Show Menu
トピック×

クイック開始:Dynamic Media ClassicとAdobe Analyticsの統合

Adobe Analytics は、複数のマーケティングチャンネルからのすべてのオンライン業務の統合データを、マーケット担当者が一箇所で測定、分析、最適化できる、業界トップクラスの製品です。
Adobe AnalyticsをScene7 Publishing Systemと統合すると、Webサイト上でDynamic Media Classicビューアを使用してWebサイト訪問者の動作に関するレポートを取得できます。 例えば、Webサイトの訪問者がダイナミックメディアクラシックズームビューアのズームターゲットをクリックすると、Adobe Analyticsはこの操作を記録します。 Adobe Analyticsレポートは、Dynamic Media Classic Viewerのユーザーアクティビティに関する累積情報を収集できます。
Adobe Analytics レポートを使用して、Web サイト上でのユーザーアクティビティの全体像を明確に把握できます。どの製品プレゼンテーションが売上につながり、どのプレゼンテーションが顧客の興味を引きつけないかがわかります。
Adobe Analytics でのビデオの測定 」も参照してください。
Analytics を Scene7 Publishing System と統合して Analytics レポートを生成するには、有効な Adobe Analytics アカウントが必要です。
クイック開始
ここでは、Adobe Analytics 計測キットをすばやく習得できるように、手順について簡潔に説明します。
1.Log in to Adobe Analytics by way of Dynamic Media Classic and download Adobe Analytics report variables
Adobe Analyticsレポートを設定し、Adobe Analyticsレポート変数をDynamic Media Classicイベントに一致させる前に、Adobe Analyticsの「Webサービスへのアクセス」グループのメンバーとして追加されていることを確認します。 このグループのメンバーは、インターフェイスで設定された権限に関係なく、Marketing Cloud の Web Services API 経由で指定したレポートスイートの全レポートにアクセスできます。グループにメンバーを追加するには、Adobe Analytics で、 管理ツール ユーザー管理 グループの編集 ​をクリックします。
After you have verified that you are a member of the Web Service Access group, in Dynamic Media Classic, click Setup > Application Setup > Adobe Analytics . Adobe Analytics 設定ページで、「 Adobe Analytics ログイン 」をクリックします。
詳しくは、 Adobe Analytics へのログイン を参照してください。
Adobe Analyticsのログインダイアログボックスで、Marketing Cloud組織ID(オプション)と完全な資格情報を入力し、「ログイン」をクリック します 。 「レポートスイート」ドロップダウンメニューで、使用するレポートスイートの名前を選択します。
2.Adobe Analyticsレポート変数をダイナミックMedia ClassicビューアイベントとダイナミックMedia Classic変数に割り当てる
Adobe Analytics 設定ページで、Adobe Analytics レポートに表示する情報を指定します。必要な各Dynamic Media Classicビューアイベントに対して、Adobe Analytics変数(レポートスイートから)とDynamic Media Classic変数を選択します。
  • ビューアイベントは、レポートで測定するユーザアクティビティを表します。
  • ダイナミックMedia Classic変数は、レポートで配信するユーザーイベントに関するデータを記述します。
Adobe Analytics 設定には、ビューアイベントのアクティブ化、編集および削除のためのツールもあります。
Adobe Analytics設定画面で「保存」をクリックすると、ユーザーアクティビティを測定するためのカスタマイズされた追跡コードがDynamic Media Classicビューアに挿入されます。 この機能により、ユーザーアクティビティを Adobe Analytics レポートで追跡できるようになります。
詳しくは、 Adobe Analytics レポートの設定 を参照してください。
3. ダイナミックメディアクラシックビューアの公開
Dynamic Media Classicビューアを公開し、ビューア(Adobe Analyticsレポートのユーザーアクティビティを追跡するコード付き)がDynamic Media Classicサーバーに読み込まれるようにします。 公開した後、この情報はビューアに取り込まれ、Adobe Analytics 分析に使用できます。
詳しくは、 設定情報の公開 を参照してください。
4. Dynamic Media ClassicビューアをWebサイトに配置する
Adobe Analytics追跡コードを含むDynamic Media ClassicビューアをWebサイトに配置します。
5. Adobe Analytics レポートを表示して Adobe Analytics 統合をテストする
Adobe Analytics レポートを表示するには、Adobe Analytics Web サイトにアクセスします。「レポート」ページでは、データを表示し、グラフとチャートを生成して様々なビューアでユーザーアクティビティを測定できます。