Show Menu
トピック×

UI の選択

タッチ対応UIはクラシックUIより優先されるので、AEMインスタンスのユーザーまたは管理者は、クラシックUIを引き続き使用するためにアクティブな決定を行う必要があります。 従来のUIは維持されなくなったので、オーサリングユーザーがタッチ対応UIで従来のUIから同等のUIに切り替える方法はありません。
オーサリングユーザーが使用しやすいように、タッチ対応 UI は必要に応じてクラシック UI に切り替えることができます。詳しくは、標準オーサリングのドキュメントの UI の選択 を参照してください。
以前のバージョンからアップグレードされたインスタンスでは、ページオーサリング用にクラシック UI が保持されます。
After upgrade, page authoring will not be automatically switched to the touch-enabled UI, but you can configure this usingthe OSGi configuration of the WCM Authoring UI Mode Service ( AuthoringUIMode service). エディターの UI 上書き を参照してください。

ユーザーのインスタンス用のデフォルト UI の設定

システム管理者は、 ルートマッピング を使用して、起動時およびログイン時に表示される UI を設定できます。
この設定はユーザーデフォルトまたはセッション設定によって上書きできます。