Show Menu
トピック×

AEM AssetsとAEM Media Library

Adobe Experience Manager (AEM) Assets は、AEM プラットフォームの不可欠な構成要素です。このスムーズな統合は AEM の大きなメリットとしてとらえられており、これによってコンテンツ管理における整合性とコンテンツ作成者の高い生産性が確保されます。

よくある質問

AEM Assets とは何ですか。

AEM Assets は、AEM プラットフォーム上のアプリケーションです。お客様はこのアプリケーションを使用して、Web ベースのリポジトリ内でデジタルアセット(画像、ビデオ、ドキュメントおよびオーディオクリップ)を管理できます。AEM Assets には、メタデータサポート、レンディション、デジタルアセット管理ファインダーおよび AEM Assets 管理 UI が含まれています。

AEM Media Library とは何ですか。

AEM Media Library は、画像やその他の共有リソースの保存専用に設けられた、AEM WCM コンテンツリポジトリ内の構成要素です。Media Library は、AEM WCM のデジタルアセット管理機能を使用します。

AEM WCM にはない AEM Assets の機能

AEM Assets のお客様だけが使用できる独自の機能は次のとおりです。
  • タイトル、タグ、説明以外のメタデータを抽出して編集する機能
  • aem Assets管理者。サイト管理者の横の2番目のボタンを選択すると、スタートアップスクリーンから利用できます。
  • digital Asset Managementに関連するすべてのワークフロー手順(AEM Assets Engest、AEM Assets Deletion、AEM Assets Sub-Asset-Handling、AEM Assetsメタデータ抽出)。
  • パッケージ領域に含まれるライブラリ(「dam」など)
これらの機能を使用するには、AEM Assets の有効なライセンスが必要です。

AEM Assets は個別のパッケージとして使用できますか。

いいえ。インストールとデプロイメントを簡単にするために、すべての AEM アプリケーションとアドオンは、機能がすべて含まれる 1 つのパッケージで配布されます。これは、パッケージに含まれるすべての機能の使用権がユーザーにあることを表すわけではありません。

デジタルアセットのメタデータを編集したいのですが、その場合 AEM Assets は必要ですか。

タイトル、説明およびタグ以外のメタデータを編集する場合は、AEM Assets のライセンスが必要です。

Web サイトでカテゴリ述語を使用したいのですが、その場合 AEM Assets は必要ですか。

はい。カテゴリ述語はAEM Assetsの一部で、AEM Assetsライセンスが必要です。

画像を読み込むときに自動的にサイズ変更したいのですが、その場合 AEM Assets は必要ですか。

いいえ。静的な画像のサイズ変更とワークフローに基づく自動変換、およびレンディションの管理機能は、AEM Media Library の一部です。これらの機能には、AEM Assets のライセンスは必要ありません。

カスタマイズされた画像コンポーネントを使用して画像をサイズ変更したいのですが、その場合 AEM Assets は必要ですか。

画像コンポーネントは AEM WCM に含まれています。画像コンポーネントに(さらに AEM Assets にも)使用されているグラフィックライブラリは AEM プラットフォームに含まれており、AEM Assets ライセンスは必要ありません。

自分が AEM Assets のライセンスを所持していない場合、ユーザーが AEM Assets を使用しないようにする方法はありますか。

すべての AEM Assets 固有ワークフロー、コンポーネント、分類、オプション、AEM Assets 管理機能を AEM から削除できます。これにより、ライセンスを取得していないAEM Assets機能を誤って使用するのを防ぐことができます。

ページに画像を追加し、その画像の切り抜きやサイズ変更を実行したいのですが、その場合 AEM Assets は必要ですか。

このような使用法では、AEM Assets を購入する必要はありません。Web サイト上で画像を使用する目的では、Media Library も使用する必要はありません。画像コンポーネントを使用すると、ページに画像を直接アップロードできるからです。

A detailed list of features available in AEM Assets vs Media Library

AEM Assets
  • コレクションと Lightbox
  • 高度なメタデータプロパティと管理
  • Adobe Asset Link(Creative Cloud エンタープライズ版への接続)
  • AEM デスクトップアプリケーション
  • 処理プロファイル
  • InDesign Serverの統合
  • アセットテンプレートとカタログプロデューサーフレームワーク
  • Adobe Photoshop、Adobe IllustratorおよびAdobe InDesignの統合
  • 多言語アセット管理
  • PIM との統合
  • Rights Management
  • Camera RAWのサポート
  • 検索ファセットの管理と設定
  • 事前定義済み DAM ワークフロー(写真撮影など)
  • 「インサイト」と呼ばれるアセットレポートと分析
  • 3次元資産管理
  • Connected Assets
  • Brand Portal
  • セルフサービスアクセス
  • 参照、検索、ダウンロード
  • コレクションとフォルダーの共有
  • 管理ツールとインターフェイス
  • スマートタグ
  • ビジュアル検索
Media Library
  • 基本メタデータプロパティ
  • tag management
  • バージョン管理
  • 静的レンディション
  • プロジェクト,タスク,ワークフローのオーサリング
  • アクティビティストリーム(タイムライン)
  • クエリビルダー(API)
  • Marketing Cloudの統合
  • UIのカスタマイズと拡張機能
  • コメントと注釈