Show Menu
トピック×

リッチテキストエディターの基本事項

概要

リッチテキストエディター(RTE)では、マークアップを使用してテキストを入力できます。
コミュニティコンポーネントの場合、 オーサー環境のリッチテキストエディター に似ていますが、パブリッシュ環境で入力されたテキストに影響します。

リッチテキストエディターの有効化

ユーザー生成コンテンツ(UGC)を許可するコミュニティコンポーネントを有効にすることによって、RTE を許可することができます。Depending on whether the component was added to a page or included within a function , RTE may or may not be enabled by default.
If not enabled, simply enter author edit mode , select the component for edit, and select the Rich Text Editor checkbox.
RTE は、次のコミュニティコンポーネントに使用できます。

カスタマイズ

リッチテキストエディターのカスタマイズは、 CKEditor に基づいて実装した場合に可能になります。
コミュニティコンポーネントの現在の設定は、次のリポジトリにある cq.social. scf clientlib に含まれています。
/libs/clientlibs/social/commons/scf/ckrte.js
今後のアップグレードにより編集内容が上書きされる可能性があるので、cq.social.scf clientlib を変更しないことをお勧めします。