Show Menu
トピック×

DSRP 向け MySQL 設定

MySQL は、ユーザー生成コンテンツ(UGC)の保存に使用できるリレーショナルデータベースです。
次の手順で、MySQL サーバーに接続し、UGC データベースを設定する方法について説明します。

要件

MySQL のインストール

対象 OS の手順に従い、 MySQL をダウンロードしてインストールする必要があります。

小文字のテーブル名

SQL では大文字と小文字が区別されます。大文字と小文字が区別されるオペレーティングシステムでは、すべてのテーブル名を小文字にする設定を含める必要があります。
例えば、Linux OS でテーブル名をすべて小文字に指定するには、
  • ファイルの編集 /etc/my.cnf
  • In the [mysqld] section, add the following line:
    lower_case_table_names = 1

UTF8 文字セット

より優れた多言語対応を実現するには、UTF8 文字セットを使用する必要があります。
以下の操作で MySQL の文字セットを UTF8 に変更します。
  • mysql> SET NAMES 'utf8';
以下の操作で MySQL データベースをデフォルトから UTF8 に変更します。
  • ファイルの編集 /etc/my.cnf
  • In the [client] section, add the following line:
    default-character-set=utf8
  • In the [mysqld] section, add the following line:
    character-set-server=utf8

MySQL Workbench のインストール

MySQL Workbench には、スキーマと初期データをインストールする SQL スクリプトを実行するための UI が用意されています。
MySQL Workbenchは、ターゲットOSの指示に従ってダウンロードし、インストールする必要があります。

Communities の接続

MySQL Workbench を初めて起動したときは(他の目的で既に使用されていない場合)、接続はまだ表示されません。

新しい接続の設定

  1. Select the + icon to the right of MySQL Connections .
  2. ダイアログで、プ Setup New Connection ラットフォームに適した値を入力します
    デモ用に、作成者のAEMインスタンスとMySQLを同じサーバー上に配置します。
    • 接続名: Communities
    • 接続方法: Standard (TCP/IP)
    • Hostname: 127.0.0.1
    • ユーザー名: root
    • パスワード: no password by default
    • デフォルトのスキーマ: leave blank
  3. Select Test Connection to verify the connection to the running MySQL service
メモ :

新しい Communities 接続

データベースのセットアップ

データベースをインストールするには、Communities 接続を開きます。

SQL スクリプトの取得

SQL スクリプトは、AEM リポジトリから取得されます。
  1. CRXDE Liteを参照
  2. /libs/social/config/datastore/dsrp/schemaフォルダーを選択します
  3. ダウンロード init-schema.sql
スキーマをダウンロードする1つの方法は、
  • Select the jcr:content node for the sql file
  • Notice the value for the jcr:data property is a view link
  • データをローカルファイルに保存するには、ビューリンクを選択します

DSRP データベースの作成

次の手順に従って、データベースをインストールします。 The default name of the database is communities .
スクリプトでデータベース名を変更する場合は、 JDBC 設定 でも変更してください。

手順 1:SQL ファイルを開く

MySQL Workbench で、以下の設定をおこないます。
  • #プルダウンメニューから
  • ダウンロードした init_schema.sql

手順 2:SQL スクリプトの実行

In the Workbench window for the file opened in Step 1, select the lightening (flash) icon to execute the script.
以下の画像では、 init_schema.sql ファイルは実行可能です。

更新

Once the script is executed, it is necessary to refresh the SCHEMAS section of the Navigator in order to see the new database. 以下のように、「SCHEMAS」の右側にある更新アイコンを使用します。

JDBC 接続の設定

Day Commons JDBC Connections Pool の OSGi 設定では、MySQL JDBC ドライバーを設定します。
すべての AEM パブリッシュインスタンスおよびオーサーインスタンスが、同じ MySQL サーバーを指している必要があります。
MySQLをAEMとは異なるサーバーで実行する場合、JDBCコネクタの「localhost」の代わりにサーバーのホスト名を指定する必要があります。
  • 次の値を入力します。
    • JDBC ドライバークラス : com.mysql.jdbc.Driver
    • JDBC 接続 URI : jdbc:mysql://localhost:3306/communities?characterEncoding=UTF-8
      MySQLサーバーが「this」AEMサーバーと同じでない場合は、localhostの代わりにサーバーを指定します
      communitiesは 、デフォルトのデータベース(スキーマ)名です。
    • ユーザー名 : root
      または、MySQLサーバー用に設定されたユーザー名を入力します(「root」でない場合)。
    • パスワード :
      MySQLにパスワードが設定されていない場合は、このフィールドをクリアします。
      それ以外の場合は、MySQLユーザー名用に設定されたパスワードを入力してください
    • Datasource name MySQL connection に入力した名前(例:「communities」)
  • Select Save