Show Menu
トピック×

Adobe Targetツール

Dynamic Tag ManagementでAdobe Targetを展開するためのAdobe Targetツールの作成に関する情報です。ライブラリの設定は、自動(推奨)または手動で実行できます。
< Web Property Name> > Overview > Add a Tool > Adobe Target

Field descriptions - Add a tool (Adobe Target)

The following table describes the fields and options on the Add a Tool page (and the tool edit page) for Adobe Target.
  • ツールタイプ
    ツールのタイプ(例:Adobe Target)。
  • ツール名
    このツールの名前。この名前は、下の Overview タブに表示 Installed Toolsされます。
  • ライブラリの取得方法
    Adobe Target コードの管理をアドビに任せるか、独自のカスタムコードを手動で提供するかを指定します。

手動設定方法

Adobe Target コードを手動で管理できます。You can download the at.js or mbox.js file from the Target solution interface as follows:
  • Target Standard: Setup > Implementation > Download at.js
  • Target Standard: Setup > Implementation > Download mbox.js
  • Target Classic: Configuration- > mbox.js > Download
コードをローカルにダウンロードしたら、コードをコピーして、ツール設定の「ライブラリ管理」セクションのエディターフィールドに貼り付けます。

自動での設定方法

これはmbox. jsでのみ機能します。
Dynamic Tag Management automatically retrieves the latest mbox.js code from your Adobe Target account configuration. If you select Automatic , you must either be logged in via the Experience Cloud, or you must provide a Client Code value described below.

クライアントコードの取得方法

(Automatic method) A code unique to your Adobe Target account. コードの提供および管理をアドビで自動的に行うために必要なコードです。If you chose the Automatic method, you must either be logged in via the Experience Cloud, or provide your Client Code value after selecting Manual as the retrieval method.
  • クライアントコード
    (自動による方法)次のように、クライアントコードの値を Adobe Target ソリューションインターフェイスから取得できます。
    • Target Classic: Configuration > mbox.js > Edit > copy value for Client .
    • Target Standard: Setup > Implementation > Download mbox.js > ファイル内 mbox.js からクライアントの値をコピー ​します。

Library management - Adobe Target

Dynamic Tag ManagementのAdobe Targetライブラリ管理設定のフィールドとオプションについて説明します。
Property > Edit Tool > Library Management
  • Adobe Targetライブラリを同期的に読み込むこのオプションを選択すると at.js 、セクション内で同期的に mbox.js コードが読み込ま <head> れます。一般的に、このオプションは有効化されたままにしておくことをお勧めします。It is an Adobe Target best practice to load the code in this way.
  • コード設定 アドビが管理: mbox.js のみ)このオプションは、ツールの作成時に使用できる自動設定方法と同じです。このオプションは、 mbox.js コードをアドビから直接読み込みます。この機能を使用すると、Adobe Target 管理コンソールからコピーまたは貼り付けを行う必要がなく、手動方法を使用するときの設定プロセスが最適化されます。
    • You must be logged in via Experience Cloud or have provided the appropriate Client Code for this option to be available.
    • Clicking Check for Updates automatically checks for new versions of the mbox.js code within your associated Adobe Target account. 新しいバージョンが検出された場合は、それを使用するか、現在のバージョンを保持するかを選択できます。 カスタム: 手動でまた at.js``mbox.js はコードを設定できます。Dynamic Tag Managementでコードを手動でホストする方法は2つあります。
    • DTMの場合: エディターにコードをクリック Edit Code して貼り付けます。使用 Managed by Adobe している場合は、 custom エディターに mbox.js コードが自動的に入力されます。これを at.js ライブラリのコンテンツに置き換えることができます。
    • URL: 必要に at.js 応じ mbox.js て設定するか、ファイルのURLを指定することができます。Dynamic Tag Management consumes it for use in the Adobe Target tool.

グローバルパラメーター- Adobe Target

Adobe TargetツールのDynamic Tag Managementのグローバルパラメーター設定のフィールドとオプションについて説明します。
グローバルパラメーターを使用すると、グローバル Adobe Target mBox に追加のデータを渡すことができます。また、ページ型ルールを利用してページ単位で渡すこともできます。
Dynamic Tag Managementで設定されたパラメーターは、ページ上で既に定義されているパラメーターを上書きするわけではありませんが、代わりに、ページごとに柔軟性とカスタマイズを最大限に高めるために追加およびシーケンス化します。
Property > Edit Tool > Library Management
要素
説明
名前
グローバル mBox に渡す追加のパラメーターの名前を指定します。
グローバル mBox に渡す追加のパラメーターの値を指定します。通常、値はデータ要素です。

Dynamic Tag Management 用の Mbox ルールの例

Adobe TargetツールをインストールしたときにDynamic Tag Managementを使用して、ラッピングmboxを組み込みのちらつき処理に配置する方法の例です。
This functionality currently uses the mboxUpdate method.
  1. Property > Rules > Page Load Rules >をクリック Create New Rule ​します。
  2. ルール名とルールを設定します。
    mbox をデプロイするページでのみルールが起動するように設定します。
    読み込みルールでは、 Top of Page mboxの応答が受信されるまでデフォルトコンテンツが非表示になるようにmboxをトリガーすることを推奨します。
    See Rule Conditions and Functions for information about available rule criteria.
  3. Expand Adobe Target .
    CSS セレクターを使用して mbox で折り返す要素を指定し、mbox に名前を付けます。その後、必要に応じてタイムアウトを設定します(通常はデフォルトの 1,500 ms のままにしておくことをお勧めします)。
  4. Target mBox またはグローバル Target mbox に追加するパラメーターを設定します。
    In this example, this rule deploys an mbox named Hero that wraps a div element with an id of hero and includes an mbox parameter named Page Name with a value of homepage . さらに、この mbox には Path という名前のパラメーターもあり、その値である home はグローバル mbox に渡されます。
    See Data Elements for more information on data elements.