Show Menu
トピック×

Dynamic Tag Management のリリースノート

Dynamic Tag Management に関するリリースノートおよび既知の問題です。

DTM の終了のお知らせ

アドビは、2020 年末までに DTM の終了を予定しています。詳しくは、アドビコミュニティフォーラムの「 DTM Plans for a Sunset 」を参照してください。

最新のリリースノート

Dynamic Tag Management の 2016 年 6 月 18 日リリースには、次の変更が含まれています。

新機能

機能 説明
AEM ContextHub ツール
Dynamic Tag Management Adobe Experience Manager (AEM)ContextHub(データレイヤーの AEM バージョン)を統合するには、AEM ContextHub ツールを使用します。また、このツールでは、任意のデータレイヤー(AEM を使用しない Web サイト用を含む)を DTM と統合することもできます。
Adobe Experience Manager ContextHub ツールの追加 」を参照してください。
dataelementchanged イベント
dataelementchanged イベントを使用すると、特定のデータ要素をトリガーにすることができます。
イベントタイプ 」を参照してください。

その他の更新

追加情報については、各リリースのリリースノートに加えて、以下のリソースを参照してください。
リソース 説明
リリースノートに含まれない可能性のある、このガイドの更新点に関する詳細情報が表示されます。
Dynamic Tag Management の以前のリリースに関する新機能および機能強化の情報を閲覧できます。
Adobe Experience Cloud ソリューションの最新のリリースノートが表示されます。