Show Menu
トピック×

Communities のデプロイ

前提条件

インストールチェックリスト

最新リリース

AEM 6.5 Communities GA は、Communities パッケージと共に出荷されます。AEM 6.5 Communities のアップデートについて詳しくは、 AEM 6.5 リリースノート を参照してください。

AEM 6.5 のアップデート

AEM 6.4 以降、Communities のアップデートは、AEM 累積修正パックおよびサービスパックの一部として提供されています。

バージョン履歴

AEM 6.4 以降、AEM Communities 機能およびホットフィックスは、AEM Communities 累積修正パックおよびサービスパックの一部として提供されます。したがって、独立した機能パックは提供されません。

MySQL 用 JDBC ドライバー

以下の 2 つの Communities 機能で MySQL データベースを使用しています。
  • For enablement : recording SCORM activities and learners
  • For DSRP : storing user generated content (UGC)
MySQL コネクタを別途入手し、インストールする必要があります。
必要な手順は次のとおりです。
  1. Download the ZIP archive from https://dev.mysql.com/downloads/connector/j/
    • バージョンは5.1.38以上である必要があります
  2. アーカイブからmysql-connector-java-<version>-bin.jar(バンドル)を抽出します。
  3. Webコンソールを使用して、バンドルをインストールおよび開始します。
    • 例:https://localhost:4502/system/console/bundles
    • Install/Update
    • ダウンロードした ZIP アーカイブから抽出したバンドルを参照し、選択します。
    • Check that Oracle Corporation's JDBC Driver for MySQLcom.mysql.jdbc is active, and start it if not (or check the logs)
  4. JDBCの設定後に既存のデプロイメントにインストールする場合は、WebコンソールからJDBC設定を再保存して、JDBCを新しいコネクタに再バインドします。
    • 例:https://localhost:4502/system/console/configMgr
    • 設定の検索 Day Commons JDBC Connections Pool
    • 選択して開きます
    • Save
  5. すべてのオーサーインスタンスとパブリッシュインスタンスで手順3と4を繰り返します。
Further information on installing bundles is found on the Web Console page.

例:インストール済みの MySQL コネクタバンドル

SCORM パッケージ

Shareable Content Object Reference Model(SCORM)は、e ラーニングの標準規格と仕様をまとめた参照モデルです。SCORM では、コンテンツを転送可能な ZIP ファイルにパッケージ化する方法も定義されています。
AEM Communities SCORM エンジンは イネーブルメント 機能で必要になります。AEM 6.5 CommunitiesでサポートされるScormパッケージ:
SCORMパッケージをインストールするには
  1. パッケージ共有から cq-social-scorm-package、バージョン2.3.7 をインストールします。
  2. Download /libs/social/config/scorm/database_scormengine_data.sql from cq instance and execute it in mysql server to create an upgraded scormEngineDB schema.
  3. Add /content/communities/scorm/RecordResults in Excluded Paths property in CSRF filter from https://<hostname>:<port>/system/console/configMgr on publishers.

SCORM ロギング

インストールすると、すべてのイネーブルメントアクティビティがシステムコンソールに詳細にロギングされます。
If desired, the log level can be set to WARN for the RusticiSoftware.* package.
For working with logs, see Working with Audit Records and Log Files .

AEM の高度な MLS

SRP コレクション(MSRP または DSRP)で高度な多言語検索(MLS)をサポートするには、カスタムスキーマと Solr 設定に加えて、新しい Solr プラグインが必要です。必要な項目はすべて、ダウンロード可能なzipファイルにパッケージ化されます。
高度な MLS のダウンロード(「phasetwo」ともいう)は、アドビのリポジトリから入手できます。
    • バージョン1.2.40、2016年4月7日
    • AEM-SOLR-MLS-phasetwo-1.2.40.zipをダウンロードします。
For details and installation information, visit Solr Configuration for SRP.

アップグレード

以前のバージョンの AEM から AEM 6.5 プラットフォームにアップグレードするときは、 AEM 6.5 へのアップグレード をお読みください。
プラットフォームのアップグレードについてだけでなく、 AEM Communities 6.5 へのアップグレード もお読みいただき、Communities の変更について学習してください。

設定

プライマリパブリッシャー

When the deployment chosen is a publish farm , then one AEM publish instance must be identified as the primary publisher for activities which should not occur on all instances, such as features that rely on notifications or Adobe Analytics .
By default, the AEM Communities Publisher Configuration OSGi configuration is configured with the Primary Publisher checkbox checked, such that all publish instances in a publish farm would self-identify as the primary.
したがって、すべてのセカンダリパブリッシュインスタンスの設定を編集して、「」チェックボックスをオフにする必要があります。 Primary Publisher
パブリッシュファーム内の他のすべての(セカンダリ)パブリッシュインスタンスについて、以下をおこないます。

オーサー環境でのレプリケーションエージェント

Replication is used for site content created in the publish environment, such as community groups, as well as managing members and member groups from the author environment using the tunnel service .
For the primary publisher, ensure the Replication Agent Config correctly identifies the publish server and authorized user. The default authorized user, admin, already has the appropriate permissions (is a member of Communities Administrators ).
In order for some other user to have the appropriate permissions, they must be added as a member to the administrators user group (also a member of Communities Administrators ).
オーサー環境には 2 つのレプリケーションエージェントがあり、正しく設定するにはトランスポート設定が必要です。
  • 作成者のレプリケーションコンソールにアクセスする
    • From global navigation, navigate to Tools > Deployment > Replication > Agents on author
  • 両方のエージェントに対して同じ手順を実行します。
    • デフォルトエージェント(publish)
    • リバースレプリケーションエージェント(publish reverse)
      1. エージェントの選択
      2. Select edit
      3. Select the Transport tab
      4. If not port 4503 , edit the URI to specify the correct port
      5. If not user admin , edit the User and Password to specify a member of the administrators user group
以下の画像は、ポートを 4503 から 6103 に変更した結果を示しています。

Default Agent (publish)

リバースレプリケーションエージェント(publish reverse)

オーサー環境のトンネルサービス

When using the author environment to create sites , modify site properties or manage community members , it is necessary to access members (users) registered in the publish environment, not users registered on author.
トンネルサービスは、作成者の複製エージェントを使用してこのアクセスを提供します。
トンネルサービスを有効にするには:

暗号鍵のレプリケーション

AEM Communities には、すべての AEM サーバーインスタンスで同じ暗号鍵を使用する必要がある機能が 2 つあります。These are Analytics and ASRP .
AEM 6.3以降、主要な資料はファイルシステムに保存され、リポジトリには保存されなくなります。
オーサー環境から他のすべてのインスタンスに鍵の素材をコピーするには、以下の操作をおこなう必要があります。
  • コピーする主要素材を含むAEMインスタンス(通常は作成者インスタンス)にアクセスします
    • Locate the com.adobe.granite.crypto.file bundle in the local file system, for example,
      • <author-aem-install-dir>/crx-quickstart/launchpad/felix/bundle21
      • The bundle.info file will identify the bundle
    • 例えば、データフォルダーに移動します。
      • <author-aem-install-dir>/crx-quickstart/launchpad/felix/bundle21/data
      • hmacおよびプライマリ・ノード・ファイルのコピー
  • 各ターゲットのAEMインスタンス
    • 例えば、データフォルダーに移動します。
      • <publish-aem-install-dir>/crx-quickstart/launchpad/felix/bundle21/data
    • 以前にコピーした2つのファイルを貼り付けます
    • It is necessary to refresh the Granite Crypto bundle if the target AEM instance is currently running
既に暗号鍵に基づいて別のセキュリティ機能が設定されている場合、暗号鍵のレプリケーションをおこなうと設定が破損する可能性があります。For assistance, contact customer care .

リポジトリのレプリケーション

AEM 6.2以前と同様、主要なマテリアルをリポジトリに保存する場合は、各AEMインスタンスの初回起動時に次のシステムプロパティを指定することで保存できます(これにより初期リポジトリが作成されます)。
  • -Dcom.adobe.granite.crypto.file.disable=true
It is important to verify that the replication agent on author is correctly configured.
リポジトリに鍵の素材が格納されるので、オーサー環境から他のインスタンスへ暗号鍵をレプリケーションする方法は次のようになります。
CRXDE Lite を使用して、次の手順を実行します。

Granite 暗号バンドルの更新

  • On each publish instance, access the Web Console
  • バン Adobe Granite Crypto Support ドルの検索(com.adobe.granite.crypto)
  • Select Refresh
  • しばらくすると、 成功 ダイアログが表示されます。 Operation completed successfully.

Apache HTTP サーバー

Apache HTTP サーバーを使用する場合は、すべての関連エントリで正しいサーバー名を使用していることを確認してください。
In particular, be careful to use the correct server name, not localhost , in the RedirectMatch .

httpd.conf のサンプル

<IfModule alias_module>
     # XAMPP does not have a favicon; this prevents any 404 errors which may arise.
     Redirect 404 /favicon.ico
     <Location /favicon.ico>
         ErrorDocument 404 "No favicon"
     </Location>

    # Return from "Sign Out" generates response header directing you to "/", generating a 404 error
    # The RedirectMatch resolves it correctly when modified for the target Community Site :
    RedirectMatch ^/$ https://[server name]/content/sites/engage/en.html
 ...
 </IfModule>

Dispatcher

Dispatcher を使用する場合は、次の説明を参照してください。