Show Menu
トピック×

コミュニティでの Maven の使用

概要

AEM Communitiesドキュメントのこのセクションには、次の内容に加えて、以下のセクションが含まれます。
現在、個々のアーティファクトに代わる 2 つの「uber」アーティファクトがあります。

Communities API jar アーティファクト

AEM Communities API jar の GAV の例を次に示します。
<dependency>
    <groupId>com.adobe.cq.social</groupId>
    <artifactId>cq-socialcommunities-api</artifactId>
    <version>1.11.170</version>
    <scope>provided</scope>
</dependency>

指定したバージョンが、AEM Communities用にインストールされたCommunitiesパッケージバージョンに対応していることを確認します。 インストールされているバージョン番号を確認するには:
  1. 管理者権限でログインします。
  2. パッケージ cq-socialcommunities-pkg-1.x.xxx を探します。
  3. パッケージ名からバージョンを抽出します。
    • AEM 6.3 の最初のバージョンは、バージョン 1.11.170 です。
    • 機能パックはバージョン 1.12.xxx になります。
コミュニティのリリースを常に最新に保つことをお勧めします。
最新バージョンを確認するには、 最新リリース の節を参照してください。

Maven 依存関係の例

Uber API jar より前に Communities API jar を指定する必要があります。
<dependency>
    <groupId>com.adobe.cq.social</groupId>
    <artifactId>cq-socialcommunities-api</artifactId>
    <version>1.11.170</version>
    <scope>provided</scope>
</dependency>
<dependency>
    <groupId>com.adobe.aem</groupId>
    <artifactId>uber-jar</artifactId>
    <version>6.3.0</version>
    <scope>provided</scope>
    <classifier>apis</classifier>
</dependency>