Show Menu
トピック×

Multi-tenancy for Collections, snippets, and snippet templates

マルチテナンシー機能を使用すると、組織のプレフィックスと組織IDに基づいてCRX内のコンテンツを分類し、他の組織のユーザーによる不正アクセスからコンテンツを保護できます。
Adobe Experience Manager Assets 各組織のデータを異なるパスに保存します。 各組織固有のパスは、異なるタイプのアセットがCRXに保存される従来の場所に含まれる組織のプレフィックスと組織IDで識別されます。
例えば、という名前のフォルダーを作成した場合 Demo 、 Experience Manager アセットは従来、このフォルダーをに保存してい ../content/dam/Demo ました。 マルチテナンシーを有効にした場合、 ../content/dam/<organization prefix>/<organization id>Demo
For example, if for Adobe Marketing Cloud users of Assets (on demand) that are assigned to the aodpremium organization, you can use the multi-tenancy feature to configure ../content/dam/<mac>/<aodpremium>Demo path to segregate their content. この例で、は組織のプレフィックス mac で、 aodpremium は組織IDです。
Based on the user's organization and ID, this qualified path is displayed in the Assets interface and various wizards, including the Move and Snippet creation wizards to enforce segregation.
マルチテナンシー機能を使用すると、次のタイプのアセットとコンポーネントを分類できます。
  • コレクション
  • 公開コレクション
  • カタログ(追加ページの選択ウィザードを含む)
  • テンプレート
  • スニペットテンプレート
  • Lightbox