Show Menu
トピック×

Configure asset tagging using the Smart Content Service

You can integrate Adobe Experience Manager with the Smart Content Service using Adobe Developer Console. Use this configuration to access the Smart Content Service from within Experience Manager.
この記事では、スマートコンテンツサービスの設定に必要となる以下の主要なタスクについて詳しく説明します。At the back end, the Experience Manager server authenticates your service credentials with the Adobe Developer Console gateway before forwarding your request to the Smart Content Service.
  1. Adobe 開発者コンソールで統合を作成 し、生成した公開鍵をアップロードします。

前提条件

Smart Content Serviceを使用する前に、次の手順を実行してAdobe開発者コンソールで統合を作成します。
  • 組織の管理者権限を持つ Adobe ID アカウントがあること。
  • Smart Content Serviceが組織で有効になっている。
To enable Enhanced Smart Tags, in addition to the above, also install the latest Experience Manager service pack .

Smart Content Service設定を作成して取得する

公開証明書により、Adobe 開発者コンソールでプロファイルを認証できます。
  1. ユーザーインターフェイスで、 Experience Manager ツール / Cloud Service / レガシCloud Serviceにアクセスします
  2. In the Cloud Services page, click Configure Now under Assets Smart Tags .
  3. 設定を作成 ​ダイアログで、スマートタグ設定のタイトルと名前を指定します。「 作成 」をクリックします。
  4. AEM スマートコンテンツサービス ​ダイアログで、以下の値を使用します。
    サービス URL : https://mc.adobe.io/marketingcloud/smartcontent
    認証サーバー : https://ims-na1.adobelogin.com
    その他のフィールドは現時点では空白のままにします(後で指定します)。「 OK 」をクリックします。
    図: コンテンツサービスURLを提供する「Smart Content Service」ダイアログ
    The URL provided as Service URL is not accessible via browser and generates a 404 error. この設定は、 サービスURL パラメーターと同じ値で正常に機能します。 For the overall service status and maintenance schedule, see https://status.adobe.com .
  5. Click Download Public Certificate for OAuth Integration , and download the public certificate file AEM-SmartTags.crt .
    図: スマートタグサービスの設定

Reconfigure when a certificate expires

証明書の有効期限が切れると、信頼されなくなります。 期限切れの証明書は更新できません。新しい証明書を追加するには、以下の手順に従います。
  1. Experience Manager デプロイメントに管理者としてログインします。 ツール セキュリティ ユーザー ​をクリックします。
  2. dam-update-service ユーザーを見つけてクリックします。「 キーストア 」タブをクリックします。
  3. 証明書の有効期限が切れた既存の similaritysearch キーストアを削除します。「 保存して閉じる 」をクリックします。
    図:キーストアの既存の similaritysearch エントリを削除して新しいセキュリティ証明書を追加.
  4. ツール クラウドサービス 従来のクラウドサービス ​に移動します。 アセットのスマートタグ 設定を表示 利用可能な設定 ​をクリックします。必要な設定をクリックします。
  5. 公開証明書をダウンロードするには、「 OAuth 統合用の公開証明書をダウンロード 」をクリックします。
  6. https://console.adobe.io にアクセスし、 統合 ​ページで既存のスマートコンテンツサービスに移動します。新しい証明書をアップロードします。For more information, see the instructions in Create Adobe Developer Console integration .

Adobe開発者コンソール統合の作成

Smart Content Service APIを使用するには、Adobe開発者コンソールで統合を作成し、 APIキー (Adobe開発者コンソール統合の CLIENT ID フィールドで生成)、技術アカウントID、 組織ID、CLIENT SECRET​Experience ManagerID、assets Smart Service Settingsクラウドのタグ付け設定のでのクラウドのタグ付け
  1. ブラウザーで https://console.adobe.io にアクセスします。適切なアカウントを選択し、関連付けられた組織の役割がシステム管理者であることを確認します。
  2. 任意の名前でプロジェクトを作成します。「 API を追加 」をクリックします。
  3. API を追加 ​ページで、「 Experience Cloud 」を選択し、「 スマートコンテンツ 」を選択します。「 次へ 」をクリックします。
  4. 公開鍵をアップロード 」を選択します。Experience Managerからダウンロードした証明書ファイルを指定します。公開鍵が正常にアップロードされたというメッセージが表示されます。「 次へ 」をクリックします。
    新しいサービスアカウント(JWT)秘密鍵証明書を作成ページには、設定したサービスアカウントの公開鍵が表示されます。
  5. 次へ 」をクリックします。
  6. 製品プロファイルを選択 ​ページで、「 スマートコンテンツサービス 」を選択します。「 設定済み API を保存 」をクリックします。
    設定に関する詳細情報がページに表示されます。このページを開いたままにして、スマートタグを設定するには、のクラウド設定の Assets Smart Tagging Service Settings ( Experience Manager Smart Taggs)にこれらの値をコピーして追加します。
    図: Adobeデベロッパーコンソールの統合の詳細

スマートコンテンツサービスの設定

統合を設定するには、 AdobeDeveloper Console統合の「技術アカウントID 」、「組織ID 」、「CLIENT SECRET 」、「 CLIENT ID SECRET」の各フィールドの値を使用します。 Creating a Smart Tags cloud configuration allows authentication of API requests from the Experience Manager deployment.
  1. In Experience Manager, navigate to Tools > Cloud Service > Legacy Cloud Services to open the Cloud Services console.
  2. アセットのスマートタグ 」で、上記で作成した設定を開きます。サービスの設定ページで、「 編集 」をクリックします。
  3. AEM スマートコンテンツサービス ​ダイアログで、「 サービス URL 」および「 認証サーバー 」フィールドに事前入力された値を使用します。
  4. フィールド Apiキー、 技術アカウントID、 組織ID​ Adobe開発者コンソール統合の作成 、クライアントクライアントクライアントのコピー、秘密Adobeの次の値を使用する秘密統合開発者コンソール統合の値を使用する。
    アセットのスマートタグサービス設定
    Adobe Developer Console 統合フィールド
    API キー
    クライアントID
    テクニカルアカウント ID
    テクニカルアカウントID
    組織 ID
    組織ID
    クライアントの秘密鍵
    CLIENT SECRET

設定の検証

設定が完了したら、JMX MBeanを使用して設定を検証できます。 検証するには、次の手順に従います。
  1. で Experience Manager サーバーにアクセスし https://[aem_server]:[port] ます。
  2. ツール / 操作 / ​Webコンソールに移動し、OSGiコンソールを開きます。 メイン/JMXをクリックします
  3. com.day.cq.dam.similaritysearch.internal.impl 」をクリックします。It opens SimilaritySearch Miscellaneous Tasks .
  4. validateConfigs() 」をクリックします。In the Validate Configurations dialog, click Invoke .
検証結果は、同じダイアログに表示されます。

Enable smart tagging in the DAM Update Asset workflow (Optional)

  1. In Experience Manager, go to Tools > Workflow > Models .
  2. ワークフローモデル ​ページで、「 DAM アセットの更新 」ワークフローモデルを選択します。
  3. ツールバーの「 編集 」をクリックします。
  4. サイドパネルを展開して、ステップを表示します。「DAM ワークフロー」セクションの「 スマートタグアセット 」ステップをドラッグして、「 サムネールを処理 」ステップの後に配置します。
    図:「DAM アセットの更新」ワークフローで「サムネールを処理」ステップの後に「スマートタグアセット」ステップを追加。
  5. そのステップを編集モードで開きます。「 詳細設定 」で、「 ハンドラー処理の設定 」オプションが選択されていることを確認します。
    図: DAM更新アセットワークフローの設定とスマートタグ手順の追加
  6. 自動タグ付けのステップに失敗してもワークフローを完了させたい場合は、「 引数 」タブで「 エラーを無視 」を選択します。
    図: DAMアセットの更新ワークフローを設定し、スマートタグ手順を追加してハンドラーの設定を選択します
    フォルダーでスマートタグが有効になっているかに関わらずアップロード時にアセットをタグ付けするには、「 スマートタグフラグを無視 」を選択します。
    図: DAM Update Assetワークフローを設定し、スマートタグ手順を追加して、「スマートタグフラグを無視」を選択します
  7. OK 」をクリックして、プロセスステップを閉じ、ワークフローを保存します。