Show Menu
トピック×

画像の編集

Dynamic Mediaクラシックオファーは、リッチメディア効果を作成するための多くのツールを使用します。 これらのツールは、ロールオーバー時に表示される「編集」ボタンをクリックして、または詳細ビューの参照パネルで使用できます。Dynamic Mediaクラシックでは、次の画像編集タスクを実行できます。
  • 画像マップを作成 「画像」コマンドまたは画像マップボタンを選択して、画像マップを作成します。 画像マップは、画像、eCatalog ページまたはスピンセット内の画像の中で、ロールオーバーテキストを含んだパネルが表示されるホットスポットです。例えばユーザが画像マップをクリックすると、新しい Web ページが起動します。詳しくは、画像マップの作成を参照してください。
  • ズームターゲットを作成 「ズームTarget」コマンドまたはズームTargetボタンを選択して、サムネールターゲットを作成します。 ユーザがズームビューアでサムネールターゲットをクリックすると、画像の特定の部分が直接ズームされます。詳しくは、ガイドズームのズームターゲットの作成を参照してください。
  • 画像の切り抜き「切り抜き」コマンド ​または切り抜きボタンを選択して、画像を切り抜きます。 詳しくは、画像の切り抜きを参照してください。
  • 画像をシャープにする「シャープ」コマンド ​またはシャープボタンを選択して、画像をシャープにし、アウトラインのかすみをなくし、より鮮明に表示します。 詳しくは、画像へのシャープの適用を参照してください.
  • 画像の調整画像の反転、回転、ぼかし、色彩の統一 、カラーバランスの変更を行うには、「調整」コマンドまたは調整ボタンを選択します。 詳しくは、画像の調整を参照してください。
  • レイヤーを編集 「レイヤー」タブをクリックすると、編集可能な個々のレイヤーがPSDファイルに表示されます。 PSDファイルをアップロードする場合、すべてのレイヤーが個別のファイルとしてアップロードされ、Dynamic Mediaクラシック内で編集できるようになります。
これらのツールを使用して画像を編集するだけでなく、Dynamic Mediaをクラシックにアップロードする際にも画像を編集できます。 例えば、画像のアップロード時に、画像を切り抜いたり、クリッピングパスからマスクを作成したり、画像のカラープロファイルを選択したりできます。