Show Menu
トピック×

Adobe PDF 設定の指定

Adobe PDF 設定ページには、使用するソースに対して指定可能な変換設定が表示されます。事前定義済みの PDF 設定を使用することも、独自の PDF 設定を作成することもできます。PDF 設定によって、ファイルの変換方法、およびその変換結果の PDF の構造や機能の詳細が決まります。旧バージョンでは、Adobe PDF 設定は Distiller® パラメーターまたはジョブオプションと呼ばれていました。
Adobe PDF 設定ページでは、次のタスクを実行できます。
Adobe PDF 設定は、PDFMaker ベースの変換の場合にのみ適用可能です。 この変換の対象は以下のとおりです。
  • Microsoft Word ドキュメント (DOC、DOCX、RTF、TXT)
  • Microsoft Excel ドキュメント (XLS、XLSX)
  • Microsoft PowerPoint ドキュメント (PPT、PPTX)
  • Microsoft Project ドキュメント (MPP)
  • Microsoft Visio ドキュメント (VSD)
OpenOffice を使用して変換する場合、Adobe PDF 設定は適用されません。

事前定義済み PDF 設定について

PDF Generator には、使用可能な事前定義済みの PDF 設定がいくつか用意されています。これらの定義済みの設定は変更できませんが、既存の設定を編集し、新しい名前で保存することにより、既存の設定を基にした設定を作成できます。
​高品質印刷:高品質出力用のPDFファイルを作成します。 この設定では、次の処理が行われます。
  • カラー画像とグレースケール画像を 300 dpi でダウンサンプルする。
  • モノクロ画像を 1200 dpi でダウンサンプルする。
  • 高い画像解像度で出力する。
  • 他の設定を使用して元のドキュメントに関する最大限の情報を保持する。
これらの PDF ファイルは、Adobe Acrobat 5 および Adobe Acrobat Reader® 5 以降で開くことができます。
​オーバーサイズページ:200 x 200インチを超える設計図の信頼性の高い表示と印刷に適したPDFドキュメントを作成します。 作成した PDF ドキュメントは、Adobe Acrobat Professional および Acrobat Standard バージョン 7 以降および Adobe Reader 7 以降で開くことができます。
​PDF/A-1B 2005 CMYK/PDF/A-1B 2005 RGB:電子ドキュメントの長期保存(アーカイブ)に関して、受信したジョブがISO規格に準拠しているかどうかを確認し、準拠している場合にのみPDF/Aファイルを作成します。 これらのファイルは主にアーカイブに使用されます。準拠しているファイルには、テキスト、ラスター画像およびベクトルオブジェクトを含めることができますが、暗号化やスクリプトを含めることはできません。また、ドキュメントが作成されたとおりに開いて表示されるように、すべてのフォントを埋め込む必要があります。PDF/A 1b は PDF 1.4 を使用し、すべての色を、選択した標準に応じて CMYK または RGB に変換します。この設定ファイルで作成された PDF ファイルは、Acrobat 5 および Acrobat Reader 5 以降で開くことができます。PDF/A について詳しくは、「アドビと業界標準」を参照してください。
​PDF/X-1a 2001:受信したジョブがPDF/X-1aに準拠しているかどうかを確認し、準拠している場合にのみPDFファイルを作成します。 PDF/X-1a は、グラフィックコンテンツ交換のための ISO 規格です。PDF/X-1a では、すべてのフォントを埋め込み、適切な PDF ボックスを指定して、色を CMYK またはスポットカラーとして表示する必要があります。PDF/X-1a 要件を満たす PDF ファイルは、特定の出力条件(Specifications Web Offset Publications に従った Web オフセット印刷など)に対象が絞られます。PDF/X について詳しくは、「アドビと業界標準」を参照してください。
​PDF/X-3 2002:受信したジョブがPDF/X-3に準拠しているかどうかを確認し、準拠している場合にのみPDFファイルを作成します。 PDF/X-3 は、PDF/X-1a と同様に、グラフィックコンテンツ交換のための ISO 規格です。主な違いは、PDF/X-3 はデバイスに依存しない色をサポートするという点です。
​プレス品質:高品質の印刷制作用(例えば、イメージセッターやプレートセッター上)のPDFファイルを作成します。 この場合、ファイルのサイズは考慮されません。目的は、商用プリンターまたはプリプレスサービスプロバイダーでドキュメントを正しく印刷するために必要な PDF ファイル内のすべての情報を維持することです。この一連のオプションでは、次の処理が行われます。
  • カラー画像とグレースケール画像を 300 dpi でダウンサンプルする。
  • モノクロ画像を 1200 dpi でダウンサンプルする。
  • ドキュメントで使用するすべてのフォントのサブセットを埋め込む。
  • 高い画像解像度で出力する。
  • テキストまたは PostScript ドキュメント構造化規約(DSC)コメントの方向に基づいてページを自動的に回転しない。
  • 他の設定を使用して元のドキュメントに関する最大限の情報を保持する。
埋め込むことができないフォントを使用する印刷ジョブは失敗します。これらの PDF ファイルは、Acrobat 5 および Acrobat Reader 5 以降で開くことができます。
Note : Before you create a PDF file to send to a commercial printer or prepress service provider, determine the output resolution and other settings, or request a .joboptions file with the recommended settings. 特定のプロバイダーのAdobe PDF設定をカスタマイズし、独自の.joboptionsファイルを提供する必要がある場合があります。
​最小ファイルサイズ:Webやイントラネットに表示するPDFファイルや、電子メールシステムを介して配布し、画面表示用のPDFファイルを作成します。 この一連のオプションでは、圧縮、ダウンサンプリング、および比較的低い画像解像度を使用します。すべての色は sRGB に変換され、必要な場合以外フォントは埋め込まれません。バイト処理のためのファイルの最適化も行います。これらの PDF ファイルは、Acrobat 5 および Acrobat Reader 5.0 以降で開くことができます。
​標準:デスクトッププリンターやデジタルコピーに印刷したり、CDに公開したり、校正刷りとしてクライアントに送信したりするためのPDFファイルを作成します。 この一連のオプションでは、圧縮とダウンサンプリングを使用してファイルサイズを低減します。また、使用するすべてのフォントのサブセットをファイルに埋め込んだり、すべての色を sRGB に変換したり、中程度の解像度で印刷して元のドキュメントの正確なレンダリングを作成します。Microsoft Windows フォントのサブセットは、デフォルトでは埋め込まれません。これらの PDF ファイルは、Acrobat 5 および Acrobat Reader 5.0 以降で開くことができます。

PDF 設定の追加または編集

PDF 設定によって、ファイルの変換方法、およびその変換結果の PDF の構造や機能の詳細が決まります。新しい PDF 設定を定義したり、作成済みの PDF 設定を編集したりします。事前定義済み設定は変更できませんが、既存の設定を編集し、新しい名前で保存することにより、既存の設定を基にした設定を作成できます。
  1. 管理コンソールで、サービス/PDF Generator/Adobe PDF 設定をクリックします。
  2. 「新規作成」をクリックするか、既存の設定の名前をクリックします。
  3. Adobe PDF 設定の新規作成/編集ページの以下のすべてのセクションの必須情報を入力します。
    別のセクションに移動する場合は、Web ページ上で該当のリンクをクリックするか、「次へ」または「前へ」ボタンを使用します。
  4. すべてのセクションの情報を入力したら、「保存」または「別名で保存」をクリックして、設定の名前を指定します。

PDF 設定のアップロード

PDF 設定をローカルコンピューターまたはネットワークの場所からアップロードして、PDF Generator で使用できるようにすることができます。
  1. 管理コンソールで、サービス/PDF Generator /Adobe PDF 設定をクリックし、「アップロード」をクリックします。
  2. Adobe PDF 設定のアップロードページで、「参照」をクリックし、PDF 設定ファイルを見つけたら、「開く」をクリックします。
  3. 「OK」をクリックし、「OK」を再度クリックします。

PDF 設定の削除

必要のない PDF 設定は完全に削除できます。
  1. 管理コンソールで、サービス/PDF Generator/Adobe PDF 設定をクリックします。
  2. 削除する設定の隣にあるチェックボックスを選択します。複数の設定を選択できます。
  3. 「削除」をクリックし、削除の確認ページで「削除」をもう一度クリックします。

一般オプション

ファイルの互換性を考慮して、使用する Acrobat のバージョンと、その他のファイルやデバイスのオプションを指定するには、一般オプションを使用します。一般オプションへのアクセス方法については、「 PDF 設定の追加または編集 」を参照してください。

ファイルオプション

​互換性:PDFファイルの互換性レベルです。 広範囲に配布されるドキュメントの場合は、Acrobat 4 (PDF 1.3)または Acrobat 5 (PDF 1.4)を選択して、すべてのユーザーがドキュメントを表示および印刷できるようにすることを検討してください。Acrobat 5 以降の互換性を使用してファイルを作成すると、前のバージョンの Acrobat との互換性が失われる場合があります。以下に、様々なレベルの Acrobat の互換性を使用して作成された PDF ファイルの違いをいくつか示します。
Acrobat 4(PDF 1.3)
Acrobat 5(PDF 1.4)
Acrobat 6(PDF 1.5)
Acrobat 7 (PDF 1.6)および Acrobat 8 (PDF 1.7)
Acrobat 3.0 および Acrobat Reader 3.0 以降で開くことができます。
Acrobat 3.0 および Acrobat Reader 3.0 以降で開くことができます。新しいバージョンに固有の機能は失われるか、表示されない場合があります。
ほとんどのファイルは Acrobat 4 および Acrobat Reader 4.0 以降で開くことができます。新しいバージョンに固有の機能は失われるか、表示されない場合があります。
ほとんどのファイルは Acrobat 4 および Acrobat Reader 4.0 以降で開くことができます。新しいバージョンに固有の機能は失われるか、表示されない場合があります。
透明効果を使用したアートワークを含めることはできません。PDF 1.3 に変換する前に、すべての透明効果部分を平坦化する必要があります。
アートワーク内での透明効果部分の使用がサポートされています。(Acrobat Distiller 機能によって透明効果部分は平坦化されます)。
アートワーク内での透明効果部分の使用がサポートされています。(Acrobat Distiller 機能によって透明効果部分は平坦化されます)。
アートワーク内での透明効果部分の使用がサポートされています。(Acrobat Distiller 機能によって透明効果部分は平坦化されます)。
レイヤーはサポートされません。
レイヤーはサポートされません。
レイヤー化された PDF ドキュメントの生成をサポートするアプリケーション(Adobe Illustrator® CS または Adobe InDesign® CS 以降など)から PDF ファイルを作成するときにレイヤーを保持します。
レイヤー化された PDF ドキュメントの生成をサポートするアプリケーション(Illustrator CS または InDesign CS 以降など)から PDF ファイルを作成するときにレイヤーを保持します。
8 チャンネルの DeviceN カラースペースがサポートされます。
8 チャンネルの DeviceN カラースペースがサポートされます。
最高 31 チャンネルまでの DeviceN カラースペースがサポートされます。
最高 31 チャンネルまでの DeviceN カラースペースがサポートされます。
マルチバイトのフォントが埋め込めます。埋め込み時のフォントの変換は Distiller によって行われます。
マルチバイトのフォントが埋め込めます。
マルチバイトのフォントが埋め込めます。
マルチバイトのフォントが埋め込めます。
40 ビットの RC4 セキュリティがサポートされます。
128 ビットの RC4 セキュリティがサポートされます。
128 ビットの RC4 セキュリティがサポートされます。
128-bit RC4 および 128-bit AES(Advanced Encryption Standard)セキュリティがサポートされます。
​Object Level Compression:小さなオブジェクト(各オブジェクト自体は圧縮不可)をストリームに統合し、効率的に圧縮できるようにします。
​オフ:PDFドキュメントの構造情報を圧縮しません。 このオプションは、ユーザーに Acrobat 5 以降を使用して、しおりおよびその他の構造情報を表示、移動および処理させる場合に選択します。
​タグのみ:PDFドキュメントの構造情報を圧縮します。 このオプションを使用すると、PDF ファイルを Acrobat 5 で開き、印刷できます。アクセシビリティ、構造またはタグ付き PDF の情報は、Acrobat 5 または Acrobat Reader 5.0 では表示できませんが、Acrobat 6 および Adobe Reader 6.0 では表示できます。
​ページの自動回転:テキストまたはDSCコメントの方向に基づくページの自動回転を設定します。 例えば、一部のページ(テーブルを含むページなど)では、ページを横向きにして読む必要があります。「ページごと」を選択すると、そのページのテキストの方向に基づいて各ページが回転します。「ファイルごとに一括」を選択すると、テキストの大部分の方向に基づいてドキュメント内のすべてのページが回転します。
注意​ :「詳細」設定で「DSC コメントを処理」が選択され、%%Viewing Orientation コメントが含まれている場合、これらのコメントはページ方向の決定時に優先されます。
​綴じ方:左綴じと右綴じのどちらでPDFファイルを表示するかを指定します。 この設定は、連続見開きページレイアウトでのページの表示、およびサムネールの並列表示に影響します。
​解像度:印刷先のプリンターの解像度に従って動作を調整する入力ファイルのプリンター解像度のエミュレーションを設定します。 多くの入力ファイルの場合、解像度を高く設定すると、大きい高画質の PDF ファイルが生成され、解像度を低く設定すると小さい低画質の PDF ファイルが生成されます。通常、解像度によって、グラデーションやブレンドのステップ数が決まります。72~4,000 の値を入力できます。PDF ファイルを特定のプリンターで印刷したり元の入力ファイルで定義されている解像度をエミュレートする場合を除き、デフォルトの値をそのまま使用します。
注意​ :解像度の設定を上げるとファイルサイズが大きくなり、処理にかかる時間が長くなる可能性があります。
​All Pages or Pages From:変換するページを指定します。 「開始ページ」ボックスに入力したページ番号からファイルの末尾までの範囲を作成する場合は、「終了ページ」ボックスを空のままにします。
​Web表示用に最適化:Webサーバーからページを一度に1つずつダウンロード(バイト処理)できるようにファイルを再構成します。 このオプションでは、「画像」タブの圧縮設定として選択した内容に関係なく、テキストとラインアートが圧縮されます。圧縮されることで、Web やネットワークからファイルをダウンロードするときのアクセスや表示が高速化されます。デフォルトでは、このオプションは無効です。

デフォルトページサイズ

「デフォルトページサイズ」オプションでは、元のファイルで指定されていない場合にページサイズを指定します。通常、Adobe PostScript ファイルにはこの情報が含まれますが、バウンディングボックスのサイズは指定されてもページサイズは指定されない Encapsulated PostScript(EPS)ファイルは例外です。許可される最大ページサイズは、どちらの方向でも 15,000,000 inch(31,800,000 cm)です。以下のオプションで、デフォルトページサイズを設定します。
​幅:ページの幅
​高さ:ページの高さ
​数量:幅と高さの設定に使用する単位

画像オプション

画像オプションでは、画像の圧縮と再サンプリングを指定します。これらのオプションを使用して、ファイルのサイズと画像品質のバランスを適切に調整することができます。画像設定へのアクセス方法については、 PDF 設定の追加または編集 を参照してください。
次のオプションで、カラー画像、グレースケール画像およびモノクロ画像を設定します。
​ダウンサンプル:画像のタイプごとに値を設定します。 カラー画像、グレースケール画像またはモノクロ画像をダウンサンプリングするために、PDF Generator ではサンプル領域内のピクセルを組み合わせて、1 つの大きいピクセルを作成します。出力デバイスの解像度をドット/インチ(dpi)単位で指定し、「次の画像サイズより大きい画像に適用」ボックスに解像度を dpi 単位で入力します。画像の解像度がこのしきい値よりも高い場合は、PDF Generator によってピクセルが必要に応じて結合され、画像の解像度(ピクセル/インチ)が指定された dpi 設定まで下げられます。ダウンサンプリングをオフにするには、「オフ」を選択します。オプションは、以下のとおりです。
​Average Downsampling To:サンプル領域のピクセルが平均化され、領域全体が指定した解像度の平均ピクセルカラーに置き換えられます。
​ダウンサンプル(バイキュービック法):重み付け平均を使用してピクセルカラーを決定します。通常、ダウンサンプリングの単純な平均化方法よりも良い結果が得られます。 バイキュービック法は最も低速ですが、最も正確な方法であるため、結果は最も滑らかな階調グラデーションになります。
​サブサンプリング先:サンプル領域の中央のピクセルを選択し、領域全体を指定した解像度のそのピクセルに置き換えます。 サブサンプリングは、ダウンサンプリングに比べ変換時間が大幅に短縮されますが、結果の画像は滑らかさや連続性に欠けます。
カラー画像とグレースケール画像の解像度設定は、ファイルを出力する際の走査線数の 1.5~2 倍にする必要があります(この推奨解像度設定を下回らない限り、直線または幾何学的なパターンや反復パターンを含まない画像は、低解像度の影響を受けません)。モノクロ画像の解像度は、出力デバイスと同じである必要があります。ただし、モノクロ画像を 1,500 dpi よりも高い解像度で保存すると、ファイルのサイズが大きくなるだけで画質は大幅には改善されません。
また、ユーザーがページを拡大する必要があるかどうかも考慮する必要があります。例えば、地図の PDF ドキュメントを作成している場合は、ユーザーが地図をズームインできるように、より高い画像解像度を使用することをお勧めします。
注意​ :白黒画像をリサンプルした場合に、画像が何も表示されないなど、予想外の結果が生じることがあります。このような問題が発生する場合は、再サンプリングをオフにして、ファイルをもう一度変換します。この問題は、サブサンプリングで最も頻繁に発生し、バイキュービックダウンサンプリングではほとんど発生しません。
次の表に、プリンターの種類とその解像度(dpi 単位)、それらのデフォルトの走査線数(ライン/インチ(lpi)単位)、および画像の再サンプリング解像度(ピクセル/インチ(ppi)単位)を示します。例えば、600 dpi のレーザープリンターに出力するには、画像の再サンプリング時の解像度として 170 を入力します。
プリンターの解像度
デフォルトのスクリーン線数
画像の解像度
300 dpi(レーザープリンター)
60 lpi
120 ppi
600 dpi(レーザープリンター)
85 lpi
170 ppi
1200 dpi(イメージセッタ)
120 lpi
240 ppi
2400 dpi(イメージセッタ)
150 lpi
300 ppi
​圧縮:カラー画像、グレースケール画像およびモノクロ画像に適用する値を設定します。 カラー画像とグレースケール画像の場合は、次の画質も設定します。
  • カラー画像またはグレースケール画像の場合、単一色の大きな領域や繰り返しパターンがある画像に適した圧縮を適用するために、ZIP を選択します。例えば、スクリーンショット、ペイントプログラムで作成した単純な画像、繰り返しパターンを含むモノクロ画像などです。グレースケール画像やカラー画像(画面や印刷で複製するよりも詳細な情報を含む連続階調写真など)に適している圧縮を適用する場合は、「JPEG」(最小画質から最大画質まで)を選択します。カラー画像やグレースケール画像の最高画質を自動的に決定する場合には、「自動(JPEG)」を選択します。
  • モノクロ画像の場合は、「CCITT Group 4」、「CCITT Group 3」、「ZIP」、「JPEG200」、「自動(JPEG2000)」、または「Run Length」の圧縮を選択します。
モノクロ画像は、グレースケールではなくモノクロとしてスキャンされます。スキャンされたテキストはデフォルトではグレースケール画像として保存される場合があります。JPEG 圧縮方法で圧縮されたグレースケールテキストは不鮮明で、判読できない場合があります。
​画質:カラー画像とグレースケール画像の画質を設定します。 オプションは、最小、低、中、高、最大です。
​グレーにアンチエイリアス:モノクロ画像のギザギザのエッジを滑らかにします。 2 ビット、4 ビット、または 8 ビットを選択して 4、16、または 256 のグレーレベルを指定します(アンチエイリアスによって、小さなフォントや細い線が不鮮明になる場合があります)。
注意​ :テキストとラインアートの圧縮は常にオンです。
​画像ポリシー:カラー画像、グレースケール画像およびモノクロ画像のポリシーを設定します。 画像の解像度が指定された解像度を下回った場合、処理を進めるか(無視する)、警告メッセージを表示するか、ジョブをキャンセルすることができます。

フォントオプション

フォントオプションでは、PDF ファイルに埋め込むフォント、および PDF ファイルで使用する文字のサブセットを埋め込むかどうかを指定します。フォントオプションへのアクセス方法については、 PDF 設定の追加または編集 を参照してください。
PDF ファイルを同じフォントのサブセットと結合すると、PDF Generator はフォントのサブセットの結合を試みます。
​すべてのフォントを埋め込む:ファイルで使用されるすべてのフォントを埋め込みます。 フォントの埋め込みは、PDF/X 準拠のために必要です。
​使用する文字の割合が次の値より小さい場合に埋め込みフォントをサブセット化:このオプションを選択した場合は、フォントのサブセットのみを埋め込むしきい値の割合を指定します。 例えば、しきい値が 35 で、35% 未満の文字が使用される場合、PDF Generator ではそれらの文字だけが埋め込まれます。適切な権限ビットを持つフォントだけが埋め込まれます。
​埋め込み失敗時:ファイルの処理時に埋め込むフォントが見つからない場合のPDF Generatorの応答方法を指定します。 PDF Generator で要求を無視してフォントを置き換えるか、警告を表示してフォントを置き換えるか、または現在のジョブの処理をキャンセルすることができます。
​フォントソース:PDF Generatorが使用するフォントの場所です。

埋め込むフォントの指定

  1. 管理コンソールで、サービス/PDF Generator/Adobe PDF 設定をクリックします。
  2. 「新規作成」をクリックするか、設定の名前をクリックします。
  3. 「フォント」をクリックして「すべてのフォントを埋め込む」を選択解除します。
  4. 「フォントソース」リストで、フォントソースを選択し、「移動」をクリックして左側にあるフォントのリストを更新します。
  5. 左側のボックスで任意のフォントをクリックします。次に、適切なボックスの隣の「追加」をクリックして、「常に埋め込むフォント」リストまたは「常に埋め込まないフォント」リストに移動します。各フォントに対してこの手順を繰り返します。移動するフォントを複数選択するには、Ctrl キーを押しながらフォントをクリックします。
  6. フォントを「常に埋め込むフォント」リストまたは「常に埋め込まないフォント」リストから削除するには、フォントを選択し、適切なボックスの隣の「削除」をクリックします。この操作を実行してもフォントはシステムから削除されません。フォントの参照がリストから削除されるだけです。
  7. 指定するフォントが表示されない場合は、「フォントを追加」ボックスにそのフォントの名前を入力し、「常に埋め込むフォント」または「常に埋め込まないフォント」をクリックします。フォント名には、英数字を含めることができません。
TrueType フォントには、フォントデザイナーによって追加された設定を含めることができます。この設定によって、フォントは PDF ファイルに埋め込まれません。
フォントは Windows システムのフォントのキャッシュから選択されます。キャッシュを更新するにはシステムを再起動する必要があります。カスタマーフォントディレクトリを指定した後、AEM Forms がインストールされているシステムを再起動します。

カラーオプション

カラーオプションは、PDF Generator のすべてのカラーマネジメント情報を設定します。カラーオプションへのアクセス方法については、「 PDF 設定の追加または編集 」を参照してください。

Adobe カラー設定

​設定ファイル:このリストには、Adobe PhotoshopやAdobe Illustratorなどの主要なグラフィックアプリケーションでも使用されるカラー設定のリストが含まれています。 選択したカラー設定によって、このページの他の Adobe カラー設定が決まります。例えば、「なし」以外の設定を選択すると、「デバイス依存データ」以外のすべてのオプションは事前に定義され淡色表示になります。「設定ファイル」で「なし」を選択した場合にのみ、「カラーマネジメントポリシー」および「作業用スペース」の設定を編集できます。

カラーマネジメントポリシー

「設定ファイル」で「なし」を選択した場合は、「カラーマネジメントポリシー」領域で、PDF Generator による PostScript ファイルでの管理対象外の色の変換方法を指定します。
​カラー変更なし:デバイス依存の色は変更せず、デバイス非依存の色はPDFで最も近い等価の色として保持されます。 このオプションは、すべてのデバイスを校正し、その情報を使用してファイル内の色を指定し、それらのデバイスにのみ出力するプリントショップで役に立ちます。
​カラーマネジメント用にすべてタグ付け:ファイルの抽出時にInternational Color Consortiumプロファイルを埋め込み、Acrobat 4(PDF 1.3)以降の互換性を選択した場合に結果のPDFファイルの色をデバイスに依存しない色にし、画像内の色を校正します。 ただし、ファイル内のデバイス依存カラースペース(RGB、グレースケールおよび CMYK)は、デバイス非依存カラースペース(CalRGB、CalGrey および LAB)に変換されます。
​カラーマネジメント用に画像のみタグ付け:Acrobat 4(PDF 1.3)の互換性を選択した場合、ファイルを抽出する際に、画像にのみICCプロファイルを埋め込み、テキストやグラフィックは埋め込みません。 このオプションにより、黒のテキストでカラーシフトが発生するのを回避します。ただし、画像内のデバイス依存カラースペース(RGB、グレースケールおよび CMYK)は、デバイス非依存カラースペース(CalRGB、CalGrey および LAB)に変換されます。テキストとグラフィックは変換されません。
​すべてsRGB色に変換またはすべてCMYK色に変換:ファイル内の色を校正し、「カラーマネジメント用にすべてタグ付け」と同様に、色がデバイスに依存しないようにします。 Acrobat 4 (PDF 1.3)以降の互換性を選択し、sRGB に変換すると、CMYK および RGB 画像は sRGB に変換されます。
選択した互換性オプションに関係なく、グレースケール画像は変更されません。これにより、RGB 画像を記述するために必要な情報は CMYK 画像を記述するための情報よりも少ないため、通常はサイズが縮小され、PDF ファイルの表示速度は速くなります。RGB はモニターで使用されるネイティブカラースペースであるため、表示中に色を変換する必要がなく、オンラインで高速表示されます。PDF ファイルをオンラインまたは低解像度のプリンターで使用する場合は、このオプションをお勧めします。
​ドキュメントレンダリングインテント:カラースペース間で色をマップする方法です。 各方法の結果は、カラースペースのプロファイルに応じて変わります。例えば、プロファイルによって、方法が異なっても結果が同じになるものもあります。指定できるオプションは次のとおりです。
注意​ :いずれの場合でも、PDF ファイルの作成後に行われるカラーマネジメント操作で、インテントを無視または上書きできます。
​保存:インテントがPDFファイルではなく出力デバイスで指定されることを意味します。 多くの出力デバイスのデフォルトインテントは、「相対的な色域を維持」になっています。
​知覚的:元のピクセル間で相対的なカラー値を、変換先のガマットにマップする際に維持します。 この方法を使用すると、色の値自体が変更された場合でも、色同士のビジュアルな関係が保持されます。
​彩度:元のピクセルの相対的な彩度値を維持します。 この方法は、色間の正確な関係よりも明るい純色を使用することが重視されるビジネスグラフィックに適しています。
​相対的な色域を維持:ソーススペースのホワイトポイントをターゲットスペースのホワイトポイントに再マップします。
​絶対的な色域を保持:色を変換する際の白と黒の点の一致を無効にします。 この方法は商標やロゴなどで使用されるシグネチャの色を保持する必要がある場合以外推奨されません。

作業用スペース

「カラーマネジメントポリシー」のリストにあるすべての値(「カラー変更なし」を除く)について、作業用スペース内のリストから、抽出された PDF ファイルでグレースケール、RGB および CMYK カラースペースを定義および校正するために使用する ICC プロファイルを選択して指定します。指定できるオプションは次のとおりです。
​グレー:ファイル内のすべてのグレースケール画像のカラースペースを定義します。 このオプションは、「カラーマネジメント用にすべてタグ付け」または「カラーマネジメント用に画像だけタグ付け」を選択した場合にのみ使用できます。グレー画像のデフォルトの ICC プロファイルは Gray Gamma 2.2 です。「なし」を選択して、グレースケール画像を変換しないようにすることもできます。
​RGB:ファイル内のすべてのRGB画像のカラースペースを定義します。 デフォルトの sRGBIEC61966-2.1 は、業界標準になりつつあり、多くの出力デバイスで認識されるため、一般的に適切な選択です。「なし」を選択して、RGB 画像を変換しないようにすることもできます。
​CMYK:ファイル内のすべてのCMYK画像のカラースペースを定義します。 デフォルト値は「U.S. Web Coated (SWOP) v2」です。「なし」を選択して、CMYK 画像を変換しないようにすることもできます。
注意​ :3 つの作業スペースすべてについて「なし」を選択すると、「カラー変更なし」を選択した場合と同じ結果になります。
​キャリブレーションされたCMYKカラースペースのCMYK値を保持:選択すると、デバイスに依存しないCMYK値がデバイス依存(DeviceCMYK)値として扱われ、デバイスに依存しないカラースペースが破棄され、PDF/X-1aファイルでは「すべてCMYKに変換」の値が使用されます。 選択しない場合、カラーマネジメントポリシーが「すべて CMYK 色に変換」に設定されていると、デバイス非依存カラースペースは CMYK に変換されます。

デバイス依存のデータ

これらのオプションは、Adobe Illustrator や Adobe InDesign などのハイエンドドキュメンテーションおよびグラフィックアプリケーションで作成されたドキュメントを処理している場合に適用されます。詳しくは、アプリケーションに付属のマニュアルを参照してください。
トランスファー関数は、芸術的な効果に使用したり、特定の出力デバイスの仕様に合わせて調整するために使用されます。例えば、特定のイメージセッターでの出力を目的とするファイルには、そのプリンターに固有のドットゲインを補正するトランスファー関数を含めることができます。
​アンダーカラーリムーバルと墨版合成を保持:これらの設定がPostScriptファイルに存在する場合は保持されます。 墨版合成によって、特定の色の複製を実行するときに使用する黒の量を計算します。アンダーカラーリムーバル(UCR)は、シアン、マゼンダおよび黄色のコンポーネント量を減らして、墨版合成で追加した黒の量を補います。UCR は、使用するインクの量が少ないので、通常は新聞印刷やコーティングされていない株券に使用されます。
​トランスファー関数が見つかった場合:トランスファー関数が見つかった場合の処理を決定します。
​保存:画像をフィルムに転送する際に発生する可能性のあるドットゲインまたはドットロスを補正するために従来使用されていたトランスファー関数を保持します。 ドットゲインは、印刷された画像を構成するインクドットが、(用紙に拡散されるなどの理由で)ハーフトーンスクリーンよりも大きい場合に発生します。ドットロスは、ドットが小さく印刷される場合に発生します。このオプションを使用すると、トランスファー関数はファイルの一部として保持され、ファイルが出力されるときにファイルに適用されます。
​適用:トランスファー関数は保持しませんが、ファイルに適用され、ファイル内の色が変更されます。 このオプションは、ファイル内に色の効果を作成する場合に役立ちます。デフォルトでは、このオプションは新しい設定で選択されます。
​削除:適用されたトランスファー関数を削除します。 PDF ファイルをソースの PostScript ファイルの作成元と同じデバイスに出力しない限り、適用されたトランスファー関数を削除します。
​ハーフトーン情報を保持:ファイル内のハーフトーン情報を保持します。 ハーフトーン情報は、用紙上の特定の場所でハーフトーンデバイスにより付着されるインクの量を制御するドットで構成されます。ドットのサイズと密度を変更すると、グレーまたは連続的な色の変化のイルージョンが作成されます。CMYK 画像の場合は、印刷プロセスで使用される各インクに 1 つずつ 4 つのハーフトーンスクリーンが使用されます。
従来の印刷制作では、ハーフトーンは、一片のフィルムと画像の間にハーフトーンスクリーンを配置し、フィルムを露出する方法で行われていました。Adobe Photoshop などにより電子的に実現する場合、ユーザーはフィルムや用紙の出力を行う前にハーフトーンスクリーン属性を指定できます。ハーフトーン情報は、特定の出力デバイスでの使用にのみ対応します。

詳細オプション

高度なオプションでは、PDF ファイルで維持する PostScript ドキュメント構造化規約(DSC)コメントと、PostScript からの変換に影響を与えるその他のオプションの設定方法を指定します。PostScript ファイルでは、DSC コメントには、ファイルに関する情報(作成元のアプリケーション、作成日、ページの方向など)が含まれ、ファイル内のページ記述のための構造(プロローグセクションの開始ステートメントと終了ステートメントなど)も提供されます。DSC コメントは、ドキュメントを印刷または出版する場合に役立つ場合があります。高度なオプションへのアクセス方法については、 PDF 設定の追加または編集 を参照してください。
高度なオプションを使用する場合は、PostScript 言語と、PDF への変換方法を理解することが重要です(「 Adobe PostScript 3 」を参照)。
​PostScriptファイルでAdobe PDF設定を上書きする:現在のAdobe PDF設定ファイルではなく、PostScriptファイルに保存されている設定を使用します。 PostScript ファイルを処理する前に、ファイルにパラメーターを指定して次の側面を制御できます。
  • テキストとグラフィックの圧縮
  • サンプル画像のダウンサンプリングとエンコード
  • Type 1 フォントや Type 1 Multiple Master フォントのインスタンスの埋め込み
​PostScript XObjectsを許可:PostScript XObjectsには、背景画像やヘッダーとフッターの情報など、同じファイルの多くのページに表示される情報が格納されます。 PostScript XObjects を使用すると、高速で印刷できますが、より多くのプリンターメモリが必要になります。Acrobat 5 (PDF 1.4)以降の互換性で PDF ファイルを作成している場合、PostScript XObjects が作成されないようにするには、このオプションの選択を解除します。
​グラデーションをスムーズシェーディングに変換:Acrobat 4以降でブレンドをスムーズシェーディングに変換し、PDFファイルを小さくし、最終出力の品質を向上させる可能性があります。 PDF Generator は、Adobe Illustrator、Adobe InDesign、Adobe Freehand MX、CorelDraw、Quark Xpress および Microsoft PowerPoint からグラデーションを変換します。
​曲線を曲線に変換:CAD図面で曲線を作成する際に使用するコントロールポイントの量を減らし、PDFのサイズを小さくし、画面上でのレンダリングを高速化します。
​Preserve Level 2 Copypage Semantics:LanguageLevel 3 postScriptではなく、LanguageLevel 2 postScriptで定義されたcopypage演算子を使用します。 PostScript ファイルがあるときにこのオプションを選択すると、copypage 演算子によってページがコピーされます。このオプションを選択しない場合、showpage 操作と同じ操作が実行されますが、グラフィック状態は再初期化されません。
​オーバープリント設定を保持:PDFに変換中のファイルのオーバープリント設定を保持します。 オーバープリントカラーは、それぞれの上に重なり合って印刷される 2 色以上のインクです。例えば、シアンのインクが黄色のインクの上に重なって印刷されると、結果のオーバープリントは緑色になります。オーバープリントを使用しない場合、元になる黄色は印刷されず、シアン色になります。
​オーバープリントの初期設定はノンゼロのオーバープリントです。CMYK値が0のオーバープリントオブジェクトがその下にあるCMYKオブジェクトを消し去るのを防ぎます。 この効果は、Setoverprint 演算子が存在する場合、常にOPM 1グラフィック状態パラメーターを PDF ファイルに挿入して実行されます。
​Adobe PDF設定をPDFファイル内に保存:PDFファイルの作成に使用する設定ファイルを埋め込みます。 Acrobat の添付ファイルダイアログボックスで(拡張子 .joboptions が付いている)設定ファイルを開いて表示できます。Adobe PDF 設定ファイルは、PDF ファイル内の EmbeddedFiles ツリーの項目になります。
​可能な場合はPDFに元のJPEG画像を保存:圧縮されたJPEG画像(DCTエンコードを使用して既に圧縮されている画像)を、再圧縮せずに処理します。 このオプションを選択すると、PDF Generator によって JPEG 画像が解凍されその画像が壊れていないか確認されますが、有効な画像は再圧縮されないので、元の画像はそのまま処理されます。このオプションを選択した場合、解凍のみが実行されて再圧縮は行われないので、パフォーマンスが向上し、画像データとメタデータが保持されます。
​Portable Job TicketをPDFファイル内に保存:PDFファイル内のPostScriptジョブチケットを保持します。 ジョブチケットには、コンテンツに関する情報ではなく、PostScript ファイルに関する情報(ページサイズ、解像度、トラッピング情報など)が含まれます。この情報は後からワークフローや PDF の印刷に使用できます。
​Prologue.psとEpilogue.psを使用します。各ジョブと共にプロローグファイルとエピローグファイルを送信します。 これらのファイルには多くの目的があります。例えば、プロローグファイルを編集してカバーページを指定したり、エピローグファイルを編集して PostScript ファイル内の一連のプロシージャを解決したりできます。これらのファイルはアップロードまたはダウンロードできます(プロローグファイルとエピローグファイルのアップロードおよびダウンロードを参照)。
​DSCコメントを処理:PostScriptファイルからDSC情報を管理します。 使用できるサブオプションは以下のとおりです。
​DSC警告をログ:処理中に問題のあるDSCコメントに関する警告メッセージを表示し、ログファイルに追加します。
​DSCからEPS情報を保存:EPSファイルの作成元のアプリケーションや作成日などの情報を保持します。 このオプションを選択しない場合、ページの左上オブジェクトの左上隅と右下オブジェクトの右下隅を基準にしてページのサイズが変更されて位置決めされます。
​OPIコメントを保持:For Placement Only(FPO)画像またはコメントを、Open Prepress Interface(OPI)バージョン1.3および2.0をサポートするサーバー上にある高解像度画像に置き換えるのに必要な情報を保持します。
​DSCのドキュメント情報を保存:タイトル、作成日、時刻などの情報を保持します。 Acrobat で PDF ファイルを開くと、この情報は、ドキュメントのプロパティの説明パネルに表示されます。
​EPSファイルのページサイズ変更とアートワークの中央配置:EPS画像を中央に配置し、画像の周りにぴったりと収まるようにページのサイズを変更します。 このオプションは、1 つの EPS ファイルで構成されるジョブにのみ適用されます。

規格への準拠とレポートオプション

PDF Generator では、PostScript ファイル内のドキュメントコンテンツをチェックし、PDF ファイルを作成する前に標準の PDF/X-1a、PDF/X-3 または PDF/A 基準を満たしているかどうかを確認できます。PDF/X 準拠ファイルの場合は、「規格への準拠とレポート」で他のオプションを選択して、PostScript ファイルが追加の基準を満たすことを必須にすることもできます。これらのオプションが使用可能かどうかは、選択した規格に応じて異なります。
PDF/X 準拠のファイルは主に、高解像度印刷物の制作を目的とした PDF ファイルの交換のための標準化形式として使用されます。印刷物制作のために PDF ドキュメントを作成していない場合は、PDF/X 準拠基準を無視できます。
PDF/A 準拠ファイルは主にアーカイブに使用されます。長期間の保持が目的であるため、ドキュメントには、ドキュメントの必要な存続期間を通じて開いたり表示したりするために必要な内容のみを含める必要があります。例えば、PDF/A 準拠ファイルには、テキスト、ラスター画像、およびベクトルオブジェクトを含めることができますが、これらのファイルには暗号化やスクリプトを含むことはできません。また、ドキュメントが作成されたとおりに開いて表示されるように、すべてのフォントを埋め込む必要があります。つまり、PDF/A 準拠のドキュメントは、ハイエンドの制作を目的としている PDF/X よりも「 スリム 」になります。
PDF/A 準拠ファイル作成用に監視フォルダーを設定する場合は、フォルダーにセキュリティを追加しないようにしてください。PDF/A 標準では暗号化は使用できません。
規格への準拠とレポートオプションへのアクセス方法については、「 PDF 設定の追加または編集 」を参照してください。
​準拠する規格:標準を選択して、ファイルが要件に準拠しているかどうかを示すレポートを作成し、準拠していない場合は問題が発生したかどうかを示します。 一般設定ページの「互換性」が Acrobat 4.0 に設定されている場合、下記のオプションが有効になります。「互換性」が Acrobat 5.0 に設定されている場合は、Acrobat 5.0 のオプションのみが選択可能です。「互換性」で他のオプションが設定されている場合、下記のオプションは淡色表示になります。
  • PDF/X-1a(Acrobat 4.0 互換)
  • PDF/X-3(Acrobat 4.0 互換)
  • PDF/X-1a(Acrobat 5.0 互換)
  • PDF/X-3(Acrobat 5.0 互換)
  • PDF/A-1b(Acrobat 5.0 互換)

PDF/X 標準のオプション

​準拠していない場合:PostScriptファイルがPDF/Xの要件に準拠していない場合にPDFファイルを作成するかどうかを指定します。 このオプションは、規格への準拠とレポートページの「準拠する規格」が「なし」以外のオプションに設定されている場合に使用できます。
​続行:PDFファイルを作成します。
​ジョブのキャンセル:PostScriptファイルが選択したレポートオプションのPDF/X要件を満たし、それ以外の場合は有効な場合にのみPDFファイルを作成します。 両方の PDF/X レポートオプションが選択され、PostScript ファイルが 1 組の PDF/X 基準(PDF/X-3 など)だけを満たす場合、PDF Generator では準拠するファイルが作成されます。
​仕上がりサイズもアートサイズも指定されていない場合:規格への準拠とレポートページの「準拠する規格」が「なし」以外のオプションに設定されている場合に使用できます。
​エラーとしてレポート:レポートオプションの1つが選択され、仕上がりサイズまたはアートサイズがページにない場合、PostScriptファイルに非準拠としてフラグを付けます。
​仕上がりサイズをメディアサイズからのオフセットで指定:仕上がりサイズもアートサイズも指定されていない場合、各ページのメディアサイズのオフセットに基づいて、仕上がりサイズのポイントの値を計算します。 トリムボックスは常にそれを囲むメディアボックスと同じ大きさかそれよりも小さくなります。
​裁ち落としサイズが指定されていない場合:規格への準拠とレポートページの「準拠する規格」が「なし」以外のオプションに設定されている場合に使用できます。
​裁ち落としサイズをメディアサイズに設定:裁ち落としサイズが指定されていない場合は、メディアサイズの値を裁ち落としサイズに使用します。
​裁ち落としサイズを仕上がりサイズからのオフセットで指定:裁ち落としサイズが指定されていない場合、各ページの仕上がりサイズのオフセットに基づいて裁ち落としサイズのポイントの値が計算されます。 ブリードボックスは常にそれが囲んでいるトリムボックスと同じ大きさかそれよりも大きくなります。
​ドキュメントで指定されていない場合のデフォルト値:このオプションは、規格への準拠とレポートページの「準拠する規格」が「なし」以外のオプションに設定されている場合に使用できます。
​出力インテントのプロファイル名:ドキュメントの印刷条件の特性を示します。 ドキュメントで OutputIntent 名が指定されていない場合、PDF Generator ではこのメニューから選択した値が使用されます。指定された名前の 1 つを選択するか、スペースに名前を入力します。ワークフローで、ドキュメントが出力インテントを指定することを必要とする場合は、「なし」を選択します。要件を満たさないドキュメントは、準拠チェックに失敗します。
​出力条件識別子:出力インテントプロファイル名のレジストリで指定された参照名を示します。
​出力条件:目的の印刷条件を指定します。 このエントリは、PDF ドキュメントの受信者にとって役に立ちます。
​レジストリ名(URL):レジストリの詳細について、Webアドレスを示します。 URL は ICC レジストリ名に対して自動的に入力されます。
​トラッピング:ドキュメント内のトラップの状態を示します。 PDF/X に準拠するためには、True または False の値が必要です。文書でトラッピング状態が指定されていない場合は、ここで指定する値が使用されます。ワークフローで、ドキュメントがトラップ状態を指定することを必要とする場合は、「不明を維持」を選択します。要件を満たさないドキュメントは、準拠チェックに失敗します。

PDF/A 標準のオプション

「互換性」(一般領域に存在)が Acrobat 4(PDF 1.3)または、Acrobat 5(PDF 1.4)に設定されている場合、上記のオプションはすべて有効になります。
​準拠していない場合:PostScriptファイルがPDF/Aの要件に準拠していない場合にPDFファイルを作成するかどうかを指定します。
​続行:PostScriptファイルが標準の要件を満たしていない場合でも、PDFファイルを作成します。
​ジョブのキャンセル:PostScriptファイルがPDF/A要件を満たし、それ以外の場合に有効な場合にのみPDFファイルを作成します。
​出力インテントのプロファイル名:ドキュメントが準備され、PDF/A準拠に必要な印刷条件の特徴を示します。 ドキュメント内で出力インテント情報を指定することがワークフローで必要な場合は、「なし」を選択します。この情報が指定されていないドキュメントでは、互換性チェックが失敗します。
​出力条件:目的の印刷条件を指定します。 このエントリは必須ではありませんが、PDF ドキュメントの受信者に役立つ情報を示す目的で使用できます。

初期表示オプション

このオプションは、ドキュメントのオプション、ウィンドウのオプションおよびユーザーインターフェイスのオプションの 3 つの領域に分類されます。初期表示オプションへのアクセス方法については、 PDF 設定の追加または編集 を参照してください。
オプションを使用するには、「初期表示設定」を選択します。

ドキュメントのオプション

ドキュメントオプションは、ドキュメントウィンドウ内のドキュメントの表示(拡大レベルやスクロール方法など)を制御します。
​表示:アプリケーションウィンドウにデフォルトで表示するウィンドウとタブを決定します。 「しおりパネルとページ」を選択すると、ドキュメントウィンドウが開き、「Bookmarks」タブが表示されます。
​ページレイアウト:ドキュメントを単一ページ、見開きページ、連続ページ、または連続見開きページモードで表示するかどうかを指定します。
​倍率:ドキュメントを開いたときに表示するズームレベルを設定します。 デフォルトでは、Acrobat または AdobeReader 環境設定でユーザーが設定した拡大値が使用されます。
​開くページ番号:ドキュメントを開くページを設定します。通常は1ページ目です。
注意​ :拡大およびページレイアウトオプションにデフォルト値を設定すると、Acrobat または Adobe Reader 内のページ表示環境設定でユーザーが設定した値が使用されます。

ウィンドウのオプション

ウィンドウオプションを使用して、ユーザーがドキュメントを開くときの画面領域でのウィンドウの調整方法を決定します。ただし、PDF ドキュメントが Web ブラウザー内に表示されている場合、これらのオプションは無効です。
​初期ページにウィンドウサイズを変更:「ドキュメントのオプション」で選択したオプションに従って、開いているページに合わせてドキュメントウィンドウを調整します。
​ウィンドウを画面中央に配置:ウィンドウを画面領域の中央に配置します。
​フルスクリーンモードで開く:ドキュメントウィンドウを最大化し、メニューバー、ツールバー、ウィンドウコントロールなしでドキュメントを表示します。
​表示:Filenameは、ウィンドウのタイトルバーにファイル名を表示します。 ドキュメントタイトルには、ウィンドウのタイトルバーのドキュメントタイトルが表示されます。

ユーザーインターフェイスのオプション

ユーザーインターフェイスオプションによって、ユーザーがドキュメントを開いたときに表示または非表示にするコントロールを決定します。
​メニューバーを非表示:選択すると、メニューバーが非表示になります
​ツールバーを非表示:選択すると、ツールバーが非表示になります。
​ウィンドウコントロールを非表示にする:選択すると、ウィンドウコントロールが非表示になります
注意​ :メニューバーとツールバーを非表示にすると、Acrobat でファイルを開いた場合に、キーボードショートカットを知らない限り、コマンドの適用やツールの選択ができません。

プロローグファイルとエピローグファイルのアップロードおよびダウンロード

プロローグファイルは、各 PostScript ジョブの抽出の開始時に実行する、カスタム PostScript コードを追加するために使用されます。エピローグファイルは、各 PostScript ジョブの終了時に実行する、カスタム PostScript コードを追加するために使用されます。プロローグファイルとエピローグファイルをサーバーからダウンロードして、ローカルに保存できます。これらのファイルをダウンロードして個別に設定したり、別の場所や別のコンピューターにアップロードしたりすることができます。
これらのファイルには多くの目的があります。例えば、プロローグファイルを編集してカバーページを指定したり、エピローグファイルを編集して PostScript ファイル内の一連のプロシージャを解決できます。また、プロローグファイルとエピローグファイルを選択して、アップロードし、各ジョブと共に送信することもできます。

プロローグファイルまたはエピローグファイルのダウンロード

  1. 管理コンソールで、サービス/PDF Generator/Adobe PDF 設定をクリックします。
  2. 「新規作成」をクリックするか、設定の名前をクリックします。
  3. 「詳細」をクリックし、「Prologue.ps と Epilogue.ps を使用」オプションの隣にある「ダウンロード」をクリックします。
  4. Prologue ファイルと Epilogue ファイルのダウンロードページで、「Prologue.ps」または「Epilogue.ps」をクリックし、「保存」をクリックします。

プロローグファイルまたはエピローグファイルのアップロード

  1. 管理コンソールで、サービス/PDF Generator/Adobe PDF 設定をクリックします。
  2. 「新規作成」をクリックするか、設定の名前をクリックします。
  3. 「詳細」をクリックし、「Prologue.ps と Epilogue.ps を使用」オプションの横にある「アップロード」をクリックします。
  4. Prologue ファイルと Epilogue ファイルのアップロードページで、「参照」をクリックしてプロローグファイルまたはエピローグファイルを選択します。
  5. ファイルを探して「開く」をクリックします。
  6. ファイルを使用するには、Adobe PDF 設定の新規作成/編集ページの「詳細」領域で「Prologue.ps と Epilogue.ps を使用」が選択されていることを確認します。
  7. 「保存」をクリックします。
PDF Generator は、PostScript ファイルおよび Encapsulated PostScript ファイルの PDF への変換についてのみプロローグファイルとエピローグファイルをサポートします。