Show Menu
トピック×

インボックス

AEM の様々な領域から通知を受け取ることができます。例えば、ワークフローやプロジェクトから次の通知を受け取ることができます。
  • タスク:
    • AEM UI 内の様々な場所で作成することもできます(例えば、 プロジェクト )。
    • タスクを作成 ​または​ プロジェクトタスクを作成 ​ワークフローのステップから通知することができます。
  • ワークフロー:
    • ページのコンテンツに対して実行する必要があるアクションを表す作業項目。
      • 参加者 ​ワークフローのステップから通知されます。
    • 失敗した項目(管理者が失敗したステップを再試行できるようにするため)。
これらの通知は、自分のインボックスで受け取り、それらを表示して対処できます。
標準の AEM では、管理者ユーザーグループに割り当てられた管理タスクが事前に読み込まれます。詳しくは、 標準の管理タスク を参照してください。
項目タイプについて詳しくは、次の項目も参照してください。

ヘッダーのインボックス

すべてのコンソールでインボックスの現在の項目数がヘッダーに表示されます。また、インジケーターを開いて、アクションが必要なページに簡単にアクセスしたり、インボックスにアクセスしたりすることもできます。
特定のアクションは、 適切なリソースのカード表示 にも表示されます。

標準の管理タスク

標準の AEM では、管理者ユーザーグループに割り当てられた 4 つのタスクが事前に読み込まれます。

インボックスを開く

AEM 通知インボックスを開くには:
  1. ツールバーのインジケーターをクリックまたはタップします。
  2. すべて表示 」を選択します。 AEM インボックス ​が開きます。インボックスには、ワークフロー、プロジェクトおよびタスクからの項目が表示されます。
  3. デフォルトの表示は リスト表示 ですが、 カレンダー表示 に切り替えることもできます。これは、表示セレクター(ツールバーの右上部分)を使用しておこないます。
    両方の表示について、 設定を表示 を定義することもできます。使用可能なオプションは現在の表示によって異なります。
インボックスはコンソールとして機能するため、完了したら グローバルナビゲーション または 検索 を使用して、別の場所に移動します。

インボックス - リスト表示

この表示では、すべての項目が主な関連情報と共に表示されます。

インボックス - カレンダー表示

この表示では、カレンダー内の位置および選択した表示に応じて項目が表示されます。
以下の操作を実行できます。
  • 特定の表示( タイムライン リスト )の選択
  • スケジュール ​に応じて表示するタスク( すべて 計画済み 処理中 まもなく期限 期限切れ )の指定
  • 項目の詳細情報へのドリルダウン
  • 表示を絞り込むための日付範囲の選択

インボックス - 表示設定

両方の表示(リストとカレンダー)について、設定を定義できます。
  • カレンダー表示
    カレンダー表示 ​の場合は、次の項目を設定できます。
    • グループ化の条件
    • スケジュール ​または​ なし
    • カードサイズ
  • リスト表示
    リスト表示 ​の場合は、並べ替えメカニズムを設定できます。
    • 並べ替えの基準
    • 並べ替え順序

項目に対するアクションの実行

  1. 項目に対してアクションを実行するには、該当する項目のサムネイルを選択します。その項目に適用可能なアクションのアイコンがツールバーに表示されます。
    アクションは項目に対応しており、次のアクションがあります。
    • アクションの​ 完了 (例:タスクまたはワークフロー項目)。
    • 項目の​ 再割り当て 委任
    • 項目を​ 開く 。項目タイプに応じて、このアクションでは次の操作がおこなわれます。
      • 項目のプロパティが表示されます
      • さらなるアクションのために適切なダッシュボードまたはウィザードが開きます
      • 関連するドキュメントが開きます
    • 前のステップに​ 戻す
    • ワークフローのペイロードを表示する。
    • 項目からプロジェクトを作成する。
    詳しくは、次の節を参照してください。
  2. 選択した項目に応じて、アクションが開始されます。例えば、次の操作がおこなわれます。
    • そのアクションに適したダイアログが開きます。
    • アクションウィザードが開始されます。
    • ドキュメントページが開きます。 例えば、 再割り当て ​を選択するとダイアログが開きます。
    ダイアログ、ウィザード、ドキュメントページが開いているかどうかに応じて、次の操作をおこなうことができます。
    • 適切なアクション(再割り当てなど)を確認します。
    • アクションをキャンセルします。
    • 戻る矢印。例えば、アクションウィザードまたはドキュメントページが開いていた場合は、インボックスに戻ることができます。

タスクの作成

インボックスからタスクを作成できます。
  1. 作成 」、「 タスク 」の順に選択します。
  2. 基本 」および「 詳細 」タブの必要なフィールドに入力します。「 タイトル 」のみが必須で、それ以外のフィールドはオプションです。
    • 基本 :
      • タイトル
      • プロジェクト
      • 割り当て先
      • コンテンツ 。ペイロードと似ており、タスクからリポジトリ内の場所への参照です
      • 説明
      • タスクの優先度
      • 開始日
      • 期限
    • アドバンス
      • 名前 :URL を形成するために使用されます。空の場合は、 タイトル ​に基づいて設定されます。
  3. 送信 」を選択します。

プロジェクトの作成

特定のタスクでは、そのタスクに基づいて プロジェクト を作成できます。
  1. サムネイルをタップまたはクリックして、適切なタスクを選択します。
    Only tasks created using the Create option of the Inbox can be used to create a project.
    (ワークフローからの)作業項目はプロジェクトの作成に使用できません。
  2. ツールバーの「 プロジェクトを作成 」を選択してウィザードを開きます。
  3. 適切なテンプレートを選択して、「 次へ 」を選択します。
  4. 必要なプロパティを指定します。
    • 基本
      • タイトル
      • 説明
      • 開始日
      • 期限
      • ユーザー ​と役割
    • アドバンス
      • 名前
    詳しくは、 プロジェクトの作成 を参照してください。
  5. 作成 」を選択してアクションを確定します。

AEM インボックス内の項目のフィルター処理

リスト内の項目をフィルター処理できます。
  1. AEM インボックス ​を開きます。
  2. フィルターセレクターを開きます。
  3. 条件の範囲に従ってリストされる項目をフィルターできます。その多くは次のように絞り込むことができます。
    設定を表示 」では、 リスト表示 を使用するときの並べ替え順を設定することもできます。