Show Menu
トピック×

Experience Manager Assets 対 Experience Manager 応メディアライブラリ

Adobe Experience Manager Assets はプラットフォームの不可欠な部 Experience Manager 分です。 This smooth integration is seen as a major advantage of Experience Manager and ensures consistency in content management and high productivity for content authors.

よくある質問

What is Assets?

Assets は、ユーザー Experience Manager がwebベースのリポジトリでデジタルアセット(画像、ビデオ、ドキュメント、オーディオクリップ)を管理できる機能です。 Assets には、メタデータのサポート、レンディション、ファインダー、管理インターフェイスが含まれます。

What is the Experience Manager Media Library?

The Experience Manager Media Library is a designated part of the Experience Manager WCM content repository where images and other shared resources are stored. メディアライブラリは、WCMに基本的なデジタルアセット管理機能を提供します。

What do I get from Assets that is not part of WCM?

Unique features that are only available to customers of Assets are:
  • タイトル、タグ、説明以外のメタデータを抽出して編集する機能
  • スタートアップスクリーンから Assets 使用できる管理者。
  • 取り込み、アセット削除、サブアセット処理、メタデータ抽出など、Digital Asset Managementに関連するすべてのワークフローステップ。
  • ライブラリ dam を含めます。
Using these features requires a valid license of Assets.

Is Assets available as a separate Package?

いいえ。To ease installation and deployment, all Experience Manager applications and add-ons are delivered in one single package with all functionality included. これは、パッケージに含まれるすべての機能の使用権がユーザーにあることを表すわけではありません。

デジタルアセットのメタデータを編集したいのですが、Do I need Assets?

If you are planning to edit metadata other than title, description and tags, it is required to license Assets.

Web サイトでカテゴリ述語を使用したいのですが、Do I need Assets?

はい、カテゴリ述語はの一部であり、 Assets​Assets ライセンスが必要です。

画像を読み込むときに自動的にサイズ変更したいのですが、Do I need Assets?

いいえ。Resizing and automatic workflow-driven transformation of static images as well as the ability to manage renditions are part of Experience Manager Media Library. These features do not require an Assets license.

カスタマイズされた画像コンポーネントを使用して画像をサイズ変更したいのですが、Do I need Assets?

画像コンポーネントは WCM に含まれています。The graphics library that is being used by the image component (but also by Assets) is part of the Experience Manager platform and does not require an Assets license.

How can I prevent my users from using Assets if I did not license Assets?

You can remove all Assets-specific workflows, components, taxonomies, options and the Assets admin from Experience Manager. Doing so prevents your users from accidentally using Assets features that you did not license.

ページに画像を追加し、その画像の切り抜きやサイズ変更を実行したいのですが、Do I need Assets?

For this use case it is not required to buy Assets, even the use of the Media Library is not required to use images on a website as the smart image component allows uploading images directly into the page.

A detailed list of features available in Assets vs Media Library

Experience Manager Assets
  • コレクションと Lightbox
  • 高度なメタデータプロパティと管理
  • Adobe Asset Link(Creative Cloud エンタープライズ版への接続)
  • Experience Manager デスクトップアプリ
  • 処理プロファイル
  • Adobe InDesign Server 統合
  • アセットテンプレートとカタログプロデューサーフレームワーク
  • Adobe Photoshop、 Adobe Illustratorおよび Adobe InDesign 統合
  • 多言語アセット管理
  • PIM との統合
  • 権限管理
  • Camera Raw支持
  • 検索ファセットの管理と設定
  • 事前定義済み DAM ワークフロー(写真撮影など)
  • 「インサイト」と呼ばれるアセットレポートと分析
  • 3次元資産管理
  • Connected Assets
  • Brand Portal
  • セルフサービスアクセス
  • 参照、検索、ダウンロード
  • コレクションとフォルダーの共有
  • 管理ツールとインターフェイス
  • スマートタグ付け
  • ビジュアル検索
Media Library
  • 基本的なメタデータプロパティ
  • tag management
  • バージョン管理
  • 静的レンディション
  • プロジェクト,タスク,ワークフローオーサリング
  • アクティビティストリーム(タイムライン)
  • クエリビルダー(API)
  • Marketing Cloud統合
  • UIのカスタマイズと拡張
  • コメントと注釈