Show Menu
トピック×

Adobe Target ツール

Dynamic Tag ManagementにAdobeターゲットを導入するためのAdobeターゲットツールの作成に関する情報です。 ライブラリは、自動(推奨)または手動で設定できます。
ベストプラクティスについては、「Dynamic Tag Managementを使用したAdobeターゲットの実装の ベストプラクティス 」を参照してください。
<Web Property Name> > Overview > Add a Tool > Adobe Target

フィールドの説明 —追加ツール(Adobeターゲット)

次の表に、の Add a Tool ページ(およびツール編集ページ)のフィールドとオプションを示し Adobe Targetます。
  • ツールの種類
    The type of tool, such as Adobe Target.
  • ツール名
    このツールの名前。 この名前は、の Overview タブに表示され Installed Toolsます。
  • ライブラリの取得方法
    コードを自動的に管理するか、独自のカスタムコードを手動で Adobe Target 提供するかを指定します。

手動設定の方法

コードは手動で管理でき Adobe Target ます。 またはフ mbox.js ァイルは、次のようにターゲットソリューションインターフェイスからダウンロードできます。
  • Target Standard: Setup > Implementation > Download at.js
  • Target Standard: Setup > Implementation > Download mbox.js
  • ターゲットクラシック: Configuration- > mbox.js > Download
コードをローカルにダウンロードしたら、コードをコピーして、ツール設定の「ライブラリ管理」セクションにあるエディターフィールドに貼り付けます。 コードを手動で貼り付ける代わりに、特定のURLでコードをホストすることもできます。

自動設定方法

これは、mbox.jsでのみ機能します。
Dynamic Tag Managementは、アカウント設定から最新の mbox.js コードを自動的に取得し Adobe Target ます。 選択する場合 Automatic ​は、Experience Cloud経由でログインするか、後述のクライアントコードの値を指定する必要があります。

クライアントコードの取得方法

(自動による方法)アカウントに固有のコード Adobe Target 。 コードの提供と管理をアドビが自動的に行うために必要です。 「自動」を選択した場合は、Experience Cloud経由でログインするか、取得方法として選択した後にクライアントコードの値を指定する必要 Manual があります。
  • クライアントコード
    (自動による方法)クライアントコードの値は、次のようにして Adobe Target ソリューションインターフェイスから取得できます。
    • ターゲットクラシック: Configuration > > mbox.js > Edit > copy value for Client .
    • ターゲット標準: Setup > > Implementation > Download mbox.js > copy value for Client from within file mbox.js **.

ライブラリ管理 — Adobeターゲット

Dynamic Tag ManagementのAdobeターゲットライブラリ管理設定のフィールドとオプションの説明です。
Property Edit Tool Library Management
  • Adobeターゲットライブラリを同期的に読み込むこのオプションを選択すると、 at.js または mbox.js コードがセクションで同期的に読み込まれ <head> ます。 通常は、このオプションを有効のままにすることをお勧めします。 この方法でコードを読み込むのが Adobe Target ベストプラクティスです。
  • コード設定 アドビが管理: mbox.js のみ)このオプションは、ツールの作成時に使用できる「自動」設定方法と同じです。このオプションは、アドビから mbox.js コードを直接読み込みます。この機能により、 Adobe Target 管理コンソールからコピーや貼り付けを行う必要がなくなるので、手動の方法を使用する場合の設定プロセスが最適化されます。
    • このオプションを使用するには、Experience Cloud経由でログインするか、適切な クライアントコード を提供する必要があります。
    • をクリックすると、関連付けられたアカウント内の Check for Updates コードの新しいバージョンが mbox.js 自動的に確認され Adobe Target ます。 新しいバージョンが識別された場合は、それを使用するか、現在のバージョンを保持するかを選択できます。
    カスタム: at.js または mbox.js コードは手動で設定できます。Dynamic Tag Management において、手動でコードをホストするには、次の 2 つの方法があります。
    • DTM: コード Edit Code をクリックし、エディターに貼り付けます。 If you were using Managed by Adobe and switch to custom , the editor automatically populates with your mbox.js code. You can replace this with the content of the at.js library.
    • URL: またはが必要に応じ at.js て設定さ mbox.js れている場合は、ファイルのURLを指定できます。 Dynamic Tag Management consumes it for use in the Adobe Target tool.

グローバルパラメーター — Adobeターゲット

Adobeターゲットツール用のDynamic Tag Managementのグローバルパラメーター設定にあるフィールドとオプションの説明です。
グローバルパラメーターを使用すると、追加のデータをグローバル Adobe Target mboxに渡すことができます。また、ページ型ルールを使用して、ページ単位で渡すこともできます。
Dynamic Tag Managementで設定されるパラメーターは、既にページに定義されているパラメーターより優先されませんが、ページごとに最大限の柔軟性とカスタマイズを実現するために追加とシーケンスを行います。
Property Edit Tool Library Management
要素
説明
名前
グローバルmboxに渡す追加のパラメーターの名前を指定します。
グローバルmboxに渡す追加のパラメーターの値を指定します。 値は通常、データ要素です。

Dynamic Tag Management用のmboxルールの例

Adobeターゲットツールのインストール時に、Dynamic Tag Managementを使用して折り返しmboxと組み込みのちらつき処理を配置する方法の例です。
この機能は、現在、この mboxUpdate メソッドを使用しています。
  1. Click Property > Rules > Page Load Rules > Create New Rule .
  2. ルールに名前を付け、設定します。
    mboxをデプロイするページでのみルールが起動するように設定します。
    mboxの応答を受け取るまでデフォルトのコンテンツ Top of Page が表示されないように、mboxをトリガーするルールを読み込むことをお勧めします。
    使用可能なル ール条件の詳細については、「ルール条件と機能 」を参照してください。
  3. 展開 Adobe Target ​します。
    CSSセレクターを使用してmboxで折り返す要素を指定し、mboxに名前を付けてから、必要に応じてタイムアウトを設定します。 (通常は、デフォルトの1500 msのままにすることをお勧めします)。
  4. mboxまたはグローバルに追加するパラメーターを Target 設定し Target mboxます。
    この例では、このルールは、の値で Hero 要素を折り返すmboxという名前のmboxをデプロイします。このmboxには、の値 div で指定されたmboxパラメーターが含まれて id``hero``Page Name``homepage います。 また、グローバルmboxに渡す値 Path を持つ、という名前のパラメーター home も含まれます。
    パラメーターUIフィールドでデータ要素を使用して、値をダイナミックに埋め込むこともできます。 データ要素について詳しくは、「 データ要素 」を参照してください。