Show Menu
トピック×

メタデータの編集と追加

メタデータは、検索可能なアセットに関する追加情報です。画像をアップロードすると自動的に抽出されます。既存のメタデータを編集したり、新しいメタデータプロパティを既存のフィールドに追加(例えば、メタデータフィールドが空白の場合など)したりすることができます。
Because organizations need controlled and reliable metadata vocabularies, Experience Manager Assets does not allow for on demand adding of new metadata properties. 作成者は、アセットの新しいメタデータフィールドを追加することはできませんが、開発者は追加できます。詳しくは、アセットのメタデータプロパティの 作成を参照してください

Edit metadata for an asset

メタデータを編集するには、次の手順に従います。
  1. 次のいずれかの操作をおこないます。
    • インター Assets フェイスでアセットを選択し、ツールバーの「 表示プロパティ 」をクリックします。
    • アセットのサムネールから、「 プロパティを表示 」クイックアクションを選択します。
    • From the asset page, click View Properties from the toolbar.
    アセットページには、すべてのアセットのメタデータが表示されます。 アセットがにアップロード(取り込む)されると、メタデータが抽出され Experience Managerます。
    図: アセットのプロパティページのメタデータを編集または追加します。
  2. Make edits to the metadata under the various tabs, as required, and when completed, click Save from the toolbar to save your changes. Click Close to return to the Assets web interface.
    テキストフィールドが空の場合、現在設定されているメタデータはありません。フィールドに値を入力して保存すると、そのメタデータプロパティを追加できます。
アセットのメタデータへの変更内容は、XMP データの一部として元のバイナリに書き戻されます。メタデータ書き込みワークフローは、元のバイナリにメタデータを追加します。 Changes made to the existing properties (such as dc:title ) are overwritten and new properties (including custom properties like cq:tags ) are added with the schema.
XMP write-back is supported and enabled for the platforms and file formats described in technical requirements.

Edit metadata schema

詳しくは、「メタデータスキーマフォームの 編集 」を参照してください。

カスタム名前空間を Experience Manager

You can add your own namespaces within Experience Manager. Just as there are predefined namespaces such as cq , jcr , and sling , you can have a namespace for your repository metadata and XML processing.
  1. Go to the node type administration page https:[aem_server]:[port]/crx/explorer/nodetypes/index.jsp .
  2. Click Namespaces at the top of the page. ウィンドウに名前空間管理ページが表示されます。
  3. To add a namespace, click New at the bottom.
  4. XML名前空間の規則でカスタム名前空間を指定します。 URIの形式でIDを指定し、IDに関連付けられたプレフィックスを指定します。 「 保存 」をクリックします。