Show Menu
トピック×

Multi-tenancy for collections, snippets, and snippet templates

マルチテナント機能を使用すると、組織プレフィックスと組織 ID に基づいて CRX のコンテンツを隔離し、他の組織のユーザーによるコンテンツへの不正アクセスを防止できます。
Adobe Experience Manager(AEM)Assets では、組織のデータは、組織ごとに異なるパスに保存されます。各組織固有のパスは、組織のプレフィックスと組織IDで識別されます。」は、様々なタイプのアセットがCRXに保存される従来の場所に含まれています。
For example, if you create a folder named Demo , AEM assets by default stores the folder at ../content/dam/Demo location in CRX. マルチテナンシー機能を有効にすると、にデータを格納できま ../content/dam/<organization prefix>/<organization id>Demo す。
For example, for Adobe Marketing Cloud users of AEM Assets (on-demand) that are assigned to aodpremium organization, you can use the multi-tenancy feature to configure the following path to ../content/dam/mac/aodpremiumDemo , segregate the content. この例では、組 mac 織のプレフィックスで aodpremium あり、組織IDです。
ユーザーの組織と ID に基づくこの修飾パスは、AEM Assets インターフェイスと各種ウィザード(例えば、強制隔離するための移動およびスニペット作成ウィザードなど)に表示されます。
マルチテナンシー機能を使用すると、次のタイプのアセットとコンポーネントを選択できます。
  • コレクション
  • 公開コレクション
  • カタログ(ページの追加/選択ウィザードを含む)
  • テンプレート
  • スニペットテンプレート
  • Lightbox