Show Menu
トピック×

ExactTarget との統合

AEMとExact targetの統合により、AEMで作成した電子メールをExact target経由で管理および送信できます。 また、AEMページ上のAEM formsを介したExact targetのリード管理機能を使用することもできます。
この統合によって次の機能を使用できるようになります。
  • AEM で電子メールを作成し、その電子メールを配信するために ExactTarget に公開する機能。
  • AEM フォームのアクションを設定して ExactTarget 購読者を作成する機能。
ExactTarget の設定後、ニュースレターや電子メールを ExactTarget に公開できます。 電子メールサービスへのニュースレターの公開 を参照してください。

ExactTarget 設定の作成

ExactTarget 設定は、クラウドサービスまたはツールを使用して追加できます。ここでは、両方の手順について説明します。

クラウドサービスを使用した ExactTarget の設定

クラウドサービスで ExactTarget 設定を作成するには:
  1. ようこそページで「 クラウドサービス 」をクリックします(または、で直接アク https://<hostname>:<port>/etc/cloudservices.html セス)。
  2. Click ExactTarget and then Configure . ExactTarget 設定ウィンドウが開きます。
  3. タイトルを入力し、オプションで名前を入力して、「 作成 」をクリックします。 ExactTarget 設定 ​ウィンドウが開きます。
  4. ユーザー名とパスワードを入力し、API エンドポイント(例: https://webservice.exacttarget.com/Service.asmx )を選択します。
  5. ExactTarget に接続」をクリックします。 ​接続に成功したら、成功ダイアログが表示されます。「 OK 」をクリックしてウィンドウを閉じます。
  6. アカウントを使用できる場合は選択します。アカウントは Enterprise 2.0 ユーザー向けのものです。「 OK 」をクリックします。
    これで、ExactTarget が設定されました。「 編集 」をクリックして、この設定を編集できます。You can go to ExactTarget by clicking Go to ExactTarget .
  7. AEM にはデータ拡張機能が備わっています。ExactTarget データ拡張列を読み込むことができます。ExactTarget データ拡張列は、作成後の ExactTarget 設定の横にある「+」記号をクリックして設定できます。ドロップダウンリストから既存のデータ拡張を選択できます。データ拡張の設定方法について詳しくは、 ExactTarget のドキュメント を参照してください。
    読み込まれたデータ拡張列は、後で​ テキストおよびパーソナライゼーション ​コンポーネントにより使用できます。

ツールを使用した ExactTarget の設定

ツールで ExactTarget 設定を作成するには:
  1. ようこそページで「 ツール 」をクリックします。または、に移動して直接移動しま https://<hostname>:<port>/misadmin#/etc す。
  2. ツール 」、「 クラウドサービス設定 」、「 ExactTarget 」の順に選択します。
  3. Click New to open the Create Page ​window.
  4. タイトル ​を入力し、オプションで​ 名前 ​を入力して、「 作成 」をクリックします。
  5. 前述の手順 4 で示した設定情報を入力します。その手順に従って、ExactTarget の設定を完了します。

複数の設定の追加

複数の設定を追加するには:
  1. ようこそページで「 クラウドサービス 」をクリックし、「 ExactTarget 」をクリックします。Click on Show Configurations button which appears if one or more ExactTarget configurations is available. 利用可能なすべての設定が一覧表示されます。
  2. 「利用可能な設定」の横にある「 + 」記号をクリックします。 設定を作成 ​ウィンドウが開きます。前述の設定手順に従って新しい設定を作成します。