Show Menu
トピック×

イネーブルメントのための初期設定

オーサーインスタンスおよびパブリッシュインスタンスの開始

開発用およびデモ用の場合、1 つのオーサーインスタンスと 1 つのパブリッシュインスタンスを実行する必要があります。
Follow the basic AEM Getting Started instructions which will result in
AEM Communities では、各環境を次の目的で使用します。
  • 作成者環境は次の目的で使用します。
    • サイト、テンプレート、コンポーネント、イネーブルメントリソース、ラーニングパスの開発。
    • 有効化リソースと学習パスへのメンバーとメンバーのグループの割り当て。
    • 割り当て、表示および投稿に関するレポートを生成します。
    • 管理タスクと設定環境。
  • 公開環境は次の目的で使用します。
    • イネーブルメントマネージャが管理するトピックに基づく学習/トレーニング
    • コメント化と評価の有効化リソースと学習パス
    • リソースの連絡先と連絡を取る。
AEM に馴染みがない場合は、 基本操作 に関するドキュメントおよび ページのオーサリングのクイックガイド を参照してください。

Communities の最新リリースのインストール

このチュートリアルでは、 イネーブルメントコミュニティサイト を作成します。最新の機能パックがインストールされていることを確認するには、次のページにアクセスします。
エンゲージメントコミュニティサイト の作成に関するチュートリアルについては、 AEM Communities 使用の手引き を参照してください。

イネーブルメント機能の設定

このチュートリアルに従って操作するには、 イネーブルメントをインストールして設定 する必要があります。これには、MySQL や FFmpeg などのサードパーティの商品が必要です。

Analytics の設定

When Adobe Analytics is configured for the community site , more information is available in the reports generated on enablement resources and learning paths assigned to community members (learners).

電子メール通知の設定

The notifications feature, available by default for all sites created using the Communities Sites console, provides an email channel for notifications.
これを使用するには、電子メールをサイト用に適切に設定する必要があります。
電子メールの設定 を参照してください。

トンネルサービスの有効化

オーサー環境でコミュニティサイトを作成するときに、トンネルサービスを使用すると、パブリッシュ環境に登録されているユーザーおよびユーザーグループ(メンバー)の作成や管理と、信頼されているコミュニティメンバーへの役割の割り当て、学習者へのコンテンツの割り当てを実行できます。
詳しくは、 ユーザーとユーザーグループの管理 を参照してください。
トンネルサービスを有効にする簡単な手順については、 トンネルサービス を参照してください。

チュートリアルタグの作成

Tutorial のタグ名前空間を使用して、エンゲージメントチュートリアルとイネーブルメントチュートリアルに使用するタグを作成します。
Use the Tagging console to create the following tags:
  • Tutorial: Sports / Baseball
  • Tutorial: Sports / Gymnastics
  • Tutorial: Sports / Skiing
  • Tutorial: Arts / Visual
  • Tutorial: Arts / Auditory
  • Tutorial: Arts / History
次の手順に従います。
AEM Communities 入門チュートリアル用に作成したタグのサンプルパッケージ

イネーブルメントメンバーおよびグループの作成

For an enablement community site, site visitors should not be able to self-register nor use social login .
Instead, with the tunnel service enabled, the Members console is used to register new members in the publish environment.
このチュートリアルでは、パブリッシュ環境で 3 人のメンバーを作成します。2人のメンバーが学習パスに割り当てられたユーザーグループのメンバーになり、3人目のメンバーはイネーブルメントリソースの連絡先になります。
さらに、4 人目のメンバーをオーサー環境で作成し、コミュニティ管理者およびコミュニティイネーブルメントマネージャーの役割を割り当てます。
These members are being created prior to creation of the Enablement Tutorial community site.
後で作成する場合は、イネーブルメントチュートリアルメンバーグループのメンバーを作成するときに、これらのメンバーをメンバーグループに追加できます。**
または、これらのメンバーを後から メンバーグループに割り当て ます。

Riley Taylor - 登録者

Community Ski Class という名前の学習者グループに追加される メンバーを作成 します。
  • ID :ライリー
  • パスワード :password
  • パスワードの確認 :password
  • :Riley
  • :テイラー

Sidney Croft - 登録者

「Community Ski Class」グループに追加される 2 人目のメンバーを作成 します。
  • ID :シドニー
  • パスワード :password
  • パスワードの確認 :password
  • :Sidney
  • :クロフト

Quinn Harper - イネーブルメントリソースの連絡先およびモデレーター

サイトの作成後にコミュニティサイトのメンバーグループに追加されるメンバーを作成します 。 This membership will allow the member to be assigned as the enablement Resource Contact when an enablement resource is created for the site.
  • ID :クイン
  • パスワード :password
  • パスワードの確認 :password
  • :Quinn
  • :ハーパー

ユーザーグループを追加 - Community Ski Class

Community Ski Class という名前の 新しいグループを追加 します。
  • ID :コミュニティスキー教室
  • 名前 :Community Ski Class
  • 説明 :有効化リソースを割り当てるためのサンプルグループ
  • Members To Group 'add':
    • riley
    • sidney
  • Select Save

Community Ski Class のプロパティ

コミュニティサイトの作成中に、既存のメンバーおよびグループをコミュニティサイトのメンバーグループに追加できます。

コミュニティ管理者の役割

コミュニティ管理者グループのメンバーは、コミュニティサイトの作成、サイトの管理、メンバーの管理(コミュニティの利用を禁止可能)およびコンテンツのモデレートを実行できます。

ユーザーを作成

Create a user on author , who is assigned the role of Community Administrator:
  • 作成者インスタンス
  • 管理者権限でサインインする
    • 例:ユーザー名「admin」/パスワード「admin」
  • From the main console, navigate to Tools > Operations > Security > Users .
  • From the Edit menu, select Add User .
  • ダイアログで、次のように Create New User 入力します。
    • IDアンプ(&A);ast; :シリウス
    • 電子メールアドレス :sirius.nilson@mailinator.com
    • パスワード(&A);ast; :password
    • パスワードの確認(&A);ast; :password
    • :Sirius
    • 姓(&A);姓(&A); :ニルソン

コミュニティ管理者グループに対する Sirius の割り当て

下にスクロール Add User to Groups :
  • 'C'を入力して検索してください
    • Community Administrators
    • Community Enablement Managers
  • Select Save