Show Menu
トピック×

ローンチの昇格

コンテンツを公開する前にソース(実稼動)に戻すには、ローンチページを昇格させる必要があります。ローンチページが昇格されると、ソースページの対応するページが、昇格済みのページのコンテンツに置き換わります。ページを昇格させるときには、次のオプションを使用できます。
  • 現在のページのみを昇格させるか、ローンチ全体を昇格させるか。
  • 現在のページの子ページを昇格するかどうか。
  • すべてのローンチを昇格させるか、変更したページのみを昇格させるか。

ローンチページの昇格

ページを昇格させるには、昇格させるローンチページの編集中に、次の手順を実行します。
  1. サイドキックの「 ページ 」タブで、「 ローンチを昇格 」をクリックします。
  2. 昇格するページを指定します。
    • (Default) To promote only the current page, select Promote Page Changes To Production Version .
    • 現在のページの子ページも昇格させるには、「 サブページを含める 」を選択します。
    • ローンチ内のすべてのページを昇格させるには、「 完全なローンチを実稼動版に昇格 」を選択します。
  3. 実稼動版ページをワークフローパッケージに追加する場合は、「 ワークフローパッケージに追加 」を選択してワークフローパッケージを選択します。
  4. 昇格 」をクリックします。

AEM ワークフローを使用した昇格済みページの処理

次のワークフローモデルを使用して、昇格済みのローンチページの一括処理をおこないます。
  1. ワークフローパッケージを作成します。
  2. 作成者がローンチページを昇格するとき、ワークフローパッケージにローンチページを保存します。
  3. このパッケージをペイロードとして使用し、ワークフローモデルを開始します。
ページが昇格されたときに自動的にワークフローを開始するには、パッケージノードの ワークフローランチャーを設定 します。
例えば、作成者がローンチページを昇格したとき、ページのアクティベートのリクエストを自動的に生成することができます。パッケージノードが変更されたときにリクエストのアクティベートワークフローを開始するよう、ワークフローランチャーを設定します。