Show Menu
トピック×

Adobe Analytics レポートの表示による統合のテスト

必要な変数をAdobe Analyticsで作成し、それらをDynamic Media Classicイベントにリンクし、必要な実装手順を完了したら、設定をテストする必要があります。 データが Adobe Analytics 内で収集されることをテストして確認できます。設定が正常に動作する場合は、それ以上の手順は必要ありません。上記の手順に従って、Dynamic Media Classicイベントデータを1つ以上のカスタムトラフィック変数にリンクしたと仮定し、次のワークフローに従ってAdobe Analytics内でデータをテストします。
Adobe Analytics レポートを表示して統合をテストするには
  1. アカウント(特に、取り込む指標をブロードキャストするビューア)からDynamic Media Classicビューアを起動し、操作してイベントデータを作成します。
    例えば、画像セット内の最も人気のある代替表示を測定する場合は、画像セットをプレビューして、様々なサムネール画像をクリックします。
  2. Inside Adobe Analytics, go to Custom Traffic > Custom Traffic 1-10 > #, selecting your traffic prop name from the menu choices.
    例えば、サンプルアカウントで LoadAsset prop にアクセスするための適切なメニュー項目は、カスタムトラフィック/カスタムトラフィック 1~10/LoadAsset となります。カスタム prop が 11 個以上ある場合は、追加のメニュー項目も表示されます。
  3. Adobe Analytics が生成したチャートを参照します。これは通常、1 つのメトリックに対するデータに過ぎません。このデータが関連付けられているアセット(例えば、50%しか視聴されていないビデオや、セット内の最も人気のあるイベント)も把握したい場合は、この画像のアセットデータも必ず取り込んでください。
すべてのDynamic Media Classicビューアデータは、Adobe Analyticsのカスタムトラフィックレポートまたはカスタムコンバージョンレポートに表示およびレポートされます。