Show Menu
トピック×

Deploy JavaScript tags to opt in to DTM

The combination of the European Union General Data Protection Regulation (GDPR) and ePrivacy legislation requires companies to be able to manage consent for their users. アドビのお客様は、アドビソリューションが任意の訪問者に対してアドビソリューションを実行する前にオプトインを要求することがあります。訪問者は、オプトインおよびオプトアウトステータスを管理できます。
Adobe Experience Cloudのお客様には、これらの要件の様々な実装が必要です。エンタープライズレベルの同意マネージャや、その他のユーザーを構築する場合もあります。
DTMの場合は、ツールを使用してオプトインおよびオプトアウトソリューションを定義します。
このドキュメントでは、同意が得られるまでアドビのタグが実行されないようにする方法について説明します。

Adobe Media Optimizer

DTMはAMOを自動的に実行しません。AMOは、ルールアクションに具体的に指定する場合にのみ発生します。ルール条件を使用して、いつ実行するかを決定します。例えば、cookieを使用してオプトインステータスを決定するには、データ要素を設定してそのcookieを読み取ってルールの条件として使用し、「このルール用にMedia Optimizerをロードする」アクションを実行するタイミングを決定します。

Analytics

Adobe Analyticsツールは、Analyticsビーコンを自動的に起動します。これを停止するには:
  1. Adobe Analytics ツールを追加します。
  2. In the Link Tracking section of the Analytics tool configuration, make sure the "Track download links" and "Track outbound links" options are not selected.
  3. Analyticsツールで「編集」をクリックし、「ページコードのカスタマイズ」セクションを展開して、Analyticsツールでカスタムコードエディターを開き、以下のコードを入力します。
    if(track == false) {  
     return false; 
    }
    
    
  4. ページ型ルールまたはイベント型ルールのルール条件を使用して、いつ実行するかどうかを決定します。
    例えば、cookieを使用してオプトインステータスを決定し、データ要素を使用してそのcookieを読み取って、ルールの条件として使用してAdobe Analyticsのルールをトリガーするタイミングを決定します。
    • ページ型ルール
      1. 条件が設定されたら、Adobe Analyticsツールセクションを開き、ページの下部にあるカスタムコードエディターを開きます
      2. Add s.t() or s.tl() in the code editor, depending on which kind of call you want to make.
    • イベント型ルール
      条件が設定されたら、Adobe Analyticsツールセクションを開き、DTMにする呼び出しのタイプを選択します。

Audience Manager

現在、DILが顧客ページに配置されている場合は自動的に起動するように設定されています。現時点では、実行を停止する方法はありません。アドビでは、正しいクロスソリューションの優先順位を維持しながらDILを一時的に停止する方法を開発中です。これはまもなくリリースされます。アドビでは、カスタムコードを使用してAnalytics内でサーバー側転送を使用することをお勧めします。
DILは、Experience Cloud ID Service3.3以降に依存しています。ID同期およびURL送信先には、Experience Cloud IDサービスに依存しています。Experience Cloud IDサービスが欠落している、古い、または設定されていない場合は、エラーが発生します。

Experience Cloud ID

Experience Cloud IDサービスは、現在、顧客ページに配置されている場合は自動的に実行されます。現時点では、実行を停止する方法はありません。アドビでは、正しいクロスソリューションのシーケンスを維持しながら、Experience Cloud IDサービスを自動的に実行する方法を開発中です。これはまもなくリリースされます。

Target

DTMのターゲットツールは、すべてのページでTargetを起動します。これを変更するには複数の方法があります。
  • Targetツールを追加します。
    1. ツール設定で「カスタム」ライブラリ管理オプションを選択します。
    2. Targetコードを使用して、オプトイン統計を決定します。
  • ターゲットツールを追加しない
    1. 「ページの先頭」ページ型ルールを作成します。
    2. ルール条件を使用して、いつ実行するかを決定します。例えば、cookieを使用してオプトインステータスを決定し、データ要素を使用してそのcookieを読み取り、ルールの条件として使用してルールをトリガーするタイミングを決定します。
    3. ルールビルダーの下部にあるカスタムJavaScriptを使用して、Targetコードをデプロイします。
      サポート対象外となるmbox. jsではなくat. jsを使用することを強くお勧めします。
    4. コードエディター内で、追加のパラメーターを手動で設定します。