Show Menu
トピック×

ベストプラクティス

オーサリングのベストプラクティスでは、AEM を可能な限り効率的かつ効果的に使用する方法を説明しています。AEM の様々な領域を対象としたトピックが順次追加されています。
次の領域について、ベストプラクティスに関するドキュメントが提供されています。
管理、デプロイ、メンテナンスまたは開発のベストプラクティスについては、次のページを参照してください。
以降の表では、特定のドキュメントの説明とリンクを示します。

Assets

ダイナミックメディア機能および Scene 7 統合を含むアセットのベストプラクティスは、次のトピックで説明しています。
ファイル形式 Assets のファイル形式に関するベストプラクティス AEM Assets でサポートするファイル形式に関するベストプラクティスについて説明しています。
ビデオエンコーディング エンコーディングのベストプラクティス ソースビデオファイルのエンコーディングに関するベストプラクティスのヒントを示します。
ダイナミックイメージング ダイナミックイメージングのベストプラクティス
ダイナミックメディア機能を使用している場合、または Scene7 と統合している場合に、最良の結果を得るために画像をシャープにする方法と画質を最適化する最善の方法について説明しています。
多言語のアセット 翻訳のベストプラクティス AEM のアセットの効率的な翻訳に関するベストプラクティスを示します。

Sites

Web サイトコンテンツの管理と作成には、次に示すいくつかのベストプラクティスがあります。
オーサリングツール
ページの作成に使用されるツールの概要を示します。
ページの整理
命名規則を含む、ページを最適に整理する方法の概要を説明します。

Forms

アダプティブフォーム
アダプティブフォームの設定、オーサリングおよびカスタマイズのベストプラクティスについて説明します。
HTML5 のフォーム
HTML5 フォームのレイアウトおよびデザインの作業でのベストプラクティスについて説明します。