Show Menu
トピック×

アセットセレクター

アセットセレクターは、以前のバージョンの AEM では アセットピッカー という名前でした。
アセットセレクターを使用すると、Adobe Experience Manager(AEM)Assets 内でアセットを検索、フィルタリングおよび参照できます。また、アセットセレクターを使用して選択したアセットのメタデータを取得できます。アセットセレクターインターフェイスをカスタマイズするには、サポートされたリクエストパラメーターを使用して起動します。これらのパラメーターは、特定のシナリオ向けにアセットセレクターのコンテキストを設定します。
Currently, you can pass the request parameters Asset Type ( Image/Video/Text ) and Selection mode ( Single/Multiple ) as contextual information for the asset selector, which remains intact throughout the selection.
The asset selector uses the HTML5 Window.postMessage message to send data for the selected asset to the recipient.
アセットセレクターは、Granite の基盤ピッカーのボキャブラリに基づいています。デフォルトでは、アセットセレクターは、参照モードで動作します。ただし、Omnisearchエクスペリエンスを使用してフィルターを適用し、特定のアセットの検索を絞り込むことができます。
You can integrate any web page (irrespective of whether it is part of the CQ container) with the asset selector ( https://[AEM_server]:[port]/aem/assetpicker.html ).

コンテキストパラメーター

次のリクエストパラメーターを URL で渡して、特定のコンテキストでアセットセレクターを起動できます。
名前
目的
resource suffix (B)
URL のリソースサフィックスとしてのフォルダーパス: http://localhost:4502/aem/
assetpicker.html/<folder_path>
To launch the asset selector with a particular folder selected, for example with the folder /content/dam/we-retail/en/activities selected, the URL should be of the form: http://localhost:4502/aem/assetpicker.html
/content/dam/we-retail/en/activities?assettype=images
アセットセレクターの起動時に特定のフォルダーを選択する必要がある場合、そのフォルダーをリソースサフィックスとして渡します。
mode
single、multiple
http://localhost:4502/aem/assetpicker.html
?mode=multiple
http://localhost:4502/aem/assetpicker.html
?mode=single
複数モードでは、アセットセレクターを使用して、いくつかのアセットを同時に選択できます。
mimetype
mimetype(s) ( /jcr:content/metadata/dc:format ) of an asset (wildcard also supported)
  • http://localhost:4502/aem/assetpicker.html
    ?mimetype=image/png
  • http://localhost:4502/aem/assetpicker.html
    ?mimetype=*png
  • http://localhost:4502/aem/assetpicker.html
    ?mimetype=*presentation
  • http://localhost:4502/aem/assetpicker.html
    ?mimetype=*presentation&mimetype=*png
MIME タイプに基づいてアセットをフィルタリングするために使用します
dialog
true、false
http://localhost:4502/aem/assetpicker.html
?dialog=true
これらのパラメータを使用して、Granite Dialogとしてアセットセレクタを開きます。 このオプションは、Granite Path fieldからアセットセレクターを起動し、pickerSrc URLとして設定した場合にのみ適用できます。
assettype (S)
images、documents、multimedia、archives
  • http://localhost:4502/aem/assetpicker.html
    ?assettype=images
  • http://localhost:4502/aem/assetpicker.html?assettype=documents
  • http://localhost:4502/aem/assetpicker.html?assettype=multimedia
  • http://localhost:4502/aem/assetpicker.html?assettype=archives
渡された値に基づいてアセットタイプをフィルタリングするには、このオプションを使用します。
root
<folder_path>
http://localhost:4502/aem/
assetpicker.html?assettype=images
&root=/content/dam/we-retail/en/activities
アセットセレクターのルートフォルダーを指定するには、このオプションを使用します。この場合、アセットセレクターを使用すると、ルートフォルダーの下の子アセット(直接/間接)のみを選択できます。

アセットセレクターの使用

  1. To access the asset selector interface, go to https://[AEM_server]:[port]/aem/assetpicker .
  2. 目的のフォルダーに移動して、1 つまたは複数のアセットを選択します。
    または、オムニサーチボックスから目的のアセットを検索して選択することもできます。
    オムニサーチボックスを使用してアセットを検索する場合、 フィルター ​ウィンドウから様々なフィルターを選択して検索を絞り込むことができます。
  3. Tap/click Select from the toolbar.