Show Menu
トピック×

PDF ファイルのアップロード

eCatalog のもとになるファイルは、通常、Adobe PDF ファイルです。このファイルにはすべての画像情報だけでなく、フォント、ベクタグラフィックも含まれます。画像付きの eCatalog を作成することもできます。PDF ファイルをアップロードできる状態になったら、グローバルナビゲーションバーの「アップロード」ボタンを選択して、PDF のアップロードを開始します。

PDF ファイルの準備

PDFファイルをDynamic Mediaクラシックにアップロードする前に、次の手順に従ってPDFファイルを準備します。
  • アップロード作業を簡単にするために、アップロードするファイルをコンピュータまたはネットワークの同じフォルダに集めます。
  • ページの順番と同じになるように、英数字の順にファイルの名前を付けます。ページの順番に合わせておけば、ファイルをアップロードした後に正しい順番でページを並べやすくなります。
  • PDF ページの中にトンボやレジストレーションマーク、カラーバーなどの印刷マークが入っているかどうかを確認します。このようなマークが入っていると、文書を印刷するときにこのマークに沿ってページが切り抜かれるため、Web に eCatalog を掲載する前に削除しておく必要があります。Dynamic Mediaクラシックでは、PDFファイルをアップロードするときに、マークに沿って切り抜くオプションを使用できます。
  • eCatalog をキーワードで検索できるようにする場合は、PDF ファイルが画像化されていないかどうかを確認してください。画像化された PDF ファイルでは、検索語を抽出できなくなります。PDF ファイルが画像化されているかどうかを確認するには、PDF のテキストを選択できるかどうか試してみます。テキストを選択できない場合は、PDF は画像化されているため、eCatalog をキーワードで検索することはできません。
  • PDF ファイルは印刷を目的としたファイルなので、通常、CMYK 画像が含まれています。初期設定では、Dynamic MediaクラシックはCMYK画像を検出し、内部CMYKカラープロファイルを使用して画像を変換できます。 ただし、必要に応じて、カスタムカラープロファイルを使用して CMYK 画像を変換することもできます。
    詳しくは、 ICC プロファイル を参照してください。

ベストプラクティスの PDF アップロードオプション

各アップロード方法について詳しくは、 ファイルのアップロード を参照してください。
アップロードするファイルを選択し、次の​ ベストプラクティス PDF オプションを選択します。
  • 切り抜き ​ページに切り抜きマーク、レジストレーションマーク、その他のマークが含まれている場合は、切り抜きメニューを選択し、「手動」を選択します。 ページの上下左右の端からそれぞれ切り抜くピクセル数を入力します。切り抜きマークは通常、マージンが 1/2 インチに設定されています。ppi の解像度を 150 に設定(推奨設定)した場合、「上」、「右」、「下」、「左」の各テキストボックスすべてに 75 を入力すると、マージンから 1/2 インチがトリミングされます(150 ppi を 1/2 インチでピクセルに換算すると 75 になるため)。
  • 処理 ​処理メニューを選択し、「ラスタライズ」を選択します。 すべてのページと画像を eCatalog で表示するためには、PDF ファイルをラスタライズする必要があります。
  • 検索語を抽出(オプション)eCatalog内でビューアがキーワードで検索できるようにするには、このオプションを ​選択します。
  • 複数のページのPDFからeCatalogを自動生成(オプション) ​このオプションを選択すると、アップロード時にeCatalogが自動的に作成されます。 PDF ファイルを選択してから「ビルド」コマンドを選択しなくても、eCatalog 画面が開き、eCatalog で作業できるようになります。eCatalog の名前は、PDF ファイルの名前をもとに付けられます。
  • 解像度 Dynamic Mediaクラシックでは、150 ppiを推奨します。
  • Colorspace Dynamic MediaClassicでは「自動検出」を選択することを推奨しています。 一般的に PDF のカラースペースは、印刷出力が目的の場合には CMYK、オンライン表示が目的の場合には RGB になります。PDF に両方のカラースペースが含まれている場合は、「RGB としてレンダリング」または「CMYK としてレンダリング」のいずれかを選択して、一方のカラースペースを選択できます。例えば、ページのグラフィックに CMYK カラースペースが使用され、ピクチャに RGB カラースペースが使用されている場合には、両方のカラースペースが PDF に含まれます。ICC プロファイルをアップロードしておくと、カラースペースメニューにその名前が表示され、選択して使用できます。
    詳しくは、 ICC プロファイル を参照してください。
  • カラープロファイル 「カラープロファイル」オプションを選択します。
  • ConvertTo SRGB SRGB(Standard Red Green Blue)に変換します。 Web ページに画像を表示する場合のカラースペースには SRGB が推奨されます。
  • #元のカラースペースを ​保持します。
  • 「カスタムの開始点/終了点 」でメニューを開き、「変換前」と「変換後」のカラースペースを選択できます。 標準のPhotoshopカラースペースまたはPhotoshop ClassicDynamic Mediaにアップロードしたカラースペースを選択できます。
詳しくは、 ICC プロファイル を参照してください。
すべての PDF オプションについて詳しくは、 PDF アップロードオプション を参照してください。