces the legacy Analytics visitor ID mechanism, and is required by Analytics for Target ; video heartbeat ; and Experience Cloud integrations, including the Adobe/Nielsen integration. For general information about the service, see the Experience Cloud Visitor ID Service Guide . For information about adding the Experience Cloud ID Service tool in DTM, see Experience Cloud ID Services settings .
3. Adobe Analytics ツールを追加します。
You can deploy Adobe Analytics (Standard and Premium) using Dynamic Tag Management by creating the Adobe Analytics tool and configuring the page code either automatically or manually. 導入する場合は、自動的にページコードを設定することをお勧めします。For more information, see Add Adobe Analytics Tool .

Add the Nielsen tool

  1. < Web Property Name> / Overview > Add a Tool / Nielsen をクリックします。
  2. 以下のフィールドを設定します。
    要素 説明
    ツールタイプ
    ツールのタイプ(例: Nielsen )。
    ツール名
    このツールのわかりやすい名前。この名前は、「 インストールされているツール 」の「 概要 」タブに表示されます。
    クライアント ID
    Nielsen から伝えられたクライアント ID を指定します。
    コレクションサーバー
    Nielsen から伝えられたコレクションサーバーを指定します(例:secure-us、secure-au)。
    統合方法
    自動 :Dynamic Tag Managementを使用して統合を管理します。アカウントが接続されると、 Adobe Analytics レポートスイート ID と名前が取得され、ツール設定インターフェイスに入力されます。したがってユーザーのミスが発生しにくく、ツールのデプロイメントを迅速に実行できます。
    手動 :統合を手作業で管理します。自動統合方法を使用することを強くお勧めします。
  3. Click Create Tool to create the tool and display it for editing.
  4. 以下のフィールドを設定します。
    要素 説明
    アプリケーション ID
    Nielsen から伝えられたアプリケーション ID を指定します。
    アプリ名
    Nielsen から伝えられたアプリ名を指定します。
    コレクションサーバー
    Nielsen から伝えられたコレクションサーバーを指定します(例:secure-us、secure-au)。コレクションサーバーについては、上の手順で指定した情報が繰り越されます。
    コンテンツグループ
    Nielsen から伝えられたコンテンツグループを指定します。
    VCID
    Nielsen から伝えられた VCID を指定します。
  5. Save Changes ​をクリックします。

Set up Nielsen rules in Dynamic Tag Management

Dynamic Tag Management はルールベースのシステムです。ユーザーの操作に関する各種データを参照します。ルールで設定された条件が満たされると、ルールは、定義されたツール、スクリプトまたは HTML をトリガーします。概要情報については、「 ルール .
Nielsenツールを追加すると、デフォルトのNielsen時間トラッキングルールが自動的に作成されます。
  1. Rules タブ/ Page Load Rules >をクリック Nielsen ​します。
  2. 目的に応じた形でルールを設定し、どのようなときにルールを起動させるかを指定します。
    1. Click Conditions , then specify where the rule fires (bottom of page, top of page, DOM ready, or onload).
    2. ルールの実行に関する条件を指定します。
    3. ルールの起動対象とするページのパスを含めます(例:「videos」)。
    4. Nielsen」をクリックすると、設定値が自動入力されたデータ要素が表示されます。
    5. Click Data Elements to map where you want Dynamic Tag Management to pull the information in these pre-populated data elements (Asset Name, Player ID, and so forth).
      例えば、アセット名を特定の DIV から取得できるのであれば、その DIV を指定します。 詳しくは以下のトピックを参照してください。

Approve and publish all changes

ここまでの説明に従って加えた変更内容を動作に反映させるには、変更を承認する必要があります。
  1. Approvals タブ/ Approve ​をクリックします。