Show Menu
トピック×

アセットの翻訳のベストプラクティス

Adobe Experience Manager Assetsは、デジタルアセットのバイナリ、メタデータおよびタグを複数のロケールに変換し、翻訳済みアセットを管理するための多言語ワークフローをサポートしています。 詳しくは、 多言語のアセット を参照してください。
アセットの管理を効率化して、翻訳された各バージョンが確実に同期されるようにするには、翻訳ワークフローを実行する前にアセットの 言語コピー を作成します。
アセットやアセットのグループの言語コピーは、類似のコンテンツ階層を持つ言語の兄弟(または同系言語のアセットのバージョン)です。
各言語コピーは独立したアセットです。このため、アセットを複数のロケールに翻訳すると、CRX リポジトリのサイズが大幅に大きくなります。例えば、合計サイズが 10 GB のアセットを 2 言語に翻訳すると、リポジトリのサイズが約 20 GB(各言語 10 GB)大きくなります。
アセットのバイナリはメタデータやタグと比較して、大量のストレージ領域を占有します。このため、メタデータやタグを翻訳するだけで済む場合は、バイナリの翻訳は省略してください。別のロケールに翻訳されたメタデータとタグとの関連付けのために、バイナリの元のコピーをリポジトリで保持することができます。バイナリは、複数の翻訳されたバージョンではなく単一のコピーを管理することで、リポジトリのサイズへの影響を最小限に抑えることができます。
ファイルデータストアや Amazon S3 データストアはこれらのシナリオに最適なストレージインフラストラクチャを提供します。これらのストレージリポジトリは、複数のロケールのメタデータやタグで共有できる、アセットバイナリの単一のコピー(レンディションを含む)を保存します。このため、アセットの言語コピーを作成してメタデータやタグを翻訳しても、リポジトリのサイズには影響を及ぼしません。
いくつかのワークフローや翻訳統合フレームワークの設定を少し変更して、処理の効率を上げることもできます。
  1. 次のいずれかの操作をおこないます。
  2. 名前が示すとおり、「DAM メタデータの書き戻し」ワークフローはメタデータをバイナリファイルに書き直します。メタデータは翻訳後に変更になるので、バイナリファイルに書き戻すと言語コピーに別のバイナリが生成されます。
    「DAM メタデータの書き戻し」ワークフローを無効化すると、アセットバイナリで XMP メタデータの書き戻しがオフになります。結果として、将来メタデータに加えられる変更はアセット内に保存されなくなります。このワークフローを無効にする前に、結果を評価してください。
  3. 「最終変更日を設定」ワークフローを有効化します。
    アセットの最終変更日は、「DAM メタデータの書き戻し」ワークフローが設定します。手順2でこのワークフローを無効にしたので、アセットは、アセットの最終変更日を最新の状態に維持できなくなります。 このため、「最終変更日を設定」**​ワークフローを有効化して、アセットの最終変更日が最新の状態に保たれるようにします。最終変更日が最新でないアセットはエラーの原因となる場合があります。
  4. アセットのバイナリを翻訳しないように、 翻訳統合フレームワークを設定 します。Unselect the Translate Assets option under the Assets tab to stop the translation of Asset binaries.
  5. Translate asset metadata/tags using Multilingual asset workflows .