Show Menu
トピック×

スコアおよびバッジの基本事項

AEM Communities のスコアおよびバッジ機能を使用すると、コミュニティメンバーを分類して報奨を与えることができます。
この機能の設定方法について詳しくは、以下を参照してください。
このページには、次の技術詳細が別途まとめられています。
CRXDE Lite に表示される実装構造は変更される可能性があります。

バッジの表示

バッジをテキストと画像のいずれで表示するかは、クライアント側の HBS テンプレートを使用して制御します。
例えば、次を検索し this.isAssigned ます /libs/social/forum/components/hbs/topic/list-item.hbs
{{#each author.badges}}

  {{#if this.isAssigned}}

    <div class="scf-badge-text">

      {{this.title}}

    </div>

  {{/if}}

{{/each}}

{{#each author.badges}}

  {{#unless this.isAssigned}}

    <img class="scf-badge-image" alt="{{this.title}}" title="{{this.title}}" src="{{this.imageUrl}}" />

  {{/unless}}

{{/each}}

isAssigned が true の場合、役割に対してバッジが割り当てられ、そのバッジはテキストとして表示されることを示します。
isAssigned が false の場合、獲得されたスコアに対する報奨としてバッジが与えられ、そのバッジは画像として表示されることを示します。
必要に応じて、スクリプトをカスタマイズし、この動作を変更できます(オーバーライドまたはオーバーレイ)。See Client-side Customizaton .

スコアおよびバッジのデバッグログ

スコアおよびバッジのデバッグに役立つように、カスタムログファイルを設定できます。このログファイルの内容は、この機能で問題が発生した場合にカスタマーサポートに提供されます。
詳細な手順については、 カスタムログファイルの作成 を参照してください。
slinglog ファイルをすばやく設定するには、次の手順に従います。
  1. Access the Adobe Experience Manager Web Console Log Support , for example
    • https://localhost:4502/system/console/slinglog
  2. Select Add new logger
    1. Select DEBUG for Log Level
    2. Enter a name for Log File , for example
      • logs/scoring-debug.log
    3. Enter two Logger (class) entries (using + icon)
      • com.adobe.cq.social.scoring
      • com.adobe.cq.social.badging
    4. Select Save
ログエントリを表示するには:
  • Webコンソールから
    • Under the Status menu
    • Select Log Files
    • Search for your Log File name, such as scoring-debug
  • サーバのローカルディスク上
    • The log file is at < server-install-dir >/crx-quickstart/logs/< log-file-name >.log
    • 例: .../crx-quickstart/logs/scoring-debug.log

スコアおよびバッジの UGC

選択された SRP が ASRP ではなく JSRP または MSRP のいずれかである場合、スコアおよびバッジに関連する UGC を参照できます(If not familiar with these terms, see Community Content Storage and Storage Resource Provider Overview .)
ここでは、JSRP を例に挙げて、スコアおよびバッジデータにアクセスする方法を説明しています。この場合、 CRXDE Lite を使用して UGC に容易にアクセスできます。
作成者のJSRP :作成者環境で実験を行うと、UGCが作成者環境からのみ表示されます。
JSRP on publish :同様に、パブリッシュ環境でテストする場合は、パブリッシュインスタンスの管理者権限を持つCRXDE Liteにアクセスする必要があります。 If the publish instance is running in production mode (nosamplecontent runmode), it will be necessary to enable CRXDE Lite .
The base location of UGC on JSRP is /content/usergenerated/asi/jcr/ .

スコアおよびバッジの API

使用できる API を以下に示します。
開発者は、インストールされた機能パックに関する最新の Javadoc をアドビのリポジトリから入手できます。 Communities 用 Maven の使用:Javadoc を参照してください。
リポジトリ内の UGC の場所と形式は予告なく変更されることがあります

設定例

リポジトリデータのスクリーンショットは、2 つの異なる AEM Sites 上のフォーラムに対してスコアおよびバッジを設定する場合の例です。
  1. An AEM site with a unique id (community site created using wizard) :
    • Using the Getting Started Tutorial (engage) site created during the getting started tutorial
    • フォーラムページのノードを見つけます。
      /content/sites/engage/en/forum/jcr:content
    • スコアリングおよびバッジングのプロパティの追加
    scoringRules = [/etc/community/scoring/rules/comments-scoring,
    /etc/community/scoring/rules/forums-scoring]
    
    
    badgingRules =[/etc/community/badging/rules/comments-scoring,
    /etc/community/badging/rules/forums-scoring]
    
    
    • フォーラムコンポーネントノードを検索します。
      /content/sites/engage/en/forum/jcr:content/content/primary/forum ( sling:resourceType = social/forum/components/hbs/forum )
    • バッジを表示するプロパティの追加
      allowBadges = true
    • ユーザーがログインし、フォーラムトピックを作成し、青銅のバッジを受け取ります
  2. An AEM site without a unique id :
    • フォーラムページのノードを見つけます。
      /content/community-components/en/forum/jcr:content
    • スコアリングおよびバッジングのプロパティの追加
    scoringRules = [/etc/community/scoring/rules/comments-scoring,
    /etc/community/scoring/rules/forums-scoring]
    
    
    badgingRules =[/etc/community/badging/rules/comments-scoring,
    /etc/community/badging/rules/forums-scoring]
    
    
    • フォーラムコンポーネントノードを検索します。
      /content/community-components/en/forum/jcr:content/content/forum ( sling:resourceType = social/forum/components/hbs/forum )
    • バッジを表示するプロパティの追加
      allowBadges = true
    • ユーザーがログインし、フォーラムトピックを作成し、青銅のバッジを受け取ります
  3. ユーザーにcURLを使用してモデレーターバッジが割り当てられました。
    curl -i -X POST -H "Accept:application/json" -u admin:admin -F ":operation=social:assignBadge" -F "badgeContentPath=/etc/community/badging/images/moderator/jcr:content/moderator.png" https://localhost:4503/home/users/community/w271OOup2Z4DjnOQrviv/profile.social.json
    
    
    ユーザーが銅のバッジを2つ獲得し、モデレーターバッジを与えられたので、ユーザーはこのようにフォーラムエントリを表示します。
この例では次のベストプラクティスに従っていません。
  • スコアルールの名前はグローバルレベルで一意にする必要があり、末尾を同じ名前にしてはなりません。 実行しな : /etc/community/scoring/rules/site1/forums-scoring /etc/community/scoring/rules/site2/forums-scoring
  • 異なるAEMサイト用の一意のバッジ画像の作成

スコア関連の UGC へのアクセス

API の使用が推奨されます。
例えば JSRP を使用する場合、スコアが格納される基本フォルダーは次のとおりです。
  • /content/usergenerated/asi/jcr/scoring
scoring の子ノードがスコアルール名になります。したがって、サーバー上のスコアリングルール名は、グローバルに一意になることがベストプラクティスです。
For the Geometrixx Engage site, the user and their score is in a path contstructed with the scoring rule name, community site's site id ( engage-ba81p ), an unique id, and the user's id :
  • .../scoring/forums-scoring/engage-ba81p/6d179715c0e93cb2b20886aa0434ca9b5a540401/riley
コミュニティコンポーネントガイドのサイトの場合、ユーザーとそのスコアは、スコアルール名、デフォルト ID( default-site )、一意の ID、およびユーザー ID で構成されるパスで表されます。
  • .../scoring/forums-scoring/default-site/b27a17cb4910a9b69fe81fb1b492ba672d2c086e/riley
The score is stored in the property scoreValue_tl which may directonly contain a value or indirectly refer to an atomicCounter.

バッジ関連の UGC へのアクセス

API の使用が推奨されます。
例えば JSRP を使用する場合、割り当てられたバッジまたは報奨として与えられたバッジについての情報が格納される基本フォルダーは次のとおりです。
  • /content/usergenerated/asi/jcr
次のように、ユーザーのプロファイルのパスが続き、最後が badges フォルダーになります。
  • /home/users/community/w271OOup2Z4DjnOQrviv/profile/badges

Awarded badge

Assigned badge

追加情報

ポイントに基づいて並べ替えたメンバーリストを表示するには: