Show Menu
トピック×

非同期操作

Adobe Experience Manger Assetsでは、パフォーマンスへの悪影響を軽減するために、長時間かつリソースを大量に消費する特定のアセット操作を非同期的に処理します。
このような操作には以下のようなものがあります。
  • 多数のアセットの削除
  • 多数のアセットまたは多数の参照があるアセットの移動
  • アセットメタデータの一括での書き出しまたは読み込み
  • リモートのExperience Managerデプロイメントから、しきい値の制限を超えるアセットを取得しています。
非同期処理では複数のジョブがエンキューされ、システムリソースの可用性に応じた順序でジョブが実行されます。
非同期ジョブのステータスは、 非同期ジョブステータス ​ページで確認できます。
デフォルトでは、 Assets でのジョブは並行して実行されます。N を CPU コアの数とすると、デフォルトでは N/2 のジョブを並行して実行できます。ジョブキューのカスタム設定を使用するには、Web コンソールで「 Async Operation Default Queue 」設定を変更します。For more information, see queue configurations .

Monitor the status of asynchronous operations

Assets で非同期的に操作がおこなわれると、インボックスと電子メールに通知が届きます。
非同期操作のステータスの詳細を表示するには、 非同期ジョブステータス ​ページに移動します。
  1. Experience Managerインターフェイスで、 操作 / ジョブをクリックします
  2. 非同期ジョブステータス ​ページで、操作の詳細をレビューします。
    特定の操作の進行状況を確認するには、「 ステータス 」列の値を参照します。進行状況に応じて、以下のいずれかのステータスが表示されます。
    • アクティブ :操作は処理中です。
    • 成功 :操作は完了しました。
    • 失敗 ​または​ エラー :操作を処理できませんでした。
    • スケジュール済み :操作は後で処理するためにスケジュールされています。
  3. To stop an active operation, select it from the list and click Stop from the toolbar.
  4. To view extra details, for example description and logs, select the operation and click Open from the toolbar.
    ジョブの詳細ページが表示されます。
  5. リストから操作を削除するには、ツールバーの「 削除 」を選択します。To download the details in a CSV file, click Download .
    ステータスがアクティブまたは待機中のジョブは削除できません。

完了したジョブの削除

Experience Manager Assetsは毎日午前1時に削除ジョブを実行し、完了した非同期ジョブのうち1日以上経過しているジョブを削除します。
パージジョブのスケジュールと、完了済みジョブの詳細を削除するまでの保持期間を変更できます。また、任意の時点での詳細を保持する、完了済みジョブの最大数を設定することもできます。
  1. Experience Managerインターフェイスで、 ツール / 操作 / Webコンソールをクリックします
  2. Adobe CQ DAM Async Jobs Purge Scheduled 」ジョブを開きます。
  3. 完了済みジョブを削除するまでの日数のしきい値と、詳細を履歴に保持するジョブの最大数を指定します。
  4. 変更内容を保存します。

Configure thresholds for asynchronous processing

Assets が特定の操作を非同期的に処理する際の、アセットまたは参照の数のしきい値を設定できます。

Configure thresholds for asynchronous delete operations

削除するアセットまたはフォルダーの数がしきい値を超えると、削除操作が非同期的に実行されます。
  1. Experience Managerインターフェイスで、 ツール / 操作 / Webコンソールをクリックします
  2. Web コンソールで、「 Async Delete Operation Job Processing 」設定を開きます。
  3. Threshold number of assets 」ボックスで、削除操作の非同期処理に関するアセットまたはフォルダー数のしきい値を指定します。
  4. 変更内容を保存します。

Configure thresholds for asynchronous move operations

移動するアセットやフォルダーまたは参照の数がしきい値を超えると、移動操作が非同期的に実行されます。
  1. Experience Managerインターフェイスで、 ツール / 操作 / Webコンソールをクリックします
  2. Web コンソールで、「 Async Move Operation Job Processing 」設定を開きます。
  3. Threshold number of assets/references 」ボックスで、移動操作の非同期処理に関するアセットやフォルダーまたは参照の数のしきい値を指定します。
  4. 変更内容を保存します。