Show Menu
トピック×

コンポーネントデータと Adobe Analytics プロパティとのマッピング

Adobe Analytics に送信するデータを収集するフレームワークにコンポーネントを追加します。分析データを収集するために設計されたコンポーネントは、適切な CQ 変数 ​にデータを保存します。When you add such a component to a framework, the framework displays the list of CQ variables so that you can each to the appropriate Analytics variable .
AEMビューを開くと 、Analytics変数がコンテンツファインダーに表示されます。
You can map multiple Analytics variables with the same CQ variable .
ページが読み込まれ、次の条件が満たされると、マッピングされたデータがAdobe Analyticsに送信されます。
  • ページがフレームワークに関連付けられている。
  • ページが、フレームワークに追加されたコンポーネントを使用する。
CQコンポーネント変数をAdobe Analyticsレポートプロパティにマッピングするには、次の手順を実行します。
  1. AEMビューで、サイドキック ​からフレームワークにトラッキングコンポーネントをドラッグします。 For example, drag the Page component component from the General category.
    デフォルトのコンポーネントグループには、「 一般 」、「 コマース 」、「 コミュニティ 」、「 Search&Promote 」および「 その他 」があります。AEM インスタンスは、異なるグループおよびコンポーネントを表示するように設定されていることがあります。
  2. To map Adobe Analytics variables with variables that are defined in the component, drag an Analytics variable from the content finder onto a field on the tracking component. 例えば、にドラッグ Page Name (pageName) します pagedata.title
    フレームワークに対して選択されたレポートスイートID(RSID)によって、コンテンツファインダーに表示されるAdobe Analytics変数が決まります。
  3. 他のコンポーネントおよび変数について、前述の 2 つの手順を繰り返します。
    You can map multiple Analytics variables (e.g. props , eVars , events ) to the same CQ variable (e.g. pagedata.title )
    次の状態が強く推奨されます。
    • eVars とは、 props CQ変数にマッピングされます。この変数は、 pagedata.X eventdata.X
    • それに対して、イベントは eventdata.events.X で始まる変数にマッピングされる必要があること
  4. To make the framework available on the publish instance of your site, open the Page tab of sidekick, and click Activate Framework.

Adobe Analytics フレームワークでの Content Finder(cf#)の使用

最初に、Adobe Analyticsフレームワークを開くと、コンテンツファインダーには、次の事前定義済みのAnalytics変数が含まれます。
  • トラフィック
  • コンバージョン
  • イベント
RSID が選択されている場合、その RSID に属するすべての変数がリストに追加されます。 The cf# is needed in order to map Analytics variables to the CQ variables present on the different tracking components. 基本トラッキングのためのフレームワークのセットアップを参照してください。
フレームワーク用に選択したビューに応じて、コンテンツファインダーは、Analytics変数(AEMビュー)またはCQ変数(Analyticsビュー)によって入力されます。
リストは、次の方法で操作できます。
  1. AEM ビュー ​では、リストは、3 つのフィルターボタンを使用してどの変数の型が選択されているかに応じて、フィルターできます。
    • どのボタンも選択されて​ いない ​場合、完全なリストが表示されます。
    • If the Traffic button is selected, the list will only show the variables belonging to the Traffic section.
    • If the Conversion button is selected, the list will only show the variables belonging to the Conversion section.
    • イベント 」ボタンが選択されている場合、リストには、「イベント」セクションに属する変数のみが表示されます。
    一度に 1 つのフィルターのみアクティブにできます。
    Search&Promote変数は、コンバージョンセクションにも属します。
    1. また、リストには検索機能があり、検索フィールドに入力されたテキストに従って要素をフィルタリングします。
    2. リストの要素の検索中にフィルターオプションを有効にした場合、表示される結果も、アクティブなボタンに従ってフィルタリングされます。
    3. リストは、渦巻き矢印ボタンを使用して、いつでもリロードできます。
    4. 複数の RSID がフレームワークで選択されている場合、リストのすべての変数は、選択した RSID 内で使用されたすべてのラベルを使用して表示されます。
  2. Adobe Analyticsビューでは、CQビューにドラッグされたトラッキングコンポーネントに属するすべてのCQ変数がコンテンツファインダーに表示されます。
    • e.g. in case the Download component is the only one dragged in CQ view (which has two mappable variables eventdata.downloadLink and eventdata.events.startDownload ), the Content Finder wil look like this when switching to Adobe Analytics view:
    • The variables can be dragged&dropped onto any Adobe Analytics variable belonging to either one of the 3 variable sections ( Traffic , Conversion and Events ).
    • 新しいトラッキングコンポーネントをCQビューのフレームワークにドラッグすると、そのコンポーネントに属するCQ変数がAdobe Analyticsビューのコンテンツファインダー(cf#)に自動的に追加されます。
    一度に1つのAdobe Analytics変数にマップできるCQ変数は1つだけです

AEM ビューと Analytics ビューの使用

フレームワークページ上でAdobe Analyticsのマッピングを表示する方法は、いつでも2つ切り替えることができます。 2 つのビューは、2 つの異なる見方からのフレームワーク内のマッピングの概要をわかりやすく提供します。

AEM ビュー

上記の図を例に挙げると、 AEM ビュー ​には次のプロパティがあります。
  1. これはフレームワークが開いたときのデフォルトの表示です。
  2. 左側:コンテンツファインダー(cf#)は、選択したRSIDに基づいてAdobe Analytics変数によって入力されます。
  3. タブヘッダー( AEM ビュー ​と Analytics ビュー ):2 つのビューを切り替えるのに使用します。
  4. AEM ビュー :
    1. フレームワークにその親から継承されるコンポーネントがある場合、コンポーネントにマッピングされた変数と共に、ここにリストが表示されます。
      1. 継承されたコンポーネントはロックされています。
      2. 継承されたコンポーネントのロックを解除するには、コンポーネントの名前の横にある鍵アイコンをダブルクリックします。
      3. 継承を元に戻すには、ロックされていないコンポーネントを削除する必要があります。その後、コンポーネントはロックされた状態に戻されます。
    2. 分析フレームワークにコンポーネントを追加するには、ここにコンポーネントをドラッグします :コンポーネントはサイドキックからドラッグアンドドロップすることができます。
    3. 現在分析フレームワークに含まれるすべてのコンポーネントを検索できます。
      1. コンポーネントを追加するには、サイドキックの「コンポーネント」タブからドラッグします。
      2. コンポーネントとそのすべてのマッピングを削除するには、コンポーネントのコンテキストメニューから「削除」を選択し、確認ダイアログで削除を受け入れます。
      3. コンポーネントは、作成したフレームワークからのみ削除でき、従来のように子フレームワークからは削除できません(上書きのみ可能です)。

Analytics ビュー

  1. This view can be accessed by switching to the Analytics view tab on the framework.
  2. 左側:コンテンツファインダー(cf#)は、CQ ビューのフレームワークにドラッグしたコンポーネントに基づく CQ 変数によって入力されます。
  3. タブヘッダー( AEM ビュー ​と Analytics ビュー ):2 つのビューを切り替えるのに使用します。
  4. 3つのテーブル(トラフィック、コンバージョン、イベント)には、使用可能なすべてのAdobe Analytics変数が表示されます。 一覧表示されています。ここに示されるマッピングは、AEM ビューのものと同じです。
    • トラフィック
      • Traffic variable ( prop1 ) mapped to a CQ variable ( eventdata.downloadLink )
      • コンポーネントの隣に鍵アイコンがある場合、これは、親フレームワークからの継承であり、そのため編集できないことを意味します。
    • コンバージョン
      • Conversion variable ( eVar1 ) mapped to a CQ variable ( pagedata.title )
      • CQ 変数フィールドをダブルクリックしてコードを手動で入力することにより、JavaScript 式にマッピングされたコンバージョン変数( eVar3 )をインラインで追加しました。
    • イベント :
      • Event variable ( event1 ) mapped to a CQ event ( eventdata.events.pageView )
すべての表の CQ 変数列は、フィールドをダブルクリックしてテキストを追加することで、インラインで入力することもできます。これらのフィールドは、JavaScript を入力として受け取ります。
  • 例えば、 prop3 次に
  • ' * Adobe:'+pagedata.title+':'+pagedata.sitesection を使用して、ページ ​のタイトルを​ 、サイトセクションと連結し ​て送信​ します 。(コロン)で始まり、 Adobe : prop3
Adobe Analytics変数にマッピングできるCQ変数は、いつでも1つだけです。