Show Menu
トピック×

AEM 6.5 のカスタムユーザグループマッピング

OSGi サービスの比較

古い AEM バージョン
ラベル:Adobe Granite の閉じられたユーザーグループ(CUG)のサポート
名前:com.day.cq.auth.impl.CugSupportImpl
AEM 6.5
  • ラベル:Apache Jackrabbit Oak CUG の設定
    名前:org.apache.jackrabbit.oak.spi.security.authorization.cug.impl.CugConfiguration
    ConfigurationPolicy = REQUIRED
  • ラベル:Apache Jackrabbit Oak CUG 除外リスト
    名前:org.apache.jackrabbit.oak.spi.security.authorization.cug.impl.CugExcludeImpl
    ConfigurationPolicy = REQUIRED
  • 名前:com.adobe.granite.auth.requirement.impl.RequirementService
  • レーベル:Adobe Granite 認証要件とログインパスハンドラー
    名前:com.adobe.granite.auth.requirement.impl.DefaultRequirementHandler
    ConfigurationPolicy = REQUIRED
コメント
  • CUG 認証の設定および評価の有効化/無効化CUG認証の影響を受けないプリンシパルの除外リストを設定するサービス。
    が設定され CugExcludeImpl ていない場合は、がデフォルト CugConfiguration に戻ります。
    特別なニーズがある場合は、カスタム CugExclude 実装をプラグインすることが可能です。
  • LoginSelectorHandler に一致するログインパスを公開する LoginPathProvider を実装する OSGi コンポーネント。これは、granite:AuthenticationRequired mixin タイプによって、コンテンツに格納されている変更された認証要件を監視するオブザーバを登録するために使用される RequirementHandler への必須参照を持っています。
  • SlingAuthenticatorに認証要件の変更を通知するRequirementHandlerの実装OSGiコンポーネント。
    このコンポーネントの構成ポリシーはREQUIREなので、サポートされるパスのセットが指定されている場合にのみアクティブ化されます。
    サービスを有効にすると RequirementService が起動します。