Show Menu
トピック×

デプロイのベストプラクティス

デプロイのベストプラクティスでは、AEM を可能な限り効率的かつ効果的にデプロイまたは保守する方法を説明しています。AEM の様々な領域を対象としたトピックが順次追加されています。
次の領域について、ベストプラクティスのデプロイと保守、および推奨事項に関するドキュメントが提供されています。
管理、デプロイまたはオーサリングのベストプラクティスについては、次のページを参照してください。
以降の表では、特定のドキュメントの説明とリンクを示します。

Oak

Oak は、AEM の基礎となっている、拡張性の高い高性能の階層コンテンツリポジトリです。
スケーラビリティ、パフォーマンスおよびディザスタリカバリ
パフォーマンスとスケーラビリティ 技術的即応性、高いパフォーマンスおよび安定したディザスタリカバリ機能について説明したホワイトペーパーを提供しています。
推奨される Oak のデプロイメント 推奨されるデプロイメント デプロイメントシナリオについて説明します。
Mongo トポロジ Mongo トポロジのベストプラクティス Mongo トポロジについて、いつ、どのトポロジを使用するかを説明します。
データストアオプション ノードストアとデータストアの設定 バイナリデータおよびコンテンツノードの格納に関連するベストプラクティスについて説明します。Amazon S3 データストアの使用に関する情報が含まれます。
Oak 内の検索 クエリとインデックスに関するベストプラクティス コンテンツにインデックスを付ける方法のベストプラクティスについて説明します。

Communities

AEM Communitiesは、オンプレミスコミュニティの作成と管理を簡素化します。 AEM Communitiesのベストプラクティスは、次のとおりです。
Community Content Store — ユーザ生成コンテンツ(UGC)の新しい共有ストレージ機能と、基盤となるトポロジーを選択する際の考慮点について説明 します
コミュニティへの推奨デプロイメント — コミュニティで推奨されるデプロイメントについて説明します。 |

UI

ユーザーインターフェイスに関するベストプラクティスは、こちらで説明しています。
AEMには現在2つのUIがあります。従来のUIとタッチ操作向けUIを同じリリースで使用できます。したがって、お客様は、プロジェクトの導入時にどの使用を行うかを決定する必要があります。このドキュメントは、適切な選択肢を見つけるのに役立つものです。

パフォーマンス

パフォーマンスに関するベストプラクティスを以下に挙げます。
品質保証のベストプラクティス 品質保証のベストプラクティス A standardized overview of the issues involved with defining a Test Concept specifically for performance tests on your publish environment. 主に QA エンジニア、プロジェクトマネージャーおよびシステム管理者向けの内容となっています。
CDN での Dispatcher の使用 CDN での Dispatcher の使用 Akamai Edge Delivery または Amazon Cloud Front などのコンテンツ配信ネットワーク(CDN)は、エンドユーザーに近い場所からコンテンツを配信します。
パフォーマンスの最適化 パフォーマンスの最適化 Web サイトが訪問者の要求に応答するまでにどの程度の時間がかかるかは、非常に重要な問題です。
パフォーマンステスト パフォーマンステストに関するベストプラクティス AEM のデプロイメントのパフォーマンステストを実行する際のベストプラクティスについて説明します。