Show Menu
トピック×

コンポーネント

Adobe Experience Manager(AEM)には、すぐに使用できる様々なコンポーネントが付随しており、Web サイト作成者は包括的な機能を使用できます。コンポーネントは ページの編集 時に使用可能であり、フィルター処理を支援するために主要な機能領域(コンポーネントグループ)によってグループ化されます。
ここでは、標準の AEM インストールでそのまま使用できるコンポーネントについてのみ説明します。
インスタンスによっては、要件に合わせて明示的に開発されたカスタマイズコンポーネントが存在する場合があります。これらは、ここで説明するいくつかのコンポーネントと同じ名前の場合があります。

コンポーネント - 主な領域

次のページには、コンテンツ管理の一部の主な領域へのリンクが用意されています(その他の領域へのリンクは前述の概要ページにあります)。
  • Components used for creating standard page content are primarily contained in the groups General , Columns and Forms .
  • The eCommerce functionality within AEM also includes a range of components, contained in the Commerce group. 実際の使用方法は、使用しているコマースエンジンによって異なります。

デザインモードでのコンポーネントの設定

作成者が標準インストールのサイドキックからアクセスできるコンポーネントに加えて、他の様々なコンポーネントも使用できます。このようなコンポーネントを有効または無効にして、特定のコンポーネントのパラメーターを編集するには、 デザインモード を使用します。