Show Menu
トピック×

Extend Asset Editor

アセットエディターは、アセット共有を使用して見つけたアセットをクリックすると開くページです。アセットエディターでは、メタデータ、サムネール、タイトルおよびタグなどのアセットの特性を編集できます。
事前設定済みの編集コンポーネントを使用してエディターを設定する方法については、 アセットエディターページの作成および設定 を参照してください。
In addition to using pre-existing editor components, Adobe Experience Manager developers can also create their own components.

Create an Asset Editor template

Geometrixxには、次のサンプルページが含まれています。
  • Geometrixx サンプルページ: /content/geometrixx/en/press/asseteditor.html
  • サンプルテンプレート: /apps/geometrixx/templates/asseteditor
  • サンプルページコンポーネント: /apps/geometrixx/components/asseteditor

Clientlibの設定

Assets コンポーネントでは、WCM 編集クライアントライブラリの拡張機能が使用されています。クライアントライブラリは通常、 init.jsp で読み込まれます。
(コアの init.jsp での)デフォルトクライアントライブラリの読み込みとは異なり、 テンプレートは次の条件を満たす必要があります。Assets
  • テンプレートでは、( cq.wcm.edit ではなく) cq.dam.edit クライアントライブラリを組み込む必要があります。
  • 無効な WCM モード(例: パブリッシュ ​への読み込み)でも、述語、アクション、レンズをレンダリングできるように、このクライアントライブラリを組み込む必要があります。
通常は、既存のサンプル init.jsp /apps/geometrixx/components/asseteditor/init.jsp )をコピーすればこの要件を満たします。

JSアクションの設定

Some of the Assets components require JS functions defined in component.js . このファイルをコンポーネントディレクトリにコピーしてリンクします。
<script type="text/javascript" src="<%= component.getPath() %>/component.js"></script>

The sample loads this JavaScript source in head.jsp ( /apps/geometrixx/components/asseteditor/head.jsp ).

Additional style sheets

Some of the Assets components use the widgets library. コンテンツコンテキストで正常にレンダリングするには、追加のスタイルシートを読み込む必要があります。タグアクションコンポーネントでは、さらにもう 1 つのスタイルシートが必要です。
<link href="/etc/designs/geometrixx/ui.widgets.css" rel="stylesheet" type="text/css">

Geometrixx スタイルシート

サンプルページコンポーネントでは、すべてのセレクターが static.css /etc/designs/geometrixx/static.css )の .asseteditor で始まっている必要があります。ベストプラクティス:すべての .asseteditor セレクターをスタイルシートにコピーし、ルールを必要に応じて調整します。

FormChooser:最終的に読み込まれるリソースの調整

アセットエディターは Form Chooser を使用しています。これにより、フォームセレクターとフォームのパスをアセットの URL に追加するだけで、同じフォームページでリソース(ここではアセット)を編集できるようになります。
次に例を示します。
head.jsp /apps/geometrixx/components/asseteditor/head.jsp )のサンプルハンドルは、次の処理をおこないます。
  • アセットが読み込まれるか、またはプレーンフォームが表示される必要があるかを検出します。
  • アセットが読み込まれると、parsys はプレーンフォームページでしか編集できないので、WCM モードを無効にします。
  • アセットが読み込まれると、フォームページのタイトルではなくアセットのタイトルを使用します。
 List<Resource> resources = FormsHelper.getFormEditResources(slingRequest);
    if (resources != null) {
        if (resources.size() == 1) {
            // single resource
            FormsHelper.setFormLoadResource(slingRequest, resources.get(0));
        } else if (resources.size() > 1) {
            // multiple resources
            // not supported by CQ 5.3
        }
    }
    Resource loadResource = (Resource) request.getAttribute("cq.form.loadresource");
    String title;
    if (loadResource != null) {
        // an asset is loaded: disable WCM
        WCMMode.DISABLED.toRequest(request);

        String path = loadResource.getPath();
        Asset asset = loadResource.adaptTo(Asset.class);
        try {
            // it might happen that the adobe xmp lib creates an array
            Object titleObj = asset.getMetadata("dc:title");
            if (titleObj instanceof Object[]) {
                Object[] titleArray = (Object[]) titleObj;
                title = (titleArray.length > 0) ? titleArray[0].toString() : "";
            } else {
                title = titleObj.toString();
            }
        }
        catch (NullPointerException e) {
            title = path.substring(path.lastIndexOf("/") + 1);
        }
    }
    else {
        title = currentPage.getTitle() == null ? currentPage.getName() : currentPage.getTitle();
    }

HTML 部分で、先頭のタイトルセット(アセットまたはページのタイトル)を使用します。
<title><%= title %></title>

Create a simple form field component

この例では、読み込んだアセットのメタデータを表示するコンポーネントを作成する方法を説明します。
  1. プロジェクトディレクトリにコンポーネントフォルダー( /apps/geometrixx/components/samplemeta など)を作成します。
  2. 次のスニペットを使用して content.xml を追加します。
    <?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
    <jcr:root xmlns:sling="https://sling.apache.org/jcr/sling/1.0" xmlns:cq="https://www.day.com/jcr/cq/1.0" xmlns:jcr="https://www.jcp.org/jcr/1.0"
        jcr:primaryType="cq:Component"
        jcr:title="Image Dimension"
        sling:resourceSuperType="foundation/components/parbase"
        allowedParents="[*/parsys]"
        componentGroup="Asset Editor"/>
    
    
  3. 次のスニペットを使用して samplemeta.jsp を追加します。
    <%--
    
      Sample metadata field component
    
    --%><%@ page import="com.day.cq.dam.api.Asset,
                     java.security.AccessControlException" %><%
    %><%@include file="/libs/foundation/global.jsp"%><%
    
        String value = "";
        String name = "dam:sampleMetadata";
        boolean readOnly = false;
    
        // If the form page is requested for an asset loadResource will be the asset.
        Resource loadResource = (Resource) request.getAttribute("cq.form.loadresource");
    
        if (loadResource != null) {
    
            // Determine if the loaded asset is read only.
            Session session = slingRequest.getResourceResolver().adaptTo(Session.class);
            try {
                session.checkPermission(loadResource.getPath(), "set_property");
                readOnly = false;
            }
            catch (AccessControlException ace) {
                // checkPermission throws exception if asset is read only
                readOnly = true;
            }
            catch (RepositoryException re) {}
    
            // Get the value of the metadata.
            Asset asset = loadResource.adaptTo(Asset.class);
            try {
                value = asset.getMetadata(name).toString();
            }
            catch (NullPointerException npe) {
                // no metadata dc:description available
            }
        }
    %>
    <div class="form_row">
        <div class="form_leftcol">
            <div class="form_leftcollabel">Sample Metadata</div>
        </div>
        <div class="form_rightcol">
            <%
            if (readOnly) {
                %><c:out value="<%= value %>"/><%
            }
            else {
                %><input class="text" type="text" name="./jcr:content/metadata/<%= name %>" value="<c:out value="<%= value %>" />"><%
            }%>
        </div>
    </div>
    
    
  4. コンポーネントを使用できるようにするには、コンポーネントを編集可能にする必要があります。コンポーネントを編集可能にするには、CRXDE Lite で、 cq:EditConfig プライマリ型の cq:editConfig ノードを追加します。段落を削除できるよう、値を複数設定できるプロパティ cq:actions を追加し、値として DELETE のみを設定します。
  5. ブラウザーを開き、サンプルページ( asseteditor.html など)でデザインモードに切り替え、段落システム用の新しいコンポーネントを有効にします。
  6. 編集 ​モードで、新しいコンポーネント( Sample Metadata など)がサイドキック( アセットエディター ​グループ内)で使用できます。コンポーネントを挿入します。メタデータを保存するには、メタデータフォームに追加する必要があります。

メタデータの変更オプション

メタデータフォーム で利用可能な名前空間を変更できます。
現在使用可能なメタデータは /libs/dam/options/metadata で定義されています。
  • このディレクトリの最初のレベルには名前空間が保存されています。
  • 各名前空間内のアイテムは、ローカルパーツアイテムの結果などのメタデータを表します。
  • メタデータの内容には、タイプと複数値の各オプションが含まれています。
これらのオプションは /apps/dam/options/metadata で上書きできます。
  1. /libs 配下のディレクトリを /apps の下にコピーします。
  2. アイテムを削除、変更、または追加します。
新しい名前空間を追加した場合、リポジトリ/CRX に登録する必要があります。この作業をおこなわない場合、メタデータフォームで送信をおこなうとエラーが発生します。