Show Menu
トピック×

AEM Communities のユーザーおよび UGC 管理サービス

以下の節ではGDPRを例として挙げているが、詳細はデータ保護やプライバシーに関する規制に適用される。(GDPR、CCPAなど)
AEM Communitiesは、APIをすぐに使用できる状態で公開し、ユーザープロファイルを管理し、ユーザー生成コンテンツ(UGC)を一括管理します。 Once enabled, the UserUgcManagement service allows the privileged users (community administrators and moderators) to disable user profiles, and bulk delete or bulk export UGC for specific users. また、これらのAPIを使用すると、顧客データのコントローラやプロセッサが、欧州和集合のGDPR(General Data Protection Regulations)や、GDPRに基づくプライバシー要件に準拠できます。
詳しくは、 アドビプライバシーセンターの GDPR ページ を参照してください。
AEM Communities 内の Adobe Analytics  サイトを設定している場合は、収集されたユーザーデータが Adobe Analytics サーバーに送信されます。Adobe Analytics は、ユーザーデータのアクセス、書き出し、削除や、GDPR に準拠するための処理をおこなう API を提供しています。詳しくは、 アクセス要求および削除要求の送信 を参照してください。
To put these APIs to use, you need to enable the /services/social/ugcmanagement endpoint by activating the UserUgcManagement service. To activate this service, install the sample servlet available on GitHub.com . 次に、次のようなhttpリクエストを使用して、適切なパラメーターを指定し、コミュニティサイトの発行インスタンスのエンドポイントをヒットします。
https://localhost:port/services/social/ugcmanagement?user=<authorizable ID>&operation=<getUgc> 」を選択します。ただし、システム内のユーザープロファイルとユーザー生成コンテンツを管理するための UI(ユーザーインターフェイス)を構築することもできます。
これらの API で実行できる機能を以下に示します。

ユーザーの UGC の取得

getUserUgc(ResourceResolver resourceResolver, String user, OutputStream outputStream) は、ユーザーのすべてのUGCをシステムからエクスポートするのに役立ちます。
  • user :ユーザーの許可可能なID。
  • outputStream :結果は出力ストリームとして返されます。これは、ユーザーが生成したコンテンツ(jsonファイル)と添付ファイル(ユーザーがアップロードした画像やビデオを含む)を含むzipファイルです。
例えば、コミュニティサイトにログインする際の許可可能 ID として weston.mccall@dodgit.com を使用する、Weston McCall という名前のユーザーの UGC を書き出すには、次のような HTTP GET リクエストを送信します。
https://localhost:port/services/social/ugcmanagement?user=weston.mccall@dodgit.com&operation=getUgc

ユーザーの UGC の削除

deleteUserUgc(ResourceResolver resourceResolver, String user)は 、ユーザーのすべてのUGCをシステムから削除するのに役立ちます。
  • user :ユーザーの許可可能なID。

Adobe AnalyticsからのUGCの削除

Adobe Analyticsからユーザーデータを削除するには、 GDPR Analyticsワークフローに従います 。の代わりに、APIはAdobe Analyticsからユーザーデータを削除しません。
AEM Communitiesで使用されるAdobe Analytics変数のマッピングについては、次の画像を参照してください。

ユーザーアカウントの無効化

deleteUserAccount(ResourceResolver resourceResolver, String user)は、ユーザーアカウントを無効にするのに役立ちます
  • user :ユーザーの許可可能なID。
あるユーザーを無効化すると、そのユーザーがサーバー上で所有しているユーザー生成コンテンツがすべて削除されます。
For example, to delete the profile of a user having authorizable ID weston.mccall@dodgit.com through http-POST request, use the following parameters:
deleteUserAccount() API では、ユーザープロファイルはシステム内で無効化され、その UGC が削除されるだけです。However, to delete a user profile from the system, navigate to CRXDE Lite : https://<server>/crx/de , locate the user node and delete it.