Show Menu
トピック×

ビデオコンポーネントの設定

ビデオコンポーネント を使用すると、あらかじめ定義されたOOTB(Out Of The Box)ビデオアセットをページに配置できます。
トランスコードを適切に行うために、管理者はFFmpegを個別にインストールします。 詳しくは、Fmpegの インストールとAEMの設定を参照してください 。 Administrators also Configure Video Profiles for use with HTML5 elements.

ビデオプロファイルの設定

HTML5要素を使用するには、ビデオプロファイルを定義します。 ここで選ばれたものは順番に使われる。 アクセスするには、 デザインモード (クラシックUIのみ)を使用し、「 プロファイル 」タブを選択します。
From this dialog, you can also configure the design of the Video component and parameters for Playback, Flash, and Advanced.

FFmpegのインストールとAEMの設定

ビデオコンポーネントは、ビデオのトランスコードにサードパーティのオープンソース製品Fmpegを使用します。 https://ffmpeg.org/ からダウンロード 。 FFmpegのインストール後、特定のオーディオコーデックと特定のランタイムオプションを使用するようにAEMを設定します。
WindowsにFFmpegをインストールするに 、次の手順に従います。
  1. Download the compiled binary as ffmpeg.zip .
  2. フォルダーにアーカイブ解除します。
  3. システム環境変数 PATH を< your-ffmpeg-location >に設定します \bin
  4. AEM を再起動します。
Mac OS X にFFmpegをインストールするには、次の手順に従います
  1. Xcodeをインストールするには、developer.apple.com/xcode を参照してください
  2. XQuartzにインストールし X11を取得します
  3. www.macports.orgで入手可能なMacPortsをインストール します
  4. コンソールで「execute」 sudo port install ffmpeg コマンドを実行し、画面の指示に従います。 実行可能ファイルのパスがシステム変数に追加されているこ FFmpeg とを確認し PATH ます。
Mac OS X 10.6にFFmpegをインストールするには、 プリコンパイル版を使用して 、次の手順に従います。
  1. コンパイル済みバージョンをダウンロードします。
  2. ディレクトリにアーカイブ解除し /usr/local ます。
  3. コンソールでを実行し sudo ln -s /usr/local/Cellar/ffmpeg/0.6/bin/ffmpeg /usr/bin/ffmpeg ます。 必要に応じてパスを変更します。
To configure AEM , follow these steps:
これらの手順は、コーデックをさらにカスタマイズする必要がある場合にのみ必要です。
  1. Web ブラウザーで CRXDE Lite を開きます。http://localhost:4502/crx/deにアクセス します
  2. Select the /libs/settings/dam/video/format_aac/jcr:content node and ensure that the node properties are as follows:
    • audioCodec マウントされる aac .
    • customArgs マウントされる -flags +loop -me_method umh -g 250 -qcomp 0.6 -qmin 10 -qmax 51 -qdiff 4 -bf 16 -b_strategy 1 -i_qfactor 0.71 -cmp chroma -subq 8 -me_range 16 -coder 1 -sc_threshold 40 -b-pyramid normal -wpredp 2 -mixed-refs 1 -8x8dct 1 -fast-pskip 1 -keyint_min 25 -refs 4 -trellis 1 -direct-pred 3 -partitions i8x8,i4x4,p8x8,b8x8 .
  3. To customize the configuration, create an overlay in /apps/settings/ node and move the same structure under /conf/global/settings/ node. It cannot be edited in /libs node. 例えば、パスをオーバーレイするに /libs/settings/dam/video/fullhd-bp は、で作成し /conf/global/settings/dam/video/fullhd-bp ます。
    変更が必要なプロパティだけでなく、プロファイルノード全体をオーバーレイ/編集してください。そのようなリソースは SlingResourceMerger 経由で解決されません。
  4. If you changed either of the properties, click Save All.
デフォルトのOOTB(Out Of The Box)ワークフローモデルに対する変更は、AEMインスタンスをアップグレードする際に保持されません。 Adobeでは、変更したワークフローモデルを編集する前に、変更したワークフローモデルをコピーすることをお勧めします。 For example, copy the OOTB DAM Update Asset model before editing the FFmpeg Transcoding step in the DAM Update Asset model to pick video-profile names that existed before the upgrade. Then, you can overlay the /apps node to let AEM retrieve the custom changes to the OOTB model.