Show Menu
トピック×

ページへの Dynamic Media アセットの追加

To add the Dynamic Media functionality to assets you use on your websites, you can add the Dynamic Media or Interactive Media component directly on the page. You do this by entering Design mode and enabling the dynamic media components. 次に、これらのコンポーネントをページに追加し、そのコンポーネントにアセットを追加できます。ダイナミックメディアコンポーネントおよびインタラクティブメディアコンポーネントはスマートであり、追加しているアセットが画像であるかビデオであるかを自動的に把握します。それに従って、使用可能なオプションが変わります。
AEMをWCMとして使用している場合は、動的メディアアセットを直接ページに追加します。
画像マップは追加設定なしでカルーセルバナーで使用できます。

ページへの Dynamic Media コンポーネントの追加

Adding the Dynamic Media or Interactive Media component to a page is the same as adding a component to any page. The Dynamic Media and Interactive Media components are described in detail in the following sections.
ページにダイナミックメディアコンポーネント/ビューアを追加するには:
  1. AEM で、ダイナミックメディアコンポーネントを追加するページを開きます。
  2. If no Dynamic Media component is available, click the ruler in the Sidekick to enter Design mode, click Edit parsys, and select Dynamic Media to make the Dynamic Media components available.
    詳しくは、 デザインモードでのコンポーネントの設定 を参照してください。
  3. Return to Edit mode by clicking the pencil icon in the Sidekick.
  4. Drag the Dynamic Media or Interactive Media component from the Other group in the sidekick onto the page in the desired location.
  5. 編集 」をクリックしてコンポーネントを開きます。
  6. Dynamic Media コンポーネント コンポーネントの編集を必要に応じておこない、「 OK 」をクリックして変更内容を保存します。

Dynamic Media コンポーネント

ダイナミックメディア とイン タラクティブメディアは 、ダイナミックメディアのサイドキックで 利用できま ​す。 インタラクティブメディア ​コンポーネントは、すべてのインタラクティブアセット(インタラクティブビデオ、インタラクティブ画像、カルーセルセットなど)に使用します。その他すべてのダイナミックメディアコンポーネントでは、 ダイナミックメディア ​コンポーネントを使用します。
これらのコンポーネントはデフォルトでは使用できません。使用する前にデザインモードで選択しておく必要があります。 コンポーネントをデザインモードで使用できるようになったら 、他のAEMコンポーネントと同様に、コンポーネントをページに追加できます。

Dynamic Media コンポーネント

ダイナミックメディアコンポーネントはスマートです。画像を追加するかビデオを追加するかに応じて、様々なオプションがあります。 このコンポーネントは画像プリセット、画像ベースのビューア(画像セット、スピンセット、混在メディアセットなど)およびビデオをサポートします。また、ビューアはレスポンシブです。 つまり、画面のサイズは画面のサイズに基づいて自動的に変更されます。 すべてのビューアはHTML5ベースのビューアです。
When you add the Dynamic Media component, and Dynamic Media Settings is blank or you cannot add an asset properly, check the following:
  • Dynamic Media を有効にしている こと。Dynamic Media はデフォルトで無効になっています。
  • 画像が pyramid tiff ファイルであること。Dynamic Media を有効にする前に読み込まれた画像には、pyramid tiff ファイルはありません。

画像を操作する場合

The Dynamic Media component lets you add dynamic images, including image sets, spin sets, and mixed media sets. You can zoom in, zoom out, and if applicable turn an image within a spin set or select an image from another type of set.
また、ビューアプリセット、画像プリセットまたは画像形式をコンポーネント内で直接設定することもできます。画像をレスポンシブにするために、ブレークポイントの設定かレスポンシブ画像プリセットの適用のいずれかを実行できます。
You can edit the following Dynamic Media settings by clicking Edit in the component and then clicking the Dynamic Media Settings tab.
デフォルトでは、Dynamic Media 画像コンポーネントはアダプティブです。If you want to make it a fixed size, set it in the component in the Advanced tab with the Width and Height properties.
ビューアプリセット — ドロップダウンメニューから既存のビューアプリセットを選択します。 探しているビューアプリセットが表示されない場合は、表示できるように設定する必要があります。詳しくは、 ビューアプリセットの管理 を参照してください。画像プリセットを使用している場合は、ビューアプリセットを選択できません。逆の場合も同様です。
これは、画像セット、スピンセットまたは混在メディアセットを表示している場合にのみ使用できるオプションです。表示されるビューアプリセットもスマートで、関連するビューアプリセットのみが表示されます。
画像プリセット — ドロップダウンメニューから既存の画像プリセットを選択します。 探している画像プリセットが表示されない場合は、表示できるように設定する必要があります。 画像プリセットの管理 を参照してください。画像プリセットを使用している場合は、ビューアプリセットを選択できません。逆の場合も同様です。
このオプションは、画像セット、スピンセットまたは混在メディアセットを表示している場合には使用できません。
画像修飾子 — 画像効果を変更するには、追加の画像コマンドを指定します。 These are described in Managing Image Presets and the Command reference .
このオプションは、画像セット、スピンセットまたは混在メディアセットを表示している場合には使用できません。
ブレークポイント — レスポンシブサイトでこのアセットを使用する場合は、ページのブレークポイントを追加する必要があります。 画像のブレークポイントをコンマ(,)で区切って指定する必要があります。このオプションを使用できるのは、画像プリセットで高さまたは幅が定義されていないときです。
このオプションは、画像セット、スピンセットまたは混在メディアセットを表示している場合には使用できません。
You can edit the following Advanced Settings by clicking Edit in the component.
タイトル — 画像のタイトルを変更します。
代替テキスト — グラフィックをオフにしたユーザーの画像にタイトルを追加します。
このオプションは、画像セット、スピンセットまたは混在メディアセットを表示している場合には使用できません。
URL、開く場所 — からリンクを開くアセットを設定できます。 Set the URL and Open in to indicate whether you want it to open in the same window or a new window.
このオプションは、画像セット、スピンセットまたは混在メディアセットを表示している場合には使用できません。
幅と高さ — 画像を固定サイズにする場合は、値をピクセル単位で入力します。 これらの値を空にすると、アダプティブなアセットになります。

When working with video

Use the Dynamic Media component to add dynamic video to your web pages. When you edit the component you can choose to use a predefined video viewer preset for playing the video on the page.
You can edit the following Dynamic Media Settings by clicking Edit in the component.
By default, the Dynamic Media video component is adaptive. If you want to make it a fixed size, set it in the component with the Width and Height in the Advanced tab.
ビューアプリセット — ドロップダウンメニューから既存のビデオビューアプリセットを選択します。 探しているビューアプリセットが表示されない場合は、表示できるように設定する必要があります。詳しくは、 ビューアプリセットの管理 を参照してください。
You can edit the following Advanced settings by clicking Edit in the component.
タイトル — ビデオのタイトルを変更します。
幅と高さ — ビデオを固定サイズにする場合は、値をピクセル単位で入力します。 これらの値を空にすると、アダプティブな画像になります。

セキュアビデオの配信方法

AEM 6.2 で FP-13480 をインストールする場合、ビデオをセキュア SSL 接続(HTTPS)と非セキュア接続(HTTP)のどちらで配信するかを制御できます。デフォルトでは、ビデオ配信プロトコルは、埋め込み Web ページのプロトコルから自動的に継承されます。Web ページが HTTPS で読み込まれる場合、ビデオも HTTPS で配信されます。逆の場合も同様です。Web ページが HTTP で読み込まれる場合、ビデオも HTTP で配信されます。ほとんどの場合、このデフォルトの動作で問題ないため、特に設定を変更する必要はありません。ただし、ビデオをセキュアに配信するために、 VideoPlayer.ssl=on を URL パスの最後に付加するか、または埋め込みコードスニペットにある他のビューアの設定パラメーターのリストに付加して、このデフォルトの動作をオーバーライドすることができます。
ビデオのセキュア配信、および URL パスの VideoPlayer.ssl 設定属性の使用について詳しくは、『ビューアリファレンスガイド』の「 ビデオのセキュア配信 」を参照してください。ビデオビューアの他に、混在メディアビューアおよびインタラクティブビデオビューアでセキュアビデオ配信を使用できます。

インタラクティブメディアコンポーネント

インタラクティブメディアコンポーネントは、インタラクティビティ(ホットスポットまたは画像マップ)を含むアセット用です。インタラクティブ画像、インタラクティブビデオまたはカルーセルバナーがある場合は、 インタラクティブメディア ​コンポーネントを使用します。
The Interactive Media component is smart – depending on whether you add an image or a video, you have various options. また、ビューアはレスポンシブです。 つまり、画面のサイズは画面のサイズに基づいて自動的に変更されます。 すべてのビューアはHTML5ベースのビューアです。
コンポーネントの「 編集 」をクリックして、次の​ 一般 ​設定を編集できます。
ビューアプリセット — ドロップダウンメニューから既存のビューアプリセットを選択します。 探しているビューアプリセットが表示されない場合は、表示できるように設定する必要があります。ビューアプリセットを使用するには、あらかじめ公開する必要があります。詳しくは、ビューアプリセットの管理を参照してください。
タイトル — ビデオのタイトルを変更します。
幅と高さ — ビデオを固定サイズにする場合は、値をピクセル単位で入力します。 これらの値を空にすると、アダプティブな画像になります。
You can edit the following [Add To Cart settings by clicking Edit in the component.
Show Product Asset — デフォルトでは、この値が選択されています。 製品アセットには、コマースモジュールで定義された製品の画像が表示されます。製品アセットを表示しない場合はチェックマークをオフにします。
製品価格の表示 — デフォルトでは、この値が選択されています。 製品価格には、コマースモジュールで定義されたアイテムの価格が表示されます。製品価格を表示しない場合はチェックマークをオフにします。
Show Product Form — デフォルトでは、この値は選択されていません。 製品フォームには、サイズや色など製品のバリエーションが含まれます。製品のバリエーションを表示しない場合はチェックマークをオフにします。