Show Menu
トピック×

ページエクスポーター

AEM allows you to export a page as a complete web page including images, .js and .css files.
設定が完了したら、URLのをに置き換えて、ブラウザーからページの書き出し html を要求 export.zip します。 これにより、HTML形式でレンダリングされたページと参照先のアセットが含まれたアーカイブ(zip)ファイルが生成されます。 ページ内のすべてのパス(例えば、画像へのパス)が、アーカイブに含まれるファイルまたはサーバー上のリソースを指すように書き直されます。 アーカイブ(zip)ファイルをブラウザーからダウンロードできます。
! ブラウザーと設定に応じて、ダウンロードは次のいずれかになります。
  • アーカイブファイル( <page-name>.export.zip )
  • フォルダ( <page-name> ); 効果的にアーカイブ・ファイルは既に拡張済み

ページの書き出し

The following steps describe how to export a page, and assume that an export configuration template exists for your site. A configuration template defines the way a page is exported and is specific to your site. To create a configuration template refer to the Creating a Page Exporter Configuration for your Site section.
ページを書き出すには:
  1. 目的のページに移動し、ページを選択して、 プロパティ ダイアログを開きます。
  2. 詳細 」タブを選択します。
  3. 書き出し 」フィールドを展開し、設定テンプレートを選択します。 サイトに必要なテンプレートを選択し、「 OK 」をクリックして確認します。
  4. 保存して閉じる 」を選択して、ページプロパティダイアログを閉じます。
  5. ページの書き出しを要求し、サフィックス html をURLの export.zip に置き換えます。
    次に例を示します。
    • localhost:4502/content/we-retail/language-masters/en.html
    次を介してアクセス:
    • localhost:4502/content/we-retail/language-masters/en.export.zip
  6. アーカイブファイルをファイルシステムにダウンロードします。
  7. ファイルシステムで、必要に応じてファイルを解凍します。 展開すると、選択したページと同じ名前のフォルダーが作成されます。 このフォルダーには次が含まれます。
    • サブフォルダー content 。リポジトリ内のページへのパスを反映した一連のサブフォルダーのルートです。
    • この構造内には、選択したページのhtmlファイルがあります( <page-name>.html )
    • その他のリソース( .js ファイル、 .css ファイル、画像など) は、書き出しテンプレートの設定に従って配置されます。
  8. Open the page html file ( <unzip-dir>/<path>/<to>/<page>/<page-path>.html ) in your browser to check the rendering.

サイト用のページエクスポーター設定の作成

ページエクスポーターは、コンテンツ同期フレームワークに基づいています。 「 ページプロパティ 」ダイアログで使用できる設定は、ページに必要な依存関係を定義する書き出しテンプレートです。
ページの書き出しがトリガーされると、書き出しテンプレートが参照され、ページパスとデザインパスの両方が動的に適用されます。 その後、標準のコンテンツ同期機能を使用してzipファイルを作成します。
AEMは、の下にデフォルトのテンプレートを埋め込み /etc/contentsync/templates/default ます。
  • このテンプレートは、リポジトリに設定テンプレートが見つからない場合のフォールバックテンプレートです。
  • この default テンプレートは、ページエクスポートの設定方法を示し、新しい設定テンプレートのベースとして機能します。
  • テンプレートのノード構造をJSON形式で表示するには、次のURLを要求します。 http://localhost:4502/etc/contentsync/templates/default.json
新しいページエクスポーターテンプレートを作成する最も簡単な方法は次のとおりです。
  • テン default プレートのコピー、
  • サイトに適した新しい名前を割り当て、
  • 次に、必要な更新を行います。
完全に新しいテンプレートを作成するには:
  1. In CRXDE Lite , create a node below /etc/contentsync/templates :
    • Name : サイトに適した名前 例えば、 <mysite> 。 ページエクスポーターテンプレートを選択すると、ページプロパティダイアログに名前が表示されます。
    • Type : nt:unstructured
  2. テンプレートノード(ここでは mysite )の下に、以下で説明する設定ノードを使用してノード構造を作成します。

ページのページエクスポータテンプレートのアクティブ化

テンプレートを設定したら、使用可能にする必要があります。
  1. CRXDEで、必要なページに移動します。
  2. jcr:content ノードで、以下のプロパティを作成します。
    • Name : cq:exportTemplate
    • Type : String
    • Value : テンプレートのパス 例: /etc/contentsync/templates/mysite

ページエクスポーター設定ノード

テンプレートはノード構造で構成されます。 各ノードには、zipファイルの作成プロセスでの特定のアクションを定義する type プロパティがあります。 typeプロパティの詳細については、コンテンツ同期フレームワークページの「設定タイプの概要」の節を参照してください。
書き出し設定テンプレートを作成するには、以下のノードを使用できます。
  • page page ノードは、ページの HTML を zip ファイルにコピーする際に使用します。次のような特徴があります。
    • 必須ノードである。
    • は下にあり /etc/contentsync/templates/<sitename> ます。
    • Its name is page .
    • Its node type is nt:unstructured
    page ノードには以下のプロパティがあります。
    • A type property set with the value pages .
    • path プロパティはありません。現在のページパスが設定に動的にコピーされます。
    • その他のプロパティは、コンテンツ同期フレームワークの「設定の種類の概要」セクションに説明されています。
  • rewrite rewrite ノードでは、書き出したページでリンクを書き換える方法を定義します。書き換え後のリンクは、zip ファイルに含まれるファイルまたはサーバー上のリソースを指すことができます。
    rewrite ノードについて詳しくは、コンテンツ同期ページを参照してください。
  • design design ノードは、書き出されるページに使用されているデザインをコピーする際に使用します。次のような特徴があります。
    • オプションである。
    • は下にあり /etc/contentsync/templates/<sitename> ます。
    • Its name is design .
    • Its node type is nt:unstructured .
    design ノードには以下のプロパティがあります。
    • A type property set to the value copy .
    • path プロパティはありません。現在のページパスが設定に動的にコピーされます。
  • generic 汎用ノードは、クライアントライブラリの .js ファイルや .css ファイルのようなリソースを zip ファイルにコピーする際に使用します。次のような特徴があります。
    • オプションである。
    • は下にあり /etc/contentsync/templates/<sitename> ます。
    • 特定の名前を持たない。
    • Its node type is nt:unstructured .
    • Has a type property and any type related properties as defined in the Overview of configuration types section of the Content Sync framework.
    For example the following configuration node copies the mysite.clientlibs.js files to the zip file:
    "mysite.clientlibs.js": {
        "extension": "js",
        "type": "clientlib",
        "path": "/etc/designs/mysite/clientlibs",
        "jcr:primaryType": "nt:unstructured"
    }
    
    
カスタム設定の実装
カスタム設定も可能です。
特定の要件を満たすには、カスタム type プロパティの実装が必要になる場合があります。 これを行うには、コンテンツの同期ページの「カスタム更新ハンドラーの実装」の節を参照してください。

プログラムによるページの書き出し

プログラムによってページを書き出すには、 PageExporter OSGI サービスを使用できます。このサービスを使用すると、次のことが可能です。
  • ページを書き出して HTTP サーブレット応答に書き込む。
  • ページを書き出して zip ファイルを特定の場所に保存する。
export セレクターおよび zip 拡張子にバインドされているサーブレットは PageExporter サービスを使用します。

トラブルシューティング

If you experience a problem with the download of the zip file, you may delete the /var/contentsync node in the repository and send the export request again.